Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年2月27日

マハエのアイランドトリップ!久高島の歴史とストーリーを知る旅

はいたい♪マハエです!
久高島を訪れました!

久高島は、沖縄本島から渡ることができる周囲約8kmの島です。

南城市の安座真港から出発します!

通常、高速船とフェリーが1日に3本ずつ往復しています。

出発~!
高速船は約15分、フェリーは約25分で久高島に到着します。

久高島には古くから残る御嶽や拝み所などがいくつもあります。
場所によっては立ち入りが禁じられているところもあるので、マハエは島のことをしっかり勉強しようと思い、
ガイドツアーに参加することにしました!

南城市観光協会認定ガイドで、久高島生まれ、久高島育ちの西銘武良(にしめたけよし)さんにお願いしました。
西銘さん、よろしくお願いします\(^0^)/

ガイドツアーは、1時間コース、2時間コース、3時間コースがあります。
今回マハエは、3時間コースの「アマミキヨ・久高島行幸」コースに参加しました。

西銘さんに教えていただいたスポットやその歴史などをピックアップしてレポートします!

【御殿庭(うどぅんみゃー)】
国王と聞得大君行幸の祭の御殿があった場所です。

中央に位置する「神アシャギ」は、かつて12年に1度午年におこなわれていた「イザイホー」という儀式の中心祭場でした。
中に入ることはできませんが、外から見学は可能です。

こちらはかつては香炉として使用され、現在は島の特産食材であるイラブー(ウミヘビ)の燻製小屋として使用されています。

小屋の裏側には、捕獲したイラブー用のかごがありました。
この小屋も中に入ることはできませんが、見学が可能なところはガイドさんが案内してくれます!

【大里家(うぷらとぅ)】
久高島の旧家のひとつです。
御殿庭から歩いて1分足らずで到着できます。

家の前に建つ「ひんぷん」の石の形、積まれ方から住んでいた方の位の高さを推しはかることができるそうです。

近くにあった石垣を見ると、違いがわかりますね。

【ヤグルガー】
島の西側の海沿いにある井戸のひとつです。

かつて島の人々はこの階段を何度も往復し、生活用水を確保していたそうです。
目の前に広がる海の景色が美しい☆

こちらは、昨年の台風により階段が破損しているそうで、現在下りることができなくなっています。

【フボー(クボー)御嶽】
琉球の祖神・アマミキヨが最初に作った御嶽と言われています。

フボー御嶽は男子禁制のため、久高島で生まれ育った西銘さんも入ったことはないのだそう。
現在は、女性も含めて立ち入り禁止となっています。

御嶽の前で案内を聞いていると、それまで曇ったり雨が降っていたりしていたところに晴れ間がのぞきました!
葉についた雨粒がキラキラと輝いて見えました☆

旧暦の2月頃の久高島では「二月(にんがち)かじまやー」と呼ばれる言葉があるほど、
海が荒れる日が多かったり、1日のうちに天気がころころと変わることが多いのだそうです。

【ロマンスロード】
島の北西あたりにある遊歩道です。

こちらでしばらく散策タイム♪

遊歩道の先には一面に海が広がります!

美しい風景が見られて幸せ☆

遊歩道沿いにはさまざまな植物が生い茂り、そちらを鑑賞するのも楽しかったです♪

【ハビャーン】
島の北端にある岬です。
パノラマビューで海が見渡せます!

ハビャーンは「カベール岬」とも言われています。
昨年、古来からの呼び方である「ハビャーン」を正式名称に決定されたそうです。

海の中に見える岩「サーキピシ」を教えていただきました。
アマミキヨが最初に降り立った岩という説があるそうです!

サーキピシから少し左には津堅島が見えました!
久高島は南城市、津堅島はうるま市に属するのですが、直線距離ではかなり近くにあることがわかりますね!

久高島と津堅島を舞台にした「イサヘイヨー」という歌もあるそうで、西銘さんが歌声を少し披露してくれました♪
それぞれの島に住む若者の恋を歌ったものだそうです。
少し離れた距離がロマンティックに感じました(∩´∀`∩)

ガイドツアー終了後なのですが・・青空が広がったので、再度ハビャーンへ向かいました!

透きとおった海が見れました☆☆☆

西銘さんに教えていただいた「二月かじまやー」をここでも感じましたよ~。

ガイドツアーでは、他にもさまざまなスポットを案内していただきました。
島の環境や歴史はもちろん、島の方だからこそご存知の情報も教えていただくことができ、
久高島についての知識が深まったと思います!

フェリーの到着時間に合わせてスタート時間が設定されているのもうれしいポイントでした☆
そして島の方と交流できたことがなによりうれしかったです♪
西銘さん、ありがとうございました!

またすぐにでも久高島に訪れたいと思っています(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/久高島

久高島ガイドツアー

沖縄のモデルコース/久高島 ガイドツアーと行くアマミキヨコース

御殿庭

ロマンスロード

ハビャーン

 

 

2019年1月11日

【旧暦行事】ムーチー(鬼餅)作りに挑戦しました!

はいたい♪マハエです!
南城市で開催されたムーチー(鬼餅)作り体験に参加しました\(^▽^)/

「ムーチー(鬼餅)」とは、旧暦の12月8日に月桃やクバの葉で包んで蒸したお餅を神仏におそなえし、
子どもの成長を願う行事です。

体験の前に南城市とムーチーのかかわりについてお勉強しました。
ムーチーには起源となった伝説があり、その舞台のひとつが南城市なのだそうです!

お勉強の後、ムーチー作りがスタート!

今回は“カラフルムーチー”の作り方を教わります♪
カラフルなムーチーってどんなものだろう?とワクワク(≧▽≦)

参加者の方々と一緒に調理開始です!

5種類のハーブでカラフルに色づけするそうです♪
すべて南城市産のハーブだそうです!

1.ハイビスカス
ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています!
ビタミンC、クエン酸は、美肌効果を期待できるんですよ(∩´∀`∩)

2.ウコン
クルクミンが豊富に含まれています!
クルクミンは、肝機能の不調の改善効果を期待できます☆

3.ヨモギ/長命草
さまざまな効能と栄養素が含まれています!
婦人科系の症状を緩和する効果が期待でき、長命草はそれにプラス、ポリフェノールによる美容効果も期待できます☆

4.バタフライピー
アントシアニンの含有量がブルーベーリーの約4倍もあります!
アントシアニンには、目の疲労を改善したり、アンチエイジング効果が期待できます☆

5.黒ニンジン
この色の成分は、ポリフェノールなんだそうです!
ポリフェノールには、強い抗酸化作用で美容効果が期待できます☆

もち粉、砂糖、水とハーブはそれぞれ分けてまぜます。

耳たぶくらいのかたさになるまでこねていきます。

ほんのり色づいて、きれい~(*´▽`*)

参加者の皆さんも1度にこんなにカラフルなムーチーを作られるのは初めてだそうで、とても楽しそうでした♪

こねたら、月桃の葉に包みます。

マハエは、2色ずつ並べてみました♪

複数の色を組合せている方もいらっしゃいましたよ~(*´▽`*)

こちらは全色を組合せされていました\(◎o◎)/

このように包んでいきます。

ほどけないようにビニールひもでしばります。
ひももカラフルにすると楽しいですね♪

この後蒸し器に入れ、強火で20分ほど蒸します。

ワクワクしながら20分待ち・・

蒸し上がったムーチーは、こちらです!

月桃の葉のいい香りがただよいます。。

皆さんと試食タイムです~\(^▽^)/

色あざやかに完成していました♪♪

いただきます~!

ほんのりと甘く、もちもちしていて、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

カラフルで見た目にも楽しく、さらにハーブが入っているのもうれしいポイントです♪

5色すべていただきました^ ^

今年は、1月13日が旧暦の12月8日にあたります。

日を合わせて、再度カラフルムーチーを作り、チムやククルにもふるまおうと思います♪♪

 

【関連リンク】

旧暦行事カレンダー(旧暦10-12月)

伝統文化と慣習

1月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄でしたい10の食体験 /南城市の聖地めぐりと地元食材たっぷりの料理をいただく

 

 

2018年12月28日

110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

はいたい♪マハエです!
沖縄そばのルーツである「唐人(とうじん)そば」が、今年の6月に沖縄県内の沖縄そば店で発売になりました☆彡

唐人そばについてくわしく知りたいと思い、沖縄そば発展継承の会の会長である野崎真志さんにお話をうかがいました。
野崎さんが中心となり研究や開発がなされ、唐人そばが110年ぶりに復活したんですよ!

お会いした場所は唐人そばを提供されているお店のうちのひとつ、那覇市壺屋にある「そば処 大笑(うふわらい)」さんです。

野崎さんはこのTシャツを着用し、日々活動されているそうです!
“すば”は「そば」、“じょーぐー”とは「大好きな人」「愛好家」を意味する沖縄の言葉です。
野崎さんは自他ともに認める“すばじょーぐー”なんです!

沖縄そばのお店を営業されていた経験もあるそうですよ。
マハエもこのTシャツ、着たいな~(≧▽≦)

唐人そばを復活させるきっかけとなったのは、沖縄そば発展継承の会が毎年開催されている
「沖縄そばスタンプラリー」だったそうです。
現在、第8回が開催されています!

一昨年の第6回開催時のアンケートに「沖縄そばのルーツの知りたい、食べてみたい」とコメントがあったことから、
翌年第7回で「唐人そば」をラリー達成上位入賞者の特典として提供したそうです。

そこから評判が広がり「唐人そばを食べてみたい」という声が多く寄せられ、大勢の方に食べていただけるように
お店でも提供しようということになり、さらに研究を重ねられたとのこと。

商品化にあたり、さまざまな資料や文献を頼りにさらに唐人そばについて調べられた野崎さん。

調べた中で最古の資料が、1902年発行の県内新聞紙に掲載されていた「支那そば屋」の広告でした。

支那そば屋は、宮崎県出身の福永義一さんが経営されていたお店で、中国人(支那人)の方が料理人を務めていました。
支那人が作っているそばということで「トーンチュスバ(唐人そば)」と呼ばれていたそうです。

その支那そば屋に勤めていた比嘉牛さんという方が、1905年に自らお店を開業し、そちらでもしょう油ベースの黒いスープの
そばが提供されるようになりました。

実際に唐人そばを見てみましょう\(^▽^)/
過去の文献の記述によると、具は「ねぎと豆粒大の豚肉のみ」だったそうです。

現在の沖縄そばの具とほぼ同じ食材ですが、豚肉の形状が異なりますね。

次に麺に注目!
「昔は麺が太かった」という数々の証言をもとに、太めの麺を用いることにしたそうです。

伝統的な「木灰そば」の味を再現するため、その成分を分析し開発した、専用のアルカリ剤を使用し製麺されています!

木灰そばとは、がじゅまるなどを燃やした時に発生する灰を水につけた、木灰水のうわずみを混ぜて作られていた麺です。
沖縄では現在もこの木灰そばを使用されている沖縄そばのお店がありますよ。

復活した唐人そばでは、食感を出すためにちぢれも加えたそうです。

そして最も特徴的なのが、スープです!
資料には、唐人そばのスープは「しょう油味の黒いスープ」と記述されていたそうです。

現在の沖縄そばで、このような黒いスープをマハエは見たことがありません!

「唐人そば」誕生から20年近くにわたり、しょう油ベースの黒いスープが主流でしたが、その後「ゆたか屋」さんというお店が
塩ベースの白いスープのおそばを提供し始め、それが現在の沖縄そばに発展したそうです!

しょう油味のスープをそのままに提供すると、敬遠されるかもしれないと予想した野崎さんたちは、
色を再現しつつ、現在の沖縄そばのスープの味に近づけるため、研究と試作を重ねました。

このスープの開発が一番苦心されたそう。

完成までに約10ヵ月を要し、ようやく「唐人そば」が誕生しました☆彡

それでは、唐人そばをいただきます~!

麺は、もちもちとした食感でありながらのどごしもよく、食べごたえがあります!

スープは、開発のお話を聞いた後でも、実際に見ると味が濃いかも・・と想像したのですが、
まったくくどさがない、ダシがきいたおいしいスープです!

いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

麺もスープも具もペロリとたいらげましたよ~^ ^

野崎さんには、沖縄そばについてさらにお話をうかがいました。

現在、沖縄そばのお店は、残念なことに減少傾向にあるそうです。

野崎さんは、沖縄県民のソウルフードである沖縄そばをなくしたくない!そばじょーぐーが増えてほしい!
という思いを胸に、イベントや小中学校で沖縄そば作り体験の出張教室などを開催されています。
そして、夢は「沖縄そば博物館」を作ることだそうです!

素敵☆
沖縄そば博物館の設立が実現するといいな(≧▽≦)

唐人そばは、沖縄県内の複数の店舗でいただくことができます!
ぜひ皆様も沖縄そばのルーツを味わってみませんか♪

大晦日が近づき、年越しそばは何をいただこうかと胸をはずませているマハエでした(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

2018年6月8日

エイサーの魅力を体感!沖縄市に「エイサー会館」が誕生しました☆

はいたい♪マハエです!
沖縄市コザ・ミュージックタウン内に3月末に「エイサー会館」がオープンしました☆彡

沖縄が世界に誇る伝統芸能、エイサーをテーマにしたスポットということで、マハエはさっそく訪れました~!

会館の一歩踏み入れると、エイサーのシルエットがどーんと広がっています!
期待に胸が高鳴ります♪

エイサー会館は2階建てになっており、1階は無料で楽しめる「ウェルカムコーナー」、
2階はより深くエイサーのことを学んだり、体験できる「展示・体験コーナー」で有料となります。

2階の「展示・体験コーナー」から見学します!
階段を上ってフロアに到着すると、エイサーのコスチュームが目に飛び込んできます!

普段当たり前のように見ていたコスチュームなので、こんなにさまざまな種類があるのだと
改めて認識することができました☆

コスチュームが飾られているスペースは、町並みを模したデザインになっています!

エイサーをしながら集落を練り歩く「道じゅね~」を体感できるような、
昔の沖縄や沖縄市の町のイメージで再現されています!

スクリーンでは、道じゅね~が始まる夕方から夜にかけてのイメージが映し出されます。

夜がふけていくと道じゅね~の映像に切り替わり、演舞を観賞できるんです♪
臨場感があります!

通りから道じゅね~を観賞している気分を味わえるプロジェクションマッピングも!
「沖縄全島エイサーまつり」のコーナーのスタートとなります!

太鼓の音が聞こえてきて、マハエは思わず踊ってしまいましたヽ(^∀^)ノ

「沖縄全島エイサーまつり」は、沖縄県内最大規模のエイサーイベントです!
毎年沖縄市で開催され、県内外、海外から大勢のお客様が来場し、大いに盛り上がります!!

こちらでは、イベントのさまざまなデータを知ることができますよ。

回ごとに分かれたパネルでは出場団体名などが確認できます。
ちなみに、第21回大会まではコンクール形式だったため、第1~21回大会のパネルには
優勝団体の記載もありますよ!

大型モニターでは、過去の大会を映像で観賞することができます!

一番最古の映像は、1964年の第9回大会のものだそう!
今から54年も前の貴重な映像です☆
ここでの映像は、すべて沖縄テレビ様からの提供のものだそうです!

この展示がきっかけとなり、個人の方がお持ちの昔の映像の掘り起こしにつながればと
考えられているそうです。

少し移動して、エイサーの歴史や展示物が見学できるコーナーにやってきました!
エイサーがいつ頃誕生したのか?時代とともにどのように変化したか?などを知ることができます!

戦時中に使用されていた砲弾を加工して作られた鉦(かね)など、貴重な展示物もありました!

これまで知らなかったエイサーの知識を得ることができました☆

同じゾーンには各地のエイサー団体を紹介するコーナーも!
「沖縄市のエイサー」「沖縄県内のエイサー」「日本国内のエイサー」「世界各国のエイサー」と
エイサー団体の活動などを大型スクリーンから検索することができます!

「日本国内のエイサー」の中に「東京中野真南風(まはえ)エイサー」さんを発見☆
同じ名前に親近感がわきました(∩´∀`∩)

続いて、映像やビジュアルでエイサーに触れる“エイサーアーカイブコーナー”へ♪

パソコンでクイズに挑戦したり、エイサーにまつわる用語をお勉強したり。

「沖縄全島エイサーまつり」のポスターのレプリカが並んだコーナーは圧巻でした!
過去のポスターに懐かしさを感じたり、思い出がよみがえります。

ちなみに、第1回、3~12回、15・16回、18~20回、22~24回大会のポスターの資料が見つからなかったため、
展示ができず、現在も探していらっしゃるそうです。
お心当りがある方は、お知らせいただけるとうれしいです。

エイサーをVRで体験できるコーナーもありました!!

こちらの機器でVR体験ができます♪

マハエは360°VRを体験しました!
エイサー演舞の輪の中に入ったようなバーチャル体験が\(◎o◎)/

実際のエイサーでもなかなか立つことができない位置なので、貴重な体験ができますよ^^

その他の体験コーナーも充実していました♪

こちらではスクリーンに映し出される演舞を見ながら、太鼓打ちや手踊りの練習体験ができます!
映像には実際のエイサー団体の方々がランダムで登場してくれるんです!

マハエは「女手踊り」の体験を♪
沖縄市南桃原青年会さんの踊りでした。

初めて踊ったので、なかなかむずかしかったです(´∀`;)

こちらは録画機能も設置されていて、自分の踊りを録画して観賞することもできるんですよ!

フォトスポットもありました!

写真を撮る際に借りられる衣装や道具も充実していました!

マハエも変身して、撮影大会♪
誰よりも高く飛んでみました(≧▽≦)

・・実は、このショットにはある“仕掛け”があるのです^^
どのような仕掛けかは、会館でお確かめください♪

また、沖縄を代表するミュージシャン・照屋林賢さんが監督を務められたショートムービー
「七月でむぬ」の鑑賞もできます!
セリフがない作品なので、海外の方にもお楽しみいただけます♪

現在は、定期放送はしていないので、鑑賞をご希望の方はスタッフさんに
お声かけいただければ、鑑賞できるそうです!

展示・体験コーナーを満喫した後は、1Fのウェルカムコーナーへ♪

エイサークイズに挑戦したり、オリジナルの絵本が読めますよ。

お土産コーナーも充実していました!
エイサーにまつわるアイテムが揃っています♪

マハエが特に気になったのは、こちら!
エイサーのPRキャラクター・エイ坊たちがプリントされたおまんじゅう♪
かわいい(*´▽`*)

地元の製菓店さんが製造されており、おまんじゅうの中には“泡盛あん”が入ってるんですよ☆
沖縄を感じられる一品ではないでしょうか♪

会館オリジナルのプリントシール機もありました!
英語、タイ語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、ヒンディー語にも対応されています!

海外からのお客様にもお楽しみいただけますね♪

また、参加型の体験メニューも実施されていますよ。

エイ坊をモチーフにした紅型染め体験やクラフト締太鼓作りなど、どれも楽しそう♪
マハエが気になったのは、1名からでも参加が可能なエイサー体験!
こちらでエイサーを体験していただき、旅の思い出にしていただけたらうれしいです。

エイ坊のポストもありました^^
このポストに投函すると、エイサーの消印が押印されるんですよ♪
訪れた記念にこちらからお手紙などを送るのもいいですよね。

学ぶ、遊ぶ、体験するなど、さまざまな角度からエイサーを満喫しました!

エイサーのイベントは日が限られていて参加がむずかしいことがありますが、
こちらに来ていただければ、エイサーにいつでもふれあうことができますよ。

エイサーにご興味がある方、沖縄を愛してくれている方にぜひ訪れていただきたいスポットです!

 

~関連リンク~
おきなわ物語/エイサー会館

 

 

2018年5月18日

国頭村 大石林山に新スポット!「沖縄石の文化博物館」がオープン♪

はいたい♪マハエです!
4月28日に国頭村の大石林山にオープンした「沖縄石の文化博物館」に行ってきました!
どのような石が展示されているのでしょうか(^ ^)さっそく中に入ってみましょう☆彡

【沖縄石の文化博物館】展示室には沖縄県41市町村の代表的な石や採掘された化石などが展示されていますよ!

展示されている岩石標本は実際に触ることができます(≧▽≦)

石を利用した生活道具も展示されていますよ~♪

説明文には英語も表記されています!
外国からのお客様にもお楽しみいただけますね♪

こちらの黒い岩石は沖縄県最古とされていて2億年以上前に誕生したものです!

シーサーがいました~☆彡

大きな鍾乳石の切断標本!!

「三枚肉」「ハマグリ」「目玉焼き」「牛肉」に見えるおもしろい石たちがありました!

どれも本物そっくり!

アンモナイトの化石を含んだ岩盤もありました☆彡黄色い枠で囲まれた箇所にアンモナイトの化石が見られますよ!

アンモナイト発見!

オープン記念でご来館されていた国頭村の宮城久和村長とツーショット♪

展示室の外には石で作られたブタさんがいる広場があります!

マットが敷かれているので小さなお子様でも気軽に遊べますよ♪

【ふれあい食堂 なんと屋】建物の2階にある「ふれあい食堂 なんと屋」さんにも行ってきました~!

120人収容できる広々とした客席!

窓側はカウンター席になっていて景色を見ながら食事ができますよ(*´▽`*)海の向こうに鹿児島県の与論島が見えました♪

サラダは自由に取ることができ好きな種類が選べますよ!また、ごはんも白米とさとうきびごはんから選ぶことができて、おかわり自由です^ ^

やんばるアグー鍋おいしそう♪

沖縄そばの麺は自家製麺で製麺の様子が見られますよ!

メニューはアグーを使った沖縄そば、鍋、カレーが選べます♪他にもアレルギーの原因となる食材を使用していない「お子様カレー」や
イスラム教徒の人でも食べることができる「ムスリムフレンドリー」メニューがあります!

【大石林山】沖縄石の文化博物館からバスで移動し大石林山にやってきました!

大石林山では4つのコースがあり好きなコースを自由に選んで行くことができますよ(^ ^)

巨石・石林感動コース」「美ら海展望台コース」「バリアフリーコース」「亜熱帯自然林コース」の4つから選べます!

マハエは「美ら海展望台コース」に行ってきます!!

どんな景色が見られるかワクワクします♪

美ら海展望台まで行く途中には様々なスポットがありますよ(^▽^)

記念撮影におすすめの「悟空岩」♪

パワースストーンがある「石林の壁」☆彡聖なるパワーが集まるといわれるパワースポットです!

さらに歩くと「守り猫」が見えるスポットがありますよ♪頂上で森を見渡して山を守っている猫の姿のように見えるスポットがあるので
ぜひ、探してみてください!!

3回くぐると新しく生まれ変わると伝えられている「生まれ変わりの岩」1回目で悪い過去(失恋・失敗・病気)を捨て、2回目でリセット、3回目で新しく生まれ変わるといわれていますよ!

3回通ってマハエは生まれ変わってきます!!

そして「美ら海展望台ステージ」に到着☆彡沖縄本島最北端の海を見渡せますよ~!

奥の方には鹿児島県の与論島がほのかに見えました(≧▽≦)

他にも辺戸岬や

ヤンバルクイナの後ろ姿も!!

美ら海展望台の後は烏帽子岩の近くを歩くことができますよ(^▽^)

最後に「烏帽子岩」で記念撮影♪

運動の後は沖縄石の文化博物館にあるヤンバルジェラートを食べてひと休み♪

6種類の味が選べますよ(*´▽`*)沖縄石の文化博物館限定で販売されている「長命草」と「カラキ」があります!

限定商品の「カラキ」と「長命草」☆彡カラキは甘すぎずほんのりシナモンの味がします!
長命草はちょっぴり苦みがあるけど、ミルクの甘さとミックスされておいしくいただけました!
カラキも長命草も大石林山の敷地で育てられているのだそうです☆

「大石林山 沖縄石の文化博物館」では沖縄の島々の成り立ちや文化を石から学べました!皆さんも沖縄の石に触れて、沖縄の歴史を学んでみてはいかがでしょうか♪

~関連リンク~
大石林山 沖縄石の文化博物館

 

 

 

 

 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール