Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年7月7日

沖縄の文化や歴史を楽しく学べる!沖縄県立博物館・美術館

はいたい♪マハエです。
那覇市の新都心(おもろまち)にある沖縄県立博物館・美術館へ行ってきました!

沖縄の歴史や文化、伝統工芸など様々な分野にわたる展示がされており、
沖縄のことを視覚的に学べるスポットです。

館内にある「ふれあい体験教室」や新しくオープンしたカフェにも立ち寄りましたので、
あわせてレポートします!

はじめに屋外展示を見学!

こちらは「高倉」という、穀物を貯蔵する倉庫です。
実際に使用されていたものを移築されたそうです!

高倉の奥に民家があります。

現存する民家を参考に再現されたそうです。

屋根にはシーサーが見えます(^▽^)家を守ってくれそうな、凛々しい顔つきです!

家の中も忠実に再現されていました!
いろいろなお部屋があり、楽しみながら見学しました♪

その奥には、17世紀頃の窯を再現した「湧田窯」があります。
今から約30年前に出土した窯の一部が用いられており、とても貴重な展示なのです。

ここまでは敷地内なのですが、実は敷地の外の歩道にも展示があるんですよ!

この中に旧大聖禅寺鐘が納められています。

こちらの鐘の模様には、日本本土にある鐘とは異なる「琉球風」と呼ばれる特徴があります。
間近で見てぜひ違いを確かめてみてください!

また歩道と敷地をへだてる壁も特徴的ですよね。
こちらは、城壁をイメージしてデザインされたそうです!

続いて博物館へ向かいます!

ロビーは、白が基調になっていて、明るく清潔感があります☆

博物館の入口は“ニライカナイの彼方から”というテーマになっています!
海の中をのぞいている気分♪

博物館にはタッチペン式の音声ガイダンスが準備されています!
日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語に対応していますよ。

海外からのお客様にもお楽しみいただけるので、うれしいな\(^0^)/

博物館は、中央の「総合展示」とその周りをかこむように「部門展示」のコーナーに
大きく分かれています。

「総合展示」から見ていきましょう。
“シマと自然のくらし”のコーナーを中心に、
1.海で結ばれた人々
2.貝塚のムラから琉球王国へ
3.王国の繁栄
4.薩摩の琉球支配と王国
5.王国の滅亡
6.沖縄の近代
7.戦後の沖縄
と、時代の流れにそって、数々の資料を見学することができます。

こちらは、琉球王国時代の役人の衣装を再現されたものです。
頭にかぶる「はちまち」の解説などが添えられているのですが、再現されたものを
目で見ながら読めるので、わかりやすく学ぶことができます!

こちらは「マーラン船」の模型です。
18世紀頃に中国との貿易や外交に使用されていました。
マーラン船で運ばれていたものについての解説もありますよ。

さとうきびの生産を再現したジオラマもありました!
17~19世紀なかば頃の様子だそうです。
生産方法がどのようにして移り変わったかなどが解説されています。

万国津梁の鐘も展示されていました。
実際の鐘の音の音声が、30分に1度聞くことができるんですよ♪

沖縄の歴史を学ぶことができる資料がつまっていました!

続いて「部門展示」に移動します。

部門展示は、下記の5つの部門に分かれています。
●自然史
●考古
●美術工芸
●歴史
●民俗

こちらは、民俗部門の展示の一部です。那覇ハーリーの爬龍船の模型。

かつての時代の食卓の様子。屋外展示の民家でも見ることができましたが、演出が加わることで
さらに実感が増しますね♪

「糸満女性とイユアチネー(魚商)」
今から少しさかのぼった時代、糸満市の女性は、バーキと呼ばれる平たいザルに
捕れたばかりの魚を入れ、行商をしていました。
こちらでは、売り歩く時のかけ声を聞くことができますよ♪

他の部門の展示も見ごたえたっぷり!
わくわくしながら見学しました♪

博物館を出て「ふれあい体験室」へやってきました!

さまざまな体験キットに遊ぶように触れながら、沖縄について学ぶことができます!

楽器やおもちゃがたくさん♪♪
三板(さんば)や四つ竹などもあり、実際に音を鳴らすことができますよ♪

約18,000年前に沖縄に生存していたといわれている港川人の骨の写真を
レントゲンのようにして見ることができます(≧▽≦)
楽しいな~♪

こちらのコーナーでは、島によって異なる言葉を体感することができます!
沖縄本島首里地区、石垣島、宮古島、奄美大島が揃っています。

絵本に書かれた番号を電話でかけると、受話器から言葉が流れてきます♪
それぞれの島の言葉の特徴があり、勉強になりました。

楽しみながら学んだ後は、館内2Fに5月にオープンした
「museum Café カメカメキッチン」さんでランチをすることに♪

光がたっぷり差し込む、居心地のいいスペースです。

マハエは“旬の島野菜をいただくカメカメパスタランチ”をいただくことにしました!

この日のパスタのラインナップはこちら♪
島野菜とイタリアンのコラボは、選ぶのも楽しい☆
さぁ、どれにしようかなヽ(^0^)丿

パスタランチをオーダーすると、サラダ、バケット、スープ、ドリンクを
ビュッフェ形式でいただけます♪

いただきまーす!
どれもやさしい味がします~(´▽`)

スープやサラダを堪能していると、パスタが運ばれてきました♪
“とうがんと牛肉ボロネーゼ”と“グルクンとアーサのレモンクリームソース”を
チョイスしました!!

どうしても両方食べたくて、1つは単品で追加しちゃいました^^

いただきまーす♪

とうがんの牛肉ボロネーゼ。
濃厚なボロネーゼとさっぱりしたシブイ(とうがん)の組合せが新鮮です☆彡

グルクンとアーサのレモンクリームソース。
クリーム系なのにレモンの酸味が加わることでさわやかになります☆彡

どちらもでーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆
グルメも大満足でした!

また、美術館では様々な企画展が開催されていますよ!

もうすぐスタートする予定のイベントはこちら↓

☆2017年7月15日スタート!
Learn&Play! teamLab Future Park‐チームラボ 学ぶ!未来の遊園地‐

☆2017年7月18日スタート!
水族館でも出会えない!海のビックリ生物展

また、1Fのミュージアムショップではステキなキャンペーンが開催されています!
キャンペーンの詳細はこちら↓
限定オリジナルグッズが当たる!!ートトリップキャンペーン開催中!!

博物館の展示は、新しい資料が随時追加されているそうなので、何度訪れても
お楽しみいただけると思います!

大人からお子様までお楽しみいただけるスポットなので、夏休み旅行や家族旅行の際に
訪れてみてはいかがでしょうか。

マハエもまた訪れたいと思っています♪

 

~関連リンク~
おきなわ物語/沖縄県立博物館・美術館

2014年12月26日

OCVB新人研修&古宇利オーシャンタワーに行ってきました!

はいたい♪マハエです。
先日、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の新人研修に参加しました。
古宇利オーシャンタワーのランチでは、うれしいおもてなしをしていただきましたので、皆様に報告します!

OCVBでは、那覇空港 国内線、国際線にある観光案内所、豊見城市の「旧海軍司令部壕」、
名護市の「ブセナ海浜公園」の運営、管理を行っています。

まずは、那覇空港の観光案内所を訪問しました。
毎日、沖縄に到着されたお客様に観光に関する案内や質問の応対をしています。
こちらは国際線の案内所です。

近年、沖縄と海外を結ぶ直行便が増え、海外からのお客様も増加しています。
夏のピークシーズンには、1日につき250人ものお客様が訪れたそうです!

国内線では、夏季には300人以上、冬季でも200人ものお客様が訪れるそうです。
到着時にお立寄りいただいたお客様が、お帰りの際に再度お立寄りいただき、
あたたかいお礼のメッセージをいただけた時は、とてもうれしいそうですよ(^ ^)

それぞれ、観光案内のマップや施設のパンフレットも揃っておりますので、
沖縄へお越しの際はぜひご利用下さい。
マハエも看板娘として皆様をお待ちしております!

次は、豊見城市の「旧海軍司令部壕」を訪れました。
旧海軍司令部壕には、 旧日本海軍によって掘られた壕が当時のまま残っています。
また、海軍戦没者慰霊之塔や壕内で発見された戦争当時の遺留品が展示されている資料館があります。
戦争に関するものを見るたび、胸が締めつけられる思いになります。
もう二度と繰り返してはいけないと思いを新たにしました。

慰霊塔前広場から首里城や南部市街が見渡せるのですが、すばらしい見晴らしです!

戦争の記録を知ることができ、また風景も堪能できるので、ぜひ皆様にも訪れていただきたいです。
館内のいろんなところにマハエが登場していますので、訪れた際は探してみて下さい♪

続いてはランチタイム、古宇利オーシャンタワーさんに訪れました!

ランチの前に、自動カートに乗って島内をぐるっと一周♪
いつ見ても古宇利島の海は美しくて、ウットリ。。

オーシャンビューのカフェでいよいよランチです!
マハエは、野菜たっぷりのピザをオーダーしました。
生地がもちもちしてて、おいしかったですよ~ ♪
野菜がたっぷりなところも女子にはうれしいポイントでした(≧▽≦)

そして、特別にデザートのおもてなしをしていただきました~!!
なんと、マハエのイラスト入りデザートプレートです!うれしい~♪
マハエもおもてなしの心を見習い、実践していきたいと思いました。
ケーキもおいしくいただきました☆☆☆
ありがとうございます!

古宇利オーシャンタワーを後にして、名護市の「ブセナ海浜公園」へ向かいました。

まずは、グラス底ボートに乗船しました!
海の中のサンゴやカラフルな魚たちがたくさん見られますよ~♪
魚の大群に遭遇するたび、うれしくて声をあげてしまいました!

海中展望塔にも行きました。
海中に続く階段を下りると、のぞき窓がいくつもあり、海の中や魚たちがたくさん見られます。
窓は360度に渡り設置されているので、海中をパノラマビューで楽しめますよ♪

どちらも服を着たまま海の中をのぞけるので、泳ぐのが苦手な方や気軽に海遊びをしたい方にもおすすめです!

沖縄を見る、学ぶ、楽しむ・・いろいろな角度から観光について勉強させていただきました。
また、おもてなしの心、沖縄の言葉で「うとぅいむち」を改めて感じることができた機会となりました。

おきなわ物語でも、春のおきなわ親子孫たび“うとぃむち宣言”をしています!
マハエも力を合わせてがんばります~ (*´∀`*)ノ

~関連リンク~
旧海軍司令部壕 公式サイト
古宇利オーシャンタワー 公式サイト
ブセナ海中公園 公式サイト
おきなわ物語/春のおきなわ親子孫たび“うとぃむち宣言” 特集サイト

2013年6月13日

平和について考えよう~旧海軍司令部壕慰霊祭~




ハイタイ。マハエです。
マハエの所属する沖縄観光コンベンションビューローは毎年6月13日、旧海軍司令部壕で慰霊祭を行っています。




ここ沖縄は太平洋戦争で多くの住民を巻き込んだ地上戦が繰り広げられた場所。
尊い命が奪われ、美しい自然やかけがえのない文化遺産が失われました。




慰霊祭は戦争の悲惨さ、そしていまの平和と繁栄が戦没者の尊い犠牲の上に築かれたことを心に刻み、
戦没者の御霊を慰め、この壕から恒久平和を願う沖縄の心を発信するため、毎年実施されています。







宇栄原小学校のみなさんが「戦争のない平和な世界を目指していきたい」とメッセージを朗読しました。




1945年6月13日、ここで海軍部隊の組織的な戦闘が終わって68年。

戦争のない平和な世界を願わずにはいられません。

【関連リンク】
旧海軍司令部壕
修学旅行ナビ 沖縄のここがポイント~平和~ 沖縄戦

 

マハエちゃんプロフィール