Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年7月13日

【7/15はマンゴーの日】沖縄県立農業大学校でマンゴーについてお勉強

はいたい♪マハエです!
7月15日は「マンゴーの日」です!

沖縄県でマンゴーの出荷の最盛期を迎える時期に合わせ、平成12年に制定されました。

マハエは、マンゴーが大好き♪
沖縄県は、マンゴーの生産量が全国1位なんですよ\(^▽^)/

大好きなマンゴーのことをもっと知りたいと思い、名護市にある沖縄県立農業大学校さんを訪れました。
マンゴーについてお勉強させていただきます!

農業大学校さんでは、農業の発展を担う人材の養成をされており、4つのコースがあります。
その中の「果樹専攻コース」でマンゴーの栽培方法や特性なども教えていらっしゃいます。

ビニールハウスでマンゴーを見させていただきました。
マンゴーのビニールハウスの総面積は、約25アール(2,500平方メートル)もあるのだそうです!

主に「アーウィン」という品種を栽培されています。
「アップルマンゴー」の呼び名でも親しまれていますね。

完熟したアーウィンは香り高く甘みが強くて、マハエは大好きです☆
思わず見とれてしまいました^^

農業大学校の果樹専攻コースには現在、2年生6人、1年生5人、短期養成科5人の
計16人の生徒さんが在籍されています。

2年生から代表して、仲里さん、諸喜田さんにお話しを聞かせていただきました。

仲里さんは、ご実家が農家だそうです。
家業をより充実させ、そして沖縄の農業を発展させたいと、このコースで勉学に励んでいます!

諸喜田さんには、沖縄の特産物や食を通して、もっと沖縄を知ってもらいたいという夢があるそうです☆
まずは、食物を育てるところから勉強しようと思い、このコースを選ばれたそうです。

アーウィンは通常、6月中旬から7月末頃までが収穫期間となります。
大好きなアーウィンをもっと長期間にわたって食べられるといいなとマハエが伝えると、
農業大学校さんでは「加温栽培」という方法で、収穫期間を長くする試みをされていると
教えていただきました!

蕾が出始める「出蕾期」の12~1月頃に一旦低温の状態にさらし、その後ハウスの中で
ボイラーを焚いて「加温」し、早い時期に生育に適した環境を作るのだそうです。

この栽培方法により、通常より早く出荷することが可能になるそうです☆彡

出蕾の様子を詳しく教えていただきました!

温度管理の他にも、受粉をさせるために蜂を放したり、害虫の駆除などさまざまな工程があり、
マンゴー栽培のむずかしさ、奥深さを知りました。

栽培がむずかしい分、実が大きく品質がいい果実を収穫できると、喜びもひとしおだそう!

また、別の品種を栽培し、マンゴーをより長期に渡ってお届けする方法も試みているそうです!

こちらは「夏小紅」という品種です。
8月が収穫時期で、果皮が黄色くなると食べ頃だそうです!

「てぃらら」という品種もありました!
アーウィンや夏小紅とは少し形状が異なりますね。

てぃららも8月が収穫時期で、果皮が黄色くなると食べ頃だそうです!
食べてみたいな~(≧▽≦)

農業大学校の諸見里先生のお話では、大学校の卒業生の方々の活躍もあり、
今後もマンゴーを栽培する農家さんが増えると見込まれているそうです!

沖縄県産のマンゴーが、ますます大勢の方のもとに届くのではないかと期待が高まります♪

農業大学校の皆様、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!
おいしいマンゴーを届けてくださいね~!

マンゴーのことをより深く知ることができ、ますます大好きになりました☆
育ててくれた方々の愛情を感じながら、これからもたくさんいただきたいと思います\(^▽^)/

 

~関連リンク~
おきなわ物語/旬の食材(マンゴー)

おきなわ、旬のごちそう/夏の県産食材

 

 

2018年7月11日

旧海軍司令部壕のひまわり畑&リニューアルした売店へ!!

はいたい♪マハエです!
豊見城市の旧海軍司令部壕ビジターセンター前、海軍戦没者慰霊乃塔周辺にひまわり畑が誕生しました☆彡

たくさんのひまわりが並んでいます!

元気よく咲いているひまわりに、マハエも思わず笑顔になります(^▽^)
このひまわりたちは、旧海軍司令部壕の警備員さんが種を植え始め、水やりを続けてくれて、
このようにすくすくと成長したのだそうです!

ひまわり畑は2つあります。
こちらは見晴らしもいいんですよ!

晴れた日は遠くに瀬長島周辺の海も眺められます☆

ビューポイントとしてもお立寄りいただきたいスポットです。

リニューアルした売店にも訪れました!

様々なオリジナルグッズが揃っていますよ!

こちらは「海軍壕」Tシャツ。
さわやかなブルーとホワイトの組合せ☆

「海人」Tシャツでおなじみの海人工房さんが制作されています!

他にもノートやボールペン・シャープペンのセット、ブックマーカーや
ポストカード、書籍などもありました!

スイーツを発見☆
今帰仁村で生産されているご当地ジェラートで「泡盛レーズン」「さんぴんミルクティー」
「ごまマース(塩)」「シークァ―サーヨーグルト」など沖縄の特産品のフレーバーが揃っています!

売店にはイートインのコーナーがあるので、こちらでジェラートをいただくこともできますよ。

こちらからの眺めもとてもいいです!
旧海軍司令部壕の見学後などに休憩タイムはいかがでしょうか♪

皆様も旧海軍司令部壕のひまわりに会いに来てくださいね~!

 

~関連リンク~
おきなわ物語/旧海軍司令部壕

 

 

2018年7月6日

リニューアルでさらに楽しく♪道の駅「ぎのざ」へ行ってきました!

はいたい♪マハエです!
宜野座村の道の駅「ぎのざ」さんが、大幅にリニューアルし4月28日にオープンしたと知り、
訪れてきました~☆彡

マスコットキャラクターの「ぎ~のくん」のフィギュアが目印の大型遊具を始め、
新しい施設がいくつも誕生し、さらに楽しく、便利でうれしいスポットになりました!

まずは「観光情報センター」へ立ち寄り、ぎ~のくんにごあいさつ♪
よろしくお願いします!

観光情報センターには、デジタル情報スタンドや無料のガイドブックが置かれていたりと、
宜野座村をめぐるのに便利な情報が揃っているんですよ♪
記念スタンプも☆

観光情報センターの向かいには「阪神タイガース」さんのブースがオープンしました☆彡
宜野座村は、阪神タイガースさんの春季のキャンプ地ですね。

ユニフォームや記念グッズがズラリと並んでいます!
球団から直接提供していただいたそうです!

サインは直筆のものだそうです☆
タイガースさんや野球ファンの方にはうれしいコーナーなのではないでしょうか(≧▽≦)

次は、外を散策してみましょう♪

イタリアと宜野座村の友好・交流記念の「真実の口」がありました!
イタリアの観光スポットとしても有名ですね。

“ウソつきがこの像の口のに手を入れると、ガブッと噛み切られる”という伝説があるのですが・・

マハエ、ドキドキしながら挑戦!
結果は・・噛まれず。
ホッとしました(*´▽`*)

真実の口の近くには、「多目的室」が誕生していました☆彡

80~90席ほどあり、広々としています!
個人の方は無料で利用ができ、飲食も可能だそうです。

有料で貸切り利用もできるそうですよ!

沖縄の美しい海を再現したような水槽も飾られていました♪
カクレクマノミを発見☆
かわいい~♪

休憩タイムやお勉強タイムなど様々なシーンで活用できるスペースだと思いました!

再び外に出て、リニューアルオープンで一番目を引く「ぎ~のくんランド」へ♪
手前のフリースペースにもぎ~のくんの大きなイラストが!

やってきました♪
ぎ~のくんのかわいらしさにマハエも思わず笑顔になります^^

ぎ~のくんランドは、3つの階層からなる大型遊具施設です!
プレイスポットがたくさんつまっていましたよ~\(^▽^)/

水平ネットの上を全身を使って移動したり、ゆらゆら揺れを楽しんだり♪

綱渡り、トンネル、ウォールクライム、ミニボルタリングなど
楽しみながらさまざまな運動ができちゃいます♪

ぎ~のくんだけでなく村にまつわるモチーフが彩りをそえていました!
村の特産品である、マンゴー、パイナップル、イチゴが集合♪

村魚のミーバイ!
大きくて迫力があります!!

スライダー(すべり台)も充実していました!
こちらはテントのような素材で作られている「膜スライダー」。
やわらかいので、小さなお子様にもやさしい感触だと思いました!

他にも、スパイラルスライダー、グリッサンドロングスライダー、幅広スライダー、チューブスライダーも!
スパイラルスライダーは2基もあるんですよ!

マハエもすべってみます~♪
楽しい~∩(´∀`)∩

ぎ~のくんランドは、3歳以上のお子様が対象となります。

1~3歳の幼いお子様を対象としたキッズスペースもあるんですよ。
授乳室が併設されていて、ママにうれしい空間です。

キッズスペースには、幼いお子様サイズのカラフルなミニすべり台や

ソファやミニテーブルがあります!
ママとキッズが一緒に楽しく、安全に過ごせますね♪

たくさん遊んだ後はランチタイム!

建物の2階にあるカフェにやってきました(^▽^)
沖縄の人気フードイベンド「OKINAWA FOOD FLEA」も主催されている「GINOZA FARM LAB」さんです。

テラス席からは美しい海が見渡せるんですよ☆
気持ちいい~♪

まずは、宜野座村産のいちごを使ったストロベリーシェイクをオーダーしました!
いちごの甘酸っぱさが効いていて、おいしい☆

ハンバーガーもいただきます♪
「キングギノザバーガー」と「チーズ・ミー・バーガー」の2点をオーダーしました^^

粗びきのビーフパティは食べごたえがあります!
宜野座産のベビーリーフもたっぷり♪
地産地消がうれしいですね^^

とてもおいしかったです☆☆☆
くわっちーさびたん!(ごちそうさまでした!)

テラスにはステージもあり、ライブなどがおこなわれることもあるそうです♪
いつか見てみたいな。

道の駅の横を流れる「福地川」と海がつながっていて、オプショナルツアーとして
SUP(スタンドアップパドルサーフィン)なども楽しめるそうですよ♪

お隣の「加工直売センター未来ぎのざ」さんにも訪れました!
村や近隣の地域で採れた新鮮な野菜がいっぱい!

旬を迎えているゴーヤー。
お手頃な価格も魅力です☆

パイナップル、パッションフルーツ、ランチでもいただいたベビーリーフもありました。

宜野座村は、沖縄県の中でじゃがいもの産地としても有名です☆

そのじゃがいもを原料にした、宜野座村の名物「じゃがめん」もありましたよ~!

マーケットの中でひと際目を引くのが、このケーキのショーケース♪
プリンやロールケーキ、オムレット・・どれも食べたくなります!

オムレットを購入して多目的室でいただくことにしよう^^

今回紹介した施設以外にも、水遊び広場、24時間使用が可能なトイレ、研修室(有料)などがあり、
また、加工直売センター未来ぎのざさんには「みらい食堂」さんやパーラーが隣接しており、
お子様から大人まで幅広く活用できるスポットでした!

楽しかったな~♪
ぎ~のくん、また遊びに行きますね~!


~関連リンク~
おきなわ物語「一度は立ち寄りたい!おきなわ道の駅」

 

 

2018年6月8日

エイサーの魅力を体感!沖縄市に「エイサー会館」が誕生しました☆

はいたい♪マハエです!
沖縄市コザ・ミュージックタウン内に3月末に「エイサー会館」がオープンしました☆彡

沖縄が世界に誇る伝統芸能、エイサーをテーマにしたスポットということで、マハエはさっそく訪れました~!

会館の一歩踏み入れると、エイサーのシルエットがどーんと広がっています!
期待に胸が高鳴ります♪

エイサー会館は2階建てになっており、1階は無料で楽しめる「ウェルカムコーナー」、
2階はより深くエイサーのことを学んだり、体験できる「展示・体験コーナー」で有料となります。

2階の「展示・体験コーナー」から見学します!
階段を上ってフロアに到着すると、エイサーのコスチュームが目に飛び込んできます!

普段当たり前のように見ていたコスチュームなので、こんなにさまざまな種類があるのだと
改めて認識することができました☆

コスチュームが飾られているスペースは、町並みを模したデザインになっています!

エイサーをしながら集落を練り歩く「道じゅね~」を体感できるような、
昔の沖縄や沖縄市の町のイメージで再現されています!

スクリーンでは、道じゅね~が始まる夕方から夜にかけてのイメージが映し出されます。

夜がふけていくと道じゅね~の映像に切り替わり、演舞を観賞できるんです♪
臨場感があります!

通りから道じゅね~を観賞している気分を味わえるプロジェクションマッピングも!
「沖縄全島エイサーまつり」のコーナーのスタートとなります!

太鼓の音が聞こえてきて、マハエは思わず踊ってしまいましたヽ(^∀^)ノ

「沖縄全島エイサーまつり」は、沖縄県内最大規模のエイサーイベントです!
毎年沖縄市で開催され、県内外、海外から大勢のお客様が来場し、大いに盛り上がります!!

こちらでは、イベントのさまざまなデータを知ることができますよ。

回ごとに分かれたパネルでは出場団体名などが確認できます。
ちなみに、第21回大会まではコンクール形式だったため、第1~21回大会のパネルには
優勝団体の記載もありますよ!

大型モニターでは、過去の大会を映像で観賞することができます!

一番最古の映像は、1964年の第9回大会のものだそう!
今から54年も前の貴重な映像です☆
ここでの映像は、すべて沖縄テレビ様からの提供のものだそうです!

この展示がきっかけとなり、個人の方がお持ちの昔の映像の掘り起こしにつながればと
考えられているそうです。

少し移動して、エイサーの歴史や展示物が見学できるコーナーにやってきました!
エイサーがいつ頃誕生したのか?時代とともにどのように変化したか?などを知ることができます!

戦時中に使用されていた砲弾を加工して作られた鉦(かね)など、貴重な展示物もありました!

これまで知らなかったエイサーの知識を得ることができました☆

同じゾーンには各地のエイサー団体を紹介するコーナーも!
「沖縄市のエイサー」「沖縄県内のエイサー」「日本国内のエイサー」「世界各国のエイサー」と
エイサー団体の活動などを大型スクリーンから検索することができます!

「日本国内のエイサー」の中に「東京中野真南風(まはえ)エイサー」さんを発見☆
同じ名前に親近感がわきました(∩´∀`∩)

続いて、映像やビジュアルでエイサーに触れる“エイサーアーカイブコーナー”へ♪

パソコンでクイズに挑戦したり、エイサーにまつわる用語をお勉強したり。

「沖縄全島エイサーまつり」のポスターのレプリカが並んだコーナーは圧巻でした!
過去のポスターに懐かしさを感じたり、思い出がよみがえります。

ちなみに、第1回、3~12回、15・16回、18~20回、22~24回大会のポスターの資料が見つからなかったため、
展示ができず、現在も探していらっしゃるそうです。
お心当りがある方は、お知らせいただけるとうれしいです。

エイサーをVRで体験できるコーナーもありました!!

こちらの機器でVR体験ができます♪

マハエは360°VRを体験しました!
エイサー演舞の輪の中に入ったようなバーチャル体験が\(◎o◎)/

実際のエイサーでもなかなか立つことができない位置なので、貴重な体験ができますよ^^

その他の体験コーナーも充実していました♪

こちらではスクリーンに映し出される演舞を見ながら、太鼓打ちや手踊りの練習体験ができます!
映像には実際のエイサー団体の方々がランダムで登場してくれるんです!

マハエは「女手踊り」の体験を♪
沖縄市南桃原青年会さんの踊りでした。

初めて踊ったので、なかなかむずかしかったです(´∀`;)

こちらは録画機能も設置されていて、自分の踊りを録画して観賞することもできるんですよ!

フォトスポットもありました!

写真を撮る際に借りられる衣装や道具も充実していました!

マハエも変身して、撮影大会♪
誰よりも高く飛んでみました(≧▽≦)

・・実は、このショットにはある“仕掛け”があるのです^^
どのような仕掛けかは、会館でお確かめください♪

また、沖縄を代表するミュージシャン・照屋林賢さんが監督を務められたショートムービー
「七月でむぬ」の鑑賞もできます!
セリフがない作品なので、海外の方にもお楽しみいただけます♪

現在は、定期放送はしていないので、鑑賞をご希望の方はスタッフさんに
お声かけいただければ、鑑賞できるそうです!

展示・体験コーナーを満喫した後は、1Fのウェルカムコーナーへ♪

エイサークイズに挑戦したり、オリジナルの絵本が読めますよ。

お土産コーナーも充実していました!
エイサーにまつわるアイテムが揃っています♪

マハエが特に気になったのは、こちら!
エイサーのPRキャラクター・エイ坊たちがプリントされたおまんじゅう♪
かわいい(*´▽`*)

地元の製菓店さんが製造されており、おまんじゅうの中には“泡盛あん”が入ってるんですよ☆
沖縄を感じられる一品ではないでしょうか♪

会館オリジナルのプリントシール機もありました!
英語、タイ語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、ヒンディー語にも対応されています!

海外からのお客様にもお楽しみいただけますね♪

また、参加型の体験メニューも実施されていますよ。

エイ坊をモチーフにした紅型染め体験やクラフト締太鼓作りなど、どれも楽しそう♪
マハエが気になったのは、1名からでも参加が可能なエイサー体験!
こちらでエイサーを体験していただき、旅の思い出にしていただけたらうれしいです。

エイ坊のポストもありました^^
このポストに投函すると、エイサーの消印が押印されるんですよ♪
訪れた記念にこちらからお手紙などを送るのもいいですよね。

学ぶ、遊ぶ、体験するなど、さまざまな角度からエイサーを満喫しました!

エイサーのイベントは日が限られていて参加がむずかしいことがありますが、
こちらに来ていただければ、エイサーにいつでもふれあうことができますよ。

エイサーにご興味がある方、沖縄を愛してくれている方にぜひ訪れていただきたいスポットです!

 

~関連リンク~
おきなわ物語/エイサー会館

 

 

2018年5月18日

国頭村 大石林山に新スポット!「沖縄石の文化博物館」がオープン♪

はいたい♪マハエです!
4月28日に国頭村の大石林山にオープンした「沖縄石の文化博物館」に行ってきました!
どのような石が展示されているのでしょうか(^ ^)さっそく中に入ってみましょう☆彡

【沖縄石の文化博物館】展示室には沖縄県41市町村の代表的な石や採掘された化石などが展示されていますよ!

展示されている岩石標本は実際に触ることができます(≧▽≦)

石を利用した生活道具も展示されていますよ~♪

説明文には英語も表記されています!
外国からのお客様にもお楽しみいただけますね♪

こちらの黒い岩石は沖縄県最古とされていて2億年以上前に誕生したものです!

シーサーがいました~☆彡

大きな鍾乳石の切断標本!!

「三枚肉」「ハマグリ」「目玉焼き」「牛肉」に見えるおもしろい石たちがありました!

どれも本物そっくり!

アンモナイトの化石を含んだ岩盤もありました☆彡黄色い枠で囲まれた箇所にアンモナイトの化石が見られますよ!

アンモナイト発見!

オープン記念でご来館されていた国頭村の宮城久和村長とツーショット♪

展示室の外には石で作られたブタさんがいる広場があります!

マットが敷かれているので小さなお子様でも気軽に遊べますよ♪

【ふれあい食堂 なんと屋】建物の2階にある「ふれあい食堂 なんと屋」さんにも行ってきました~!

120人収容できる広々とした客席!

窓側はカウンター席になっていて景色を見ながら食事ができますよ(*´▽`*)海の向こうに鹿児島県の与論島が見えました♪

サラダは自由に取ることができ好きな種類が選べますよ!また、ごはんも白米とさとうきびごはんから選ぶことができて、おかわり自由です^ ^

やんばるアグー鍋おいしそう♪

沖縄そばの麺は自家製麺で製麺の様子が見られますよ!

メニューはアグーを使った沖縄そば、鍋、カレーが選べます♪他にもアレルギーの原因となる食材を使用していない「お子様カレー」や
イスラム教徒の人でも食べることができる「ムスリムフレンドリー」メニューがあります!

【大石林山】沖縄石の文化博物館からバスで移動し大石林山にやってきました!

大石林山では4つのコースがあり好きなコースを自由に選んで行くことができますよ(^ ^)

巨石・石林感動コース」「美ら海展望台コース」「バリアフリーコース」「亜熱帯自然林コース」の4つから選べます!

マハエは「美ら海展望台コース」に行ってきます!!

どんな景色が見られるかワクワクします♪

美ら海展望台まで行く途中には様々なスポットがありますよ(^▽^)

記念撮影におすすめの「悟空岩」♪

パワースストーンがある「石林の壁」☆彡聖なるパワーが集まるといわれるパワースポットです!

さらに歩くと「守り猫」が見えるスポットがありますよ♪頂上で森を見渡して山を守っている猫の姿のように見えるスポットがあるので
ぜひ、探してみてください!!

3回くぐると新しく生まれ変わると伝えられている「生まれ変わりの岩」1回目で悪い過去(失恋・失敗・病気)を捨て、2回目でリセット、3回目で新しく生まれ変わるといわれていますよ!

3回通ってマハエは生まれ変わってきます!!

そして「美ら海展望台ステージ」に到着☆彡沖縄本島最北端の海を見渡せますよ~!

奥の方には鹿児島県の与論島がほのかに見えました(≧▽≦)

他にも辺戸岬や

ヤンバルクイナの後ろ姿も!!

美ら海展望台の後は烏帽子岩の近くを歩くことができますよ(^▽^)

最後に「烏帽子岩」で記念撮影♪

運動の後は沖縄石の文化博物館にあるヤンバルジェラートを食べてひと休み♪

6種類の味が選べますよ(*´▽`*)沖縄石の文化博物館限定で販売されている「長命草」と「カラキ」があります!

限定商品の「カラキ」と「長命草」☆彡カラキは甘すぎずほんのりシナモンの味がします!
長命草はちょっぴり苦みがあるけど、ミルクの甘さとミックスされておいしくいただけました!
カラキも長命草も大石林山の敷地で育てられているのだそうです☆

「大石林山 沖縄石の文化博物館」では沖縄の島々の成り立ちや文化を石から学べました!皆さんも沖縄の石に触れて、沖縄の歴史を学んでみてはいかがでしょうか♪

~関連リンク~
大石林山 沖縄石の文化博物館

 

 

 

 

 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール