Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年2月15日

期間限定イベント!ビオスの丘・いちご摘み体験&とまと摘み体験

はいたい♪マハエです!
うるま市にある「ビオスの丘」の期間限定イベント「いちご摘み」と「とまと摘み」体験がスタートしました!

昨年に続き、マハエは今年も参加させていただきました~♪
楽しかった摘み取り体験の様子をレポートします(≧▽≦)

イチゴとトマトのハウスがある場所までは、巡車(みぐいぐるま)に乗って移動します。
巡車の乗り場までの散策中、カラフルな花や生い茂る植物の観賞を楽しみました♪

ビオスの丘には、自然を感じさせてくれる光景がたくさんあり、訪れるたびに癒されます。。

イチゴのハウスに到着しました♪

イチゴの苗がズラリと並んでいます!

真っ赤に実った果実がかわいい♪

今年は、数種類のイチゴが栽培されています☆

摘み取ったイチゴは、専用のカップに入れておみやげにできるんですよ。

さぁ、イチゴを摘んでいきます~♪

赤く熟したイチゴを味見しながら摘みます。
品種によって甘さや酸味のバランスが異なり、食べ比べるのが楽しい(*´▽`*)
なんといっても、摘みたてでみずみずしい果実をいただけるのがうれしいです☆

マハエは、4種類のイチゴをバランスよく摘みました!

たくさん摘めました~♪

うれしいおみやげができました(≧▽≦)

続いて、とまと摘み体験のハウスにやってきました!

ミニトマトがたくさん実っています!

このように、ミニトマトは茎に近い実から赤く熟します。

トマトも赤く熟したものを摘んでいきます!

スタッフの方に「高い位置にあるトマトの方が甘いのでそちらを摘んでくださいね」とのアドバイスをいただきました。
低い位置に赤く実っているものと高い位置のものを味見をして比べてみたところ、
高い位置の実の方が甘くて味が濃く、はっきりと違いがわかりました!

とまと摘みも楽しい♪

たくさん摘みましたよ~(≧▽≦)

真っ赤でつやつやしていてかわいい☆もうひとつうれしいおみやげができました!

ビオスの丘のいちご摘み、とまと摘み体験は、期間限定のイベントです。

開催中にぜひ皆様もご参加ください!

・・・おまけ・・・
園内で月桃の花を発見☆
沖縄では通常5~6月頃に咲く花なので、うれしいサプライズでした!

 

★ビオスの丘のいちご摘み、とまと摘み体験の情報は、公式サイトで毎日更新されています!
ビオスの丘公式サイト・最新ニュース一覧

 

【関連リンク】

ビオスの丘

2月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄のアクティビティ・体験

2019年2月6日

沖縄の夜がさらに熱くなる!ナイトエンターテインメント誕生☆彡

はいたい♪マハエです!
沖縄の文化や芸能を体感できるナイトエンターテインメント「RYUKYU AMAZING NIGHT」がスタートし、
マハエはさっそく会場の那覇市松山にある「EPICA OKINAWA」さんを訪れました☆彡

世界中の誰もが楽しめる“ノンバーバル”のステージということで、マハエはワクワクしながら鑑賞しました~♪

沖縄の伝統芸能と和の要素を取り入れた新しいスタイルのダンスが次々と披露されます!

きらびやかな空間と迫力あるパフォーマンスにマハエは釘づけ!

みごたえたっぷりのステージでした!

キャストの皆さん、とても素敵でしたよ~(≧▽≦)

最後に特別に記念撮影もさせていただきました♪
ありがとうございます!!

「RYUKYU AMAZING NIGHT」は、これからもどんどん進化をとげていくとのことなので、これからも楽しみです♪

 

<RYUKYU AMAZING NIGHT>
開催:2019年2月4日(月)~3月29日(金) ※毎週月・金曜日
時間:20:00~21:00(60分)
会場:EPICA OKINAWA(那覇市松山1-5-1 ナムラビル3F)
料金:1,500円 ※通常料金:3,000円
入場の案内:16歳未満は保護者同伴
公式サイト:https://ryukyu-amazing-night.com/

 

【関連リンク】

特集/琉球音楽と楽しむ夜

特集/沖縄の伝統芸能・エイサー

沖縄のイベント

2019年1月25日

宮古ブルーに感動☆宮古島&池間島ドライブ♪

はいたい♪マハエです!
宮古島へ行ってきました!

「宮古ブルー」と称される美しい海や風景を堪能し、感動の連続でした☆
今回立ち寄ったスポットをピックアップしてレポートしますね!

まずは、与那覇前浜ビーチに訪れました!

ビーチに足を踏み入れると、青い海と白い砂浜が目に飛び込んできます☆彡

海は透きとおっていて、とても美しい(≧▽≦)
訪れるたびに感動します☆☆☆

砂浜は、さらさらとした砂が心地よく、裸足で歩きたくなっちゃいました♪

ビーチのすぐお隣にある漁港の桟橋からは、海をより間近に見ることができました!
宝石のような美しさです(∩´∀`∩)

与那覇前浜ビーチは、毎年4月の初めに海開きが開催されます。
今年の開催も楽しみです♪♪

少し北上し、西平安名崎へやってきました!
島の中心から見て西の突端に位置しています。

ごつごつとした岩の先にあざやかな青い海が☆

反対側に目を向けると、また違う趣きの風景が広がります。

太陽が反射して、キラキラと輝いていました☆

さらに少し北上し、池間大橋を渡りました!

全長1,425mの橋で宮古島と池間島を結んでいます。

車窓から見下ろす海もとても美しい(*´▽`*)

橋の途中にある駐車場からも海を見渡せますよ。

いつまでも眺めていたい美しさでした☆☆☆

宮古島や周辺の島の景色は沖縄の誇りだと、あらためて思いました!
実際に足をお運びいただき、目にしていただきたい風景ばかりです♪

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/宮古諸島

与那覇前浜ビーチ

西平安名崎

池間大橋

リトハク/宮古諸島のグルメ・遊び・イベント

2019年1月11日

【旧暦行事】ムーチー(鬼餅)作りに挑戦しました!

はいたい♪マハエです!
南城市で開催されたムーチー(鬼餅)作り体験に参加しました\(^▽^)/

「ムーチー(鬼餅)」とは、旧暦の12月8日に月桃やクバの葉で包んで蒸したお餅を神仏におそなえし、
子どもの成長を願う行事です。

体験の前に南城市とムーチーのかかわりについてお勉強しました。
ムーチーには起源となった伝説があり、その舞台のひとつが南城市なのだそうです!

お勉強の後、ムーチー作りがスタート!

今回は“カラフルムーチー”の作り方を教わります♪
カラフルなムーチーってどんなものだろう?とワクワク(≧▽≦)

参加者の方々と一緒に調理開始です!

5種類のハーブでカラフルに色づけするそうです♪
すべて南城市産のハーブだそうです!

1.ハイビスカス
ビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています!
ビタミンC、クエン酸は、美肌効果を期待できるんですよ(∩´∀`∩)

2.ウコン
クルクミンが豊富に含まれています!
クルクミンは、肝機能の不調の改善効果を期待できます☆

3.ヨモギ/長命草
さまざまな効能と栄養素が含まれています!
婦人科系の症状を緩和する効果が期待でき、長命草はそれにプラス、ポリフェノールによる美容効果も期待できます☆

4.バタフライピー
アントシアニンの含有量がブルーベーリーの約4倍もあります!
アントシアニンには、目の疲労を改善したり、アンチエイジング効果が期待できます☆

5.黒ニンジン
この色の成分は、ポリフェノールなんだそうです!
ポリフェノールには、強い抗酸化作用で美容効果が期待できます☆

もち粉、砂糖、水とハーブはそれぞれ分けてまぜます。

耳たぶくらいのかたさになるまでこねていきます。

ほんのり色づいて、きれい~(*´▽`*)

参加者の皆さんも1度にこんなにカラフルなムーチーを作られるのは初めてだそうで、とても楽しそうでした♪

こねたら、月桃の葉に包みます。

マハエは、2色ずつ並べてみました♪

複数の色を組合せている方もいらっしゃいましたよ~(*´▽`*)

こちらは全色を組合せされていました\(◎o◎)/

このように包んでいきます。

ほどけないようにビニールひもでしばります。
ひももカラフルにすると楽しいですね♪

この後蒸し器に入れ、強火で20分ほど蒸します。

ワクワクしながら20分待ち・・

蒸し上がったムーチーは、こちらです!

月桃の葉のいい香りがただよいます。。

皆さんと試食タイムです~\(^▽^)/

色あざやかに完成していました♪♪

いただきます~!

ほんのりと甘く、もちもちしていて、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

カラフルで見た目にも楽しく、さらにハーブが入っているのもうれしいポイントです♪

5色すべていただきました^ ^

今年は、1月13日が旧暦の12月8日にあたります。

日を合わせて、再度カラフルムーチーを作り、チムやククルにもふるまおうと思います♪♪

 

【関連リンク】

旧暦行事カレンダー(旧暦10-12月)

伝統文化と慣習

1月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

沖縄でしたい10の食体験 /南城市の聖地めぐりと地元食材たっぷりの料理をいただく

 

 

2018年12月28日

110年ぶりに復活!沖縄そばのルーツ「唐人そば」

はいたい♪マハエです!
沖縄そばのルーツである「唐人(とうじん)そば」が、今年の6月に沖縄県内の沖縄そば店で発売になりました☆彡

唐人そばについてくわしく知りたいと思い、沖縄そば発展継承の会の会長である野崎真志さんにお話をうかがいました。
野崎さんが中心となり研究や開発がなされ、唐人そばが110年ぶりに復活したんですよ!

お会いした場所は唐人そばを提供されているお店のうちのひとつ、那覇市壺屋にある「そば処 大笑(うふわらい)」さんです。

野崎さんはこのTシャツを着用し、日々活動されているそうです!
“すば”は「そば」、“じょーぐー”とは「大好きな人」「愛好家」を意味する沖縄の言葉です。
野崎さんは自他ともに認める“すばじょーぐー”なんです!

沖縄そばのお店を営業されていた経験もあるそうですよ。
マハエもこのTシャツ、着たいな~(≧▽≦)

唐人そばを復活させるきっかけとなったのは、沖縄そば発展継承の会が毎年開催されている
「沖縄そばスタンプラリー」だったそうです。
現在、第8回が開催されています!

一昨年の第6回開催時のアンケートに「沖縄そばのルーツの知りたい、食べてみたい」とコメントがあったことから、
翌年第7回で「唐人そば」をラリー達成上位入賞者の特典として提供したそうです。

そこから評判が広がり「唐人そばを食べてみたい」という声が多く寄せられ、大勢の方に食べていただけるように
お店でも提供しようということになり、さらに研究を重ねられたとのこと。

商品化にあたり、さまざまな資料や文献を頼りにさらに唐人そばについて調べられた野崎さん。

調べた中で最古の資料が、1902年発行の県内新聞紙に掲載されていた「支那そば屋」の広告でした。

支那そば屋は、宮崎県出身の福永義一さんが経営されていたお店で、中国人(支那人)の方が料理人を務めていました。
支那人が作っているそばということで「トーンチュスバ(唐人そば)」と呼ばれていたそうです。

その支那そば屋に勤めていた比嘉牛さんという方が、1905年に自らお店を開業し、そちらでもしょう油ベースの黒いスープの
そばが提供されるようになりました。

実際に唐人そばを見てみましょう\(^▽^)/
過去の文献の記述によると、具は「ねぎと豆粒大の豚肉のみ」だったそうです。

現在の沖縄そばの具とほぼ同じ食材ですが、豚肉の形状が異なりますね。

次に麺に注目!
「昔は麺が太かった」という数々の証言をもとに、太めの麺を用いることにしたそうです。

伝統的な「木灰そば」の味を再現するため、その成分を分析し開発した、専用のアルカリ剤を使用し製麺されています!

木灰そばとは、がじゅまるなどを燃やした時に発生する灰を水につけた、木灰水のうわずみを混ぜて作られていた麺です。
沖縄では現在もこの木灰そばを使用されている沖縄そばのお店がありますよ。

復活した唐人そばでは、食感を出すためにちぢれも加えたそうです。

そして最も特徴的なのが、スープです!
資料には、唐人そばのスープは「しょう油味の黒いスープ」と記述されていたそうです。

現在の沖縄そばで、このような黒いスープをマハエは見たことがありません!

「唐人そば」誕生から20年近くにわたり、しょう油ベースの黒いスープが主流でしたが、その後「ゆたか屋」さんというお店が
塩ベースの白いスープのおそばを提供し始め、それが現在の沖縄そばに発展したそうです!

しょう油味のスープをそのままに提供すると、敬遠されるかもしれないと予想した野崎さんたちは、
色を再現しつつ、現在の沖縄そばのスープの味に近づけるため、研究と試作を重ねました。

このスープの開発が一番苦心されたそう。

完成までに約10ヵ月を要し、ようやく「唐人そば」が誕生しました☆彡

それでは、唐人そばをいただきます~!

麺は、もちもちとした食感でありながらのどごしもよく、食べごたえがあります!

スープは、開発のお話を聞いた後でも、実際に見ると味が濃いかも・・と想像したのですが、
まったくくどさがない、ダシがきいたおいしいスープです!

いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆

麺もスープも具もペロリとたいらげましたよ~^ ^

野崎さんには、沖縄そばについてさらにお話をうかがいました。

現在、沖縄そばのお店は、残念なことに減少傾向にあるそうです。

野崎さんは、沖縄県民のソウルフードである沖縄そばをなくしたくない!そばじょーぐーが増えてほしい!
という思いを胸に、イベントや小中学校で沖縄そば作り体験の出張教室などを開催されています。
そして、夢は「沖縄そば博物館」を作ることだそうです!

素敵☆
沖縄そば博物館の設立が実現するといいな(≧▽≦)

唐人そばは、沖縄県内の複数の店舗でいただくことができます!
ぜひ皆様も沖縄そばのルーツを味わってみませんか♪

大晦日が近づき、年越しそばは何をいただこうかと胸をはずませているマハエでした(*´▽`*)

 

【関連リンク】

沖縄そば発展継承の会 公式サイト(外部)

定番の沖縄グルメ

沖縄のグルメスポット

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール