Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年10月17日

【10/17は沖縄そばの日】石垣島で八重山そばの食べ歩き♪

はいたい♪マハエです!
10/17は「沖縄そばの日」です。

記念日をお祝いして、今年もそばの食べ歩きを決行!
今年は石垣島へ足をのばし“八重山そばめぐり”をしましたよ~\(^▽^)/

シンプルなものや個性派のものまで、さまざまなおいしいおそばと出会いましたので、レポートします☆

1軒目に真栄里の「石垣島料理 丸八」さんを訪れました!
以前の石垣空港があった場所の近くです。

まずはシンプルな「八重山そば」をオーダーしました!
いただきます~♪

細切りの豚肉がトッピングされているのが、八重山そばの特徴ですね☆
かまぼこの細切りがトッピングトッピングされていることも多いですよ。

麺は、沖縄本島の沖縄そばより細めで断面が丸いタイプです。
するするとのどごしのいい麺は、自家製麺だそうです!

トンコツやカツオなどでダシを取ったスープは、あっさりしているけどコクがあります!
麺もスープもとてもおいしい☆☆☆

石垣島をはじめ八重山の島にお越しの際は、八重山そばをぜひ召し上がっていただきたいです!

他にも気になるメニューがあり・・オーダーしました^ ^

石垣牛そばです!
石垣島で育てられた石垣牛や美崎牛が使用されているそうです!!

石垣牛そばはスープのフレーバーちがいで4種類あります。
その中から一番人気の「4種のみそにんにく牛骨だし」をお願いしました♪

運ばれてきた石垣牛そばは、とてもいい香り。
香りだけでもおいしいと期待ができます(∩´∀`∩)

いただきます~!牛骨だしのスープににんにくが効いていて、おいしい!
どんどん食べられちゃいます(≧▽≦)

牛肉、結び昆布、大根、にんじんなどがトッピングされ、ボリューム満点!
スタミナがつきそうです☆☆☆

がちまやー(食いしん坊)なマハエに「じゅーしぃも食べてね~」と、こちらもいただきました♪
丸八さんのじゅーしぃは、島ではおなじみの香辛料・ピパーツの葉を使った「ぴぱーつじゅーしぃ」なんですよ!

ピパーツの香りに食欲がかきたてられ、ペロリと完食しました(*^▽^*)

お店の代表・久子さんとその妹さんの美奈子さん。
看板娘でもあるお2人♪

丸八さんは、お2人のご両親が戦後まもなく創業され、50年以上の歴史を誇る老舗でしたが、
先代であるお母様がご高齢になり体調を考慮し、2006年に一旦閉店されました。

その後、地元の方々に親しまれていた丸八さんの味の復活を望む声が多く寄せられた為、
久子さんが一念発起し、2015年にお店を再開されたのだそうです。

先代の頃は、美奈子さんはお店の店員として働き、久子さんはまったく違うお仕事をされていたそうで、
久子さんがお店を再開させると決めた時は「急に言い出したから、とってもびっくりしたわよ~」と、
美奈子さんは笑いながら教えてくれました^ ^

姉妹ならではの和気あいあい、ほのぼのとした雰囲気にマハエもほっこり(*´▽`*)

店内には、丸八さんや八重山そばの歴史がわかるギャラリーもありました。

お店に行かれた際は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

おそばもじゅーしぃもいっぺーまーさん(とってもおいしい)でした!
ごちそうさまでした☆☆☆

 

丸八さんから少し移動して、登野城の「キミ食堂」さんへやってきました!
「味噌そば」の文字にワクワク♪

まずは看板メニューの「味噌そば」をオーダー!レタス、もやしなどがたっぷり!!
想像を超えるビジュアルにおどろきました\(◎o◎)/

いただきます~♪

もちもちとした麺とシャキシャキの野菜がお味噌のスープとからまり、おいしい☆

ちょっと濃い目のお味噌のスープ。
キミ食堂さん自家製の特製味噌だそうです!

味噌スープのうま味に食欲がかきたてられ、あっというまに完食^ ^

これもおすすめ!と教えてもらったのが、こちら「ピリ辛味噌そば」です。

味噌そばに辛みそがたっぷり♪
刺激のある辛味がクセになります(≧▽≦)

特に若いお客様に人気で、1日に40~50杯ほどのオーダーがあるそうです!

最後に・・気になっていた「月見そば」もオーダーしちゃいました♪
味噌そばに目玉焼きがドーンとトッピングされています!

目玉焼きの黄身をくずすとスープに溶け出し、まろやかな味わいになります(∩´∀`∩)
味噌そば、ピリ辛味噌、月見と3つの味をいただけて、ハッピーな気分♪

お店のオーナーのキミさん。
お店を切り盛りされて46年以上になるそうです!
もう1人のスタッフの方がお休みだった為、この日は続々と来店するお客様にキミさんお1人で
てきぱきと対応されていました。

お客様の中に、近隣にお勤めの方で毎日キミ食堂さんに通っているという方もいらっしゃいました!
「ランチはここで食べないと落ち着かない」のだそう(*´▽`*)

キミさんは、お店のお客様のお母さん的存在なのかもしれませんね♪

味噌そばは、お店を出てすぐにもかかわらず「また食べたい・・」と思ってしまう、忘れられない味でした。。

どのメニューもいっぺーまーさん(とってもおいしい)でした!
ごちそうさまでした☆☆☆

 

3軒目はこちら!
島の北側、玉取崎展望台近くにある、伊原間の「南ぬ(ぱいぬ)」さんへやってきました!
「かれーそば」がメニューにあるとの情報を事前に知り、マハエは興味津々♪

「グランピングリゾートヨーカブシ」さんの建物の中にお店があります。

まずは、シンプルな「沖縄そば・ラフテー付き」をいただきます!

ラフテーがはみだしそうなほど大きい!!
トンコツとカツオがブレンドされた自家製スープは、うま味たっぷりでまーさん(おいしい)☆

麺はもちもちとした食感でした♪
味がしみこんだラフテーもおいしかったです~☆

あっというまに完食^ ^

次に、お店の看板メニュー「かれーそば」にチーズがトッピングされた「沖縄ちーずかれーそば」をオーダー!

チーズがたっぷり!
隣にそえられた肉みそを崩して溶かしたりなど、少しずつ味を変化させて楽しむこともできます♪

濃厚なチーズが麺にからみます!
カレーのスープもダシが効いていて、こちらもまーさん☆

おいしさに夢中になり、こちらもあっというまに完食しました(≧▽≦)

シェフの武知(たけとも)さんにお話しをうかがいました。
厨房は武知さんお一人で切り盛りされているそうです!武知さんは、京都で人気のうどん屋さんで10年ほど修業をされた後、東京でお店を開いたことが縁で
現在はこの南ぬさんでおそばを作られています。

ダシにはこだわりがあり、トンコツを約14時間かけて煮込んだり、京都の専門店からカツオを仕入れたりしつつ、
石垣島の環境とうまく共存しながら、南ぬさんのダシのレシピを編み出したそうです!

「おいしいものを提供することに妥協はしたくない」と、熱い思いを教えてくださいました!

この情熱が、おいしいおそばが誕生する出発点なんですね☆彡

お店の外のプールサイドでもおそばをいただくことができるそうです。
リゾート気分も堪能できますね♪

写真に撮りたくなるスポットもたくさんありましたよ~☆

新しいスタイルのおそばは、どちらもいっぺーまーさん(とってもおいしい)でした!
ごちそうさまでした☆☆☆

 

島には八重山そばのお店が他にもたくさんあります!

訪れる機会がありましたら、ぜひお気に入りの一品をさがしてみてください♪

マハエも引続きおいしい沖縄そば、八重山そばをさがしにでかけます\(^▽^)/

 

☆★☆★☆★☆マハエの食べ歩きメモ☆★☆★☆★☆

●「石垣島料理 丸八」
住所:沖縄県石垣市真栄里599-10
電話:0980-87-5483
営業時間:11:00~15:00(売り切れ次第終了の場合あり)
定休日:年中無休

●「キミ食堂」(本店)
住所:沖縄県石垣市登野城319-6
電話:0980-82-7897
営業時間:10:00~19:00(売り切れ次第終了の場合あり)
定休日:水曜日

●「南ぬ(ぱいぬ)」
住所:沖縄県石垣市伊原間2-737
電話:0980-89-2351
営業時間:11:00~売り切れ次第終了
定休日:不定休

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【関連リンク】

マハエの沖縄ダイアリー/【10月17日は沖縄そばの日】県産食材にこだわった沖縄そばを食べ歩き♪

特集/定番の沖縄グルメ

沖縄まるわかり/八重山諸島

2018年10月11日

沖縄観光の新定番!?沖縄空手会館のグルメとおみやげ♪

はいたい♪マハエです!
沖縄空手会館に新しいグルメとおみやげが登場したと聞き、マハエはさっそくやってきました☆彡

どんなおみやげがあるのでしょうか♪
さっそくショップをのぞいてみましょう(≧▽≦)

まずはこちら!
「てぃびちカレー」です。

「てぃびち」は沖縄の言葉で「豚足」を表します。
沖縄県産豚肉のてぃびちや三枚肉が煮込まれたレトルトカレーだそうです☆
道着のデザインのパッケージも素敵ですよね(*´▽`*)

次に「瓦割せんべい」を発見!

瓦割りの瓦風の型に空手にまつわるイラストなどが焼き印されたおせんべいです。
“沖縄限定”なので、沖縄通の方にも喜ばれそうです♪

こちらは「沖縄空手銅鑼焼(どらやき)」!

沖縄ではなじみ深い紅芋あんがサンドされたどらやきです!
スイーツ好きの方にもご満足いただけるのではないでしょうか♪

マハエがパッケージになっている「沖縄シーサイドストーリー」も販売されていました!
こちらもよろしくお願いします(∩´∀`∩)

空手モデルの泡盛も種類豊富に揃っていました!

どれも個性豊かで、コレクションしたいです\(^o^)/

ファッションアイテムもありましたよ♪
ワイシャツやTシャツ。

ネクタイも!
おしゃれなメンズにぴったりです☆

空手をモチーフにしたイラストのトートバッグも♪
注目を集めること間違いなし!
コーディネートで差をつけたい女子の皆さんにぜひ愛用していただきたいです☆

沖縄空手会館オリジナルのタオルもありますよ。
お立寄りいただいた記念のおみやげとしていかがでしょうか♪

館内にある「そば処 手(てぃ)」では、先ほどショップで見つけた「てぃびちカレー」が
新メニューとして登場していました☆彡
「空手カレー」というメニューで提供されています。

マハエは、さっそくオーダーしました^^
いただきます~♪

トロトロに煮込まれたてぃびちや三枚肉のブロックが入っています☆
まーさんでした(おいしかったです)!

もうひとつ、沖縄空手会館でご覧いただきたいコーナーがあります。

こちらの「空手の樹」です!
空手愛好家の方の目標や空手に対する熱い思い、沖縄空手会館へのメッセージなど
さまざまなコメントが書かれた紙札が寄せられています!

日本国内の方はもちろん、フィリピン、インドネシア、スリランカ、アメリカ、アルゼンチン、
フランス、ポーランド、スイス、スロベニアなど・・世界各国から足をお運びいただいていました!
空手がどれほど多くの方に愛されているのかを実感でき、マハエはとても感動しました☆

そして、空手の発祥の地といわれている沖縄をさらに誇りに思いました!

こちらの紙札は、ショップで販売されています。
お立寄りいただいた際にメッセージを寄せていただけると、うれしいです♪

会館には他にも、空手に関する資料や体験コーナーが揃う展示施設もあり(有料)、
空手の経験がない方もお楽しみいただける施設となっています!

10月25日の「空手の日」には守禮の館にて「奉納演武」もおこなわれますよ~!

沖縄空手会館でより多くの方に空手に親しんでいただきたいです!
皆様のご来館をお待ちしています♪

 

【関連リンク】

沖縄空手会館

特集/沖縄から世界へ伝わる「空手」の文化

イベント/「空手の日」奉納演舞・記念演武祭

 

2018年10月3日

世界中のお客様をお迎え!「沖縄観光情報センター」オープン

はいたい♪マハエです!
10月1日に沖縄観光情報センターがオープンしました☆彡

那覇バスターミナル、ゆいレール旭橋駅に直結した「カフーナ旭橋(A街区)」2階にあります!
那覇バスターミナルも新しくなり、同じく10月1日より運用が開始されました(≧▽≦)

沖縄観光情報センターの中へ入ると・・

沖縄の伝統や文化を感じさせてくれる展示コーナーがあります。

作品をじっくりと鑑賞できます。

フロアは広々としています\(^0^)/

ガイドブックやパンフレットが充実していましたよ~!
日本語を始め、英語、中国語、韓国語やタイ語などの多言語にも対応しています!

総合ガイドだけでなく、各自治体や観光スポットなどのパンフレットもありました。

また、言語別に対応しているタブレット端末も!

旅の計画をたっぷり練れそうですね(∩´∀`∩)

海外からお越しのお客様の日本の風習を体験していただく着付け体験や文化体験の案内コーナーや

車椅子やベビーカーの貸出し窓口もありました。

フリーWi-Fi、手荷物預かり、配送など各種サービスも整備されています!

沖縄にお越しいただく方が、より快適に旅をしていただけるのではないかと期待に胸がふくらみます☆

皆様も沖縄へお越しの際は、ぜひ沖縄観光情報センターにお立寄りください!

 

【アクセス情報】
住所:〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1丁目20
電話:098-953-8271

 

【関連リンク】

観光ニュース「10/1沖縄観光情報センターがオープン!」

沖縄まるわかり

沖縄の交通アクセス

 

2018年9月28日

「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」がオープン☆彡

はいたい♪マハエです!
8/21恩納村瀬良垣島に「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」がオープンしました☆彡

海にぐるりと囲まれた、素敵なロケーション♪ 新しく誕生したばかりのリゾートホテルをマハエがレポートします\(^▽^)/

瀬良垣島と沖縄本島は橋で結ばれています。

駐車場がある本島側からホテルオリジナル「トゥクトゥク」の送迎サービスでこの橋を渡れます!

瀬良垣島へ向けて出発!

1分もかからずに到着しました♪ ホテルの屋根には赤瓦が施されています。
沖縄を感じさせてくれるデザインですね(*´▽`*)

さぁ、中へ入ってみましょう♪

ロビーは、高さ約8mもあるそうです! 広々とした空間がうれしいですね♪
沖縄ではおなじみの「花ブロック」からヒントを得たという、木の格子が沖縄の強い太陽の日差しをやわらげ、
美しい木漏れ日のような影を作り出します。

ロビーには、デザインが異なるたくさんのソファーが置かれているのですが、これは、ハイアットさんの
テーマのひとつ「つながり=コネクト」に基づき、大勢の方に、ここで人や土地、空間との「つながり」を
持っていただきたいという思いからなのだそうです!

エスカレーターで2階へ上がると、ロビーが見渡せますよ。

この2階から屋外プール、ビーチゾーンへ向かうことができます!

外へ出ると、こちらにもソファーセットが。

ソファーセットの前には涼し気な風景が広がります。

プールゾーンへやってきました!

こちらは「グスクプール」です。 水深の浅いキッズプールもありますよ。

沖縄の城(グスク)の壁をモチーフにした曲線が特徴です! 沖縄由来のモチーフがあちらこちらで見られるので、マハエはとてもうれしい(≧▽≦)

海へと続いているようなデザインになっています♪

さらに海側には、インフィニティな光景を楽しめる「ラグーン」があります。 ラグーンの水は、海水を循環したものを使用しているそうです!

デッキチェアゾーンは砂浜のようになっていて、まるで海にいるような気分を味わえます☆

上からプール、ラグーンを見下ろすとこのような感じです。 海と一体になっているように見えますね♪

次は、客室へ行ってみましょう!

瀬良垣島の「ザ・アイランド」には320室、沖縄本島側の「ザ・ビーチハウス」には24室あり、
総客室数は344室となっています。

こちらは、「ザ・アイランド」のスタンダードツインです。 ゆとりが感じられる空間です。

全室、オープンエアーのバルコニーつきです! オーシャンビュー、ラグーンビュー、コーストビュー、ハーバービューと
お部屋のタイプにより四方向の海の景色をお楽しみいただけます!

木目調のインテリアでまとめられていて、ぬくもりが感じられました。 のんびりとステイしてみたいです~(*´▽`*)

スイートルームは、74~181平米までさまざまなタイプの16室が揃います。

その中で一番広い181平米の「瀬良垣アイランドスイート」を見学させていただきました☆

ベッドルームとバスルームが続いています!

境目を極力省き、“シームレスな空間”をテーマにしているそうです。

リビングルームにもゆとりが感じられます。

コーナールームなので、バルコニーから海がぐるっと見渡せます!

お部屋とバルコニーを合わせると、338平米もあるそうです!

いつかステイしてみたいと夢がふくらむスイートルームでした(∩´∀`∩)

沖縄本島側に建つ「ザ・ビーチハウス」の客室も見てみましょう♪ 駐車場のお隣に位置しており、ビーチが目の前に広がります。

こちらはスタンダードルームです。 リビングスペースを備えた、広々としたお部屋です!

窓側にはデイベッドがあり、海を眺めながらのんびりお昼寝などもできちゃいます♪

ザ・ビーチハウスは、すべての客室にキッチン(または簡易キッチン)が完備されており、
長期滞在にも適していますよ。

レストランにも行ってみましょう♪

レストランは、「ザ・アイランド」にあります。

1Fの「オールデイダイニング セラーレ」では、朝食ビュッフェ、アラカルトでランチ、ディナーをいただけます。

奥にはイタリアンディナーがいただける「クッチーナ セラーレ」もありますよ。

2Fにはスペシャリティレストラン「シラカチ」があります。 街並みのような空間の中に、日本料理、鉄板焼、炉端、鮨のコーナーが揃います!
(鮨のみ現在開店に向けて準備中です。)

炉端のコーナーは海に面しています☆おいしい食事をいただきながら、美しい風景も堪能できますね(≧▽≦)

ホテル内には他にも施設が揃っています。

スパ、ネイルサロン、屋内プールフィットやネスセンターなど。 充実したステイができますね♪

ハイアットさんが展開しているサービスのひとつで、日本初登場となる「キャンプハイアット」もありました! 4~12歳のお子様が対象の施設です。

講座や教室、アクティビティなどのプログラムが対象年齢別で用意されており、
お子様にさまざまな体験をしていただける機会となっています☆

お子様がキャンプハイアットに参加しているあいだに、お父さんやお母さんが
ホテルステイをさらに満喫していただける、うれしいサービスですね♪

沖縄にまた新たにホテルが誕生し、マハエはワクワクしています! 次回はのんびりとステイを楽しみたいと思います♪

 

【ホテルアクセス情報】
住所:〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地
電話:098(966)2589 (予約専用番号)
公式サイト:hyattregencyseragaki.jp

 

【関連リンク】

ローカルNEWS「8/21 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランドがオープン」

沖縄の宿泊情報

 

2018年8月31日

美しい眺めをめぐる旅♪玉取崎展望台・平久保崎・エメラルドの海を見る展望台

はいたい♪マハエです!
石垣島へおでかけしました!

島めぐりの途中、いくつもの美しい風景を見ることができました☆
その中から海を眺められるスポットを厳選して紹介します!

【玉取崎展望台】
島の北側、伊原間(いばるま)地区に「玉取崎展望台」があります。

展望台までの歩道にはハイビスカスがたくさん咲いていて、お散歩するのも楽しい♪

5分ほど歩くと、展望台が見えてきました!

展望台からの眺めです☆

リーフが見えるほどの美しさです(≧▽≦)

パノラマビューをお楽しみいただけますよ!

海の青、葉の緑、花の赤など色彩豊かな風景が見られます♪

 

【平久保崎】
玉取崎展望台からさらに北上すると、島の最北端「平久保崎」に到着します。

現在は入場ができませんが、灯台が目印のスポットです!

見下ろす海は、美しいグラデーション☆

こちらもリーフがよく見えます!

国内だけでなく海外からもお客様が訪れ、風景を楽しまれていました(*´▽`*)

 

【エメラルドの海を見る展望台】
島の中央付近にある「バンナ公園」の中に「エメラルドの海を見る展望台」があります。

こちらの展望台もパノラマビュー♪
名前の通り、エメラルドグリーンの美しい海と周辺の島々も見ることができます!

竹富島が見えました!
向かって右側、海の中に見えるのが竹富島です。

展望台には備え付けの望遠鏡があるのですが、のぞくと竹富島の港がはっきりと見えました☆

サザンゲートブリッジも見えました~!

お隣にも展望台があり、さらに上層からの眺めを楽しむことができます!

海と島が見られる、贅沢な空間でした(∩´∀`∩)

石垣島には他にもたくさんの素敵な風景があります。

訪れられた際は、ぜひ美しい眺めをお楽しみください♪

 

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/石垣島

玉取崎展望台

平久保崎

バンナ公園

 

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール