Home > マハエの沖縄ダイアリー

2018年9月28日

「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」がオープン☆彡

はいたい♪マハエです!
8/21恩納村瀬良垣島に「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」がオープンしました☆彡

海にぐるりと囲まれた、素敵なロケーション♪ 新しく誕生したばかりのリゾートホテルをマハエがレポートします\(^▽^)/

瀬良垣島と沖縄本島は橋で結ばれています。

駐車場がある本島側からホテルオリジナル「トゥクトゥク」の送迎サービスでこの橋を渡れます!

瀬良垣島へ向けて出発!

1分もかからずに到着しました♪ ホテルの屋根には赤瓦が施されています。
沖縄を感じさせてくれるデザインですね(*´▽`*)

さぁ、中へ入ってみましょう♪

ロビーは、高さ約8mもあるそうです! 広々とした空間がうれしいですね♪
沖縄ではおなじみの「花ブロック」からヒントを得たという、木の格子が沖縄の強い太陽の日差しをやわらげ、
美しい木漏れ日のような影を作り出します。

ロビーには、デザインが異なるたくさんのソファーが置かれているのですが、これは、ハイアットさんの
テーマのひとつ「つながり=コネクト」に基づき、大勢の方に、ここで人や土地、空間との「つながり」を
持っていただきたいという思いからなのだそうです!

エスカレーターで2階へ上がると、ロビーが見渡せますよ。

この2階から屋外プール、ビーチゾーンへ向かうことができます!

外へ出ると、こちらにもソファーセットが。

ソファーセットの前には涼し気な風景が広がります。

プールゾーンへやってきました!

こちらは「グスクプール」です。 水深の浅いキッズプールもありますよ。

沖縄の城(グスク)の壁をモチーフにした曲線が特徴です! 沖縄由来のモチーフがあちらこちらで見られるので、マハエはとてもうれしい(≧▽≦)

海へと続いているようなデザインになっています♪

さらに海側には、インフィニティな光景を楽しめる「ラグーン」があります。 ラグーンの水は、海水を循環したものを使用しているそうです!

デッキチェアゾーンは砂浜のようになっていて、まるで海にいるような気分を味わえます☆

上からプール、ラグーンを見下ろすとこのような感じです。 海と一体になっているように見えますね♪

次は、客室へ行ってみましょう!

瀬良垣島の「ザ・アイランド」には320室、沖縄本島側の「ザ・ビーチハウス」には24室あり、
総客室数は344室となっています。

こちらは、「ザ・アイランド」のスタンダードツインです。 ゆとりが感じられる空間です。

全室、オープンエアーのバルコニーつきです! オーシャンビュー、ラグーンビュー、コーストビュー、ハーバービューと
お部屋のタイプにより四方向の海の景色をお楽しみいただけます!

木目調のインテリアでまとめられていて、ぬくもりが感じられました。 のんびりとステイしてみたいです~(*´▽`*)

スイートルームは、74~181平米までさまざまなタイプの16室が揃います。

その中で一番広い181平米の「瀬良垣アイランドスイート」を見学させていただきました☆

ベッドルームとバスルームが続いています!

境目を極力省き、“シームレスな空間”をテーマにしているそうです。

リビングルームにもゆとりが感じられます。

コーナールームなので、バルコニーから海がぐるっと見渡せます!

お部屋とバルコニーを合わせると、338平米もあるそうです!

いつかステイしてみたいと夢がふくらむスイートルームでした(∩´∀`∩)

沖縄本島側に建つ「ザ・ビーチハウス」の客室も見てみましょう♪ 駐車場のお隣に位置しており、ビーチが目の前に広がります。

こちらはスタンダードルームです。 リビングスペースを備えた、広々としたお部屋です!

窓側にはデイベッドがあり、海を眺めながらのんびりお昼寝などもできちゃいます♪

ザ・ビーチハウスは、すべての客室にキッチン(または簡易キッチン)が完備されており、
長期滞在にも適していますよ。

レストランにも行ってみましょう♪

レストランは、「ザ・アイランド」にあります。

1Fの「オールデイダイニング セラーレ」では、朝食ビュッフェ、アラカルトでランチ、ディナーをいただけます。

奥にはイタリアンディナーがいただける「クッチーナ セラーレ」もありますよ。

2Fにはスペシャリティレストラン「シラカチ」があります。 街並みのような空間の中に、日本料理、鉄板焼、炉端、鮨のコーナーが揃います!
(鮨のみ現在開店に向けて準備中です。)

炉端のコーナーは海に面しています☆おいしい食事をいただきながら、美しい風景も堪能できますね(≧▽≦)

ホテル内には他にも施設が揃っています。

スパ、ネイルサロン、屋内プールフィットやネスセンターなど。 充実したステイができますね♪

ハイアットさんが展開しているサービスのひとつで、日本初登場となる「キャンプハイアット」もありました! 4~12歳のお子様が対象の施設です。

講座や教室、アクティビティなどのプログラムが対象年齢別で用意されており、
お子様にさまざまな体験をしていただける機会となっています☆

お子様がキャンプハイアットに参加しているあいだに、お父さんやお母さんが
ホテルステイをさらに満喫していただける、うれしいサービスですね♪

沖縄にまた新たにホテルが誕生し、マハエはワクワクしています! 次回はのんびりとステイを楽しみたいと思います♪

 

【ホテルアクセス情報】
住所:〒904-0404 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地
電話:098(966)2589 (予約専用番号)
公式サイト:hyattregencyseragaki.jp

 

【関連リンク】

ローカルNEWS「8/21 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランドがオープン」

沖縄の宿泊情報

 

2018年5月31日

北谷の人気エリアに「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」が6/1新規オープン!

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

はいたい♪マハエです!

6/1に北谷町美浜にオープンするホテル「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」さんにやってきました~!

ダブルツリーブランドでは、日本初のリゾートタイプのホテルなのだとか。

オープン前のホテルということでマハエはドキドキ、ワクワク♪

 

まず、ロビーの奥には天井が高くて開放的な「The Lounge(ザ ラウンジ)」が広がります。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

ガラス張りの大きな窓からはたくさんの光が降りそそいでとても開放的!

窓から見えるヤシの木がリゾート気分をさらに盛り上げてくれます。

こちらでは、「The Lounge(ザ ラウンジ)」の隣にある「FRESH CONNECTION(フレッシュコネクション)」で購入された飲食メニューをいただくことができます。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

窓際の席は水のせせらぎも感じられて涼し気ですね♪

チェックイン時におもてなしされている温かいチョコチップクッキーを特別にいただいたので、こちらでいただくことに!

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

このチョコチップクッキーは、ダブルツリーさんの誕生したアメリカで家庭の味として親しまれているお菓子。

まるで自分の家に帰って来たような親しみを感じて欲しいとの思いを込めてお渡ししているのだそうですよ。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

想いのこもった温かいクッキーのおもてなしに、マハエは感動~(*´▽`*)

お味もくるみやシナモンなど色々入っていていっぺ~ま~さん(とても美味しい)!

気になるレシピは、全世界共通なのだとか。

 

ラウンジでくつろいだあとは、「スイートルーム」と「ゲストルームオーシャンビューwithバルコニー(ツイン)」を見せていただきました。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

リビングルームとベッドルームが独立した最上階のスイートのお部屋です。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

茶系でコーディネートされたお部屋には大きなソファーもあってゆったりくつろげます。

ベッドもキングサイズで広々!ぐっすり眠れそうです☆彡

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

もちろん、リビングとベッドルームの両方から海を眺めることができて、バルコニーには、海を見ながらくつろぐことのできるチェアもあります。

目の前に広がる青いパノラマの海から、たくさんのパワーをもらってリフレッシュできそうです♪

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

 

つづいては、「ゲストルームオーシャンビューwithバルコニー(ツイン)」のお部屋。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

このお部屋からもステキな青い海が見えます☆

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

バルコニーからはもちろん、ソファーに腰かけてお部屋の中からもゆっくり海を眺めることができます。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

お風呂には、レインシャワーもついていましたよ。

バスタブも広めなので足を伸ばしてゆったりとつかれそうです。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

 

屋外にあるプールにやってきました。

プールには、色々なタイプのチェアがあってそれぞれのスタイルでくつろぐことができ、飲み物や軽食を買えるプールサイドバーもあります。

わざわざ着替えずにプールサイドで飲み物や食べ物がいただけるのは便利ですね。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

マハエは、屋根とカーテン付きの大きなソファーベッドに一目ぼれ(≧▽≦)

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

奥にはスライダー付のお子様用のプールもあります。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

小さな遊具もあるので泳いだり、遊具で遊んだり飽きずに色々と楽しめますね♪

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

夏季限定で、BBQランチやディナーも楽しめるようですよ。

また、お隣のヒルトンさんにある二つの屋外プールと室内プールも利用できるとのことなのでぜひ利用してみて下さい。

 

2Fにあるレストラン「MaTiira(マティーラ)」にやってきました。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

2面の大きな窓のあるレストランは天井も高くてとても開放的です。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

もちろん、海を眺めながらお食事できちゃいます♪

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

ナフキンやグラスも海とお揃いのブルーでコーディネートされていてとてもステキ☆

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

朝食はブッフェスタイル、ディナーはアラカルトメニューを楽しむことができます。

この日はアラカルトメニューをいただきました~(^^)

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

左上から時計回りに「近海産マグロの叩き アボカドと山葵ソース」「ズワイ蟹とマンゴーのディップ ガーリックトースト添え」「アメリカ産 ブラックアンガスビーフテンダーロイン」「季節の鮮魚のバター焼き 沖縄風」です。

 

3Fにある「43West Rooftop Bar」にやってきました。

右手には、デポアイランド、左手にはカーニバルパーク・ミハマの観覧車の夜景を観ることができます。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

ライトアップされてとても素敵な雰囲気のバーからは夜景だけでなく、サンセットも眺めることができるそうですよ。

海に一番近い席に座ると波の音が聞こえてきました(^^)

北谷の夜景や会話を楽しむのはもちろん、目を閉じて波の音に耳をかたむけ、まったりとするのもいいですね。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

バーなのでお酒はもちろん充実していますが、リクエストに応じて、好みの味のノンアルコールカクテルも作ってもらえました♪

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

この日は、「美浜ブルー」とドラゴンフルーツを使った特注のノンアルコールカクテルをいただきました。

バーからはプールやお隣のヒルトンさんも見えます。昼とはまた違った幻想的な雰囲気にマハエもうっとり☆☆

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

晴れた日のお昼も絶景が広がっていましたよ(≧▽≦)

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

 

ホテルのまわりには歩いてすぐの所にデポアイランドさんもあって、ライトアップがとてもキレイでした~。

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

ぜひ、沖縄にいらっしゃる機会には新規オープンした「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」さんと北谷の街を楽しんでみてはいかがでしょうか~(^-^)/

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート

2018年4月6日

<2018年1月オープン>宮古島「ホテル ローカス」に行ってきました!

はいたい♪マハエです!

今年の1月に宮古島にオープンした「ホテル ローカス」にやってきました!

ホテル ローカス(HOTEL LOCUS)の名前の「LOCUS」は英語で場所、位置などの「LOCAL」の意味で
宮古島の魅力を旅行者の方々に知ってほしいという意味があるそうです!

お部屋は全室平良湾が眺められるオーシャンビューだそうなのでワクワクしています☆彡

プライベートプールとジャグジー付きの「プレミアムプールテラス」から
1人用の「コンパクトルーム」まで様々なタイプのお部屋があります♪

プレミアムプールテラス

プライベートプールとジャグジーが付いていますよ♪

スーペリアコーナーツイン

コーナービューツイン

テラスからは平良湾が眺めます☆

メゾネットダブル

ロフトタイプになっていて、マハエはウキウキしました(≧▽≦)

スタンダードダブル

コンパクトルーム

6つのお部屋のタイプがあるので滞在のシーンに合わせてお部屋を選ぶことができますよ!

各客室には無料の貸し出しスマートフォンが用意されていて滞在中はスマートフォンからフロントに連絡や
無料通話、インターネットにアクセスできるなど自由に使うことができます!!

フロント横にはコンセプトショップがあるのでおしゃれなグッズなども購入できますよ♪

フロントロビーの下にはアクティビティラウンジがありゆっくり寛ぐことができます(*´▽`*)

外にはプールとジャグジーがありますよー!

朝食はハーフビュッフェとなっていて、4種類あるメインから1品選び、サラダなどは自由に選ぶスタイルです!

マハエは「野菜のラップロール」をメインに選びました☆彡
中に入っている野菜がシャキシャキしていてとてもおいしかったです(^▽^)

宮古島にお越しの際は滞在シーンに合わせて「ホテル ローカス」に宿泊してみてはいかがでしょうか♪

~関連リンク~

おきなわ物語/ホテル ローカス

 

 

 

2016年4月28日

新しくなったOkinawa Hip-Hop Busでやんばるの人気スポットを大満喫♪

はいたい♪マハエです。
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」に乗って、
やんばる(沖縄本島北部)を旅しました♪

City sightseeing Okinawa Hip-Hop Busは、これまでは1コースのみでしたが、
4月から新しいコースが3つも登場☆彡

マハエは、新コースのひとつ「沖縄美ら海水族館と辺戸岬・大石林山トレッキングコース」に
参加させていただき、沖縄本島最北端までの旅を満喫しましたよ~!

那覇から北を目指して、しゅっぱーつ!

このバスの大きな特徴は自動音声ガイダンスです!

日本語を含め、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語で対応しているので、外国からのお客様も
各スポットや沖縄についての解説を聞きながら旅を楽しむことができます!

今回のバスは新車でした☆彡
座席、通路とも広々としていて、車内はとっても快適!
Wi-Fiが完備されているのもうれしいポイントです♪

添乗員は、前回と同じドイツ人スタッフのドミニクさん。
ドイツ語はもちろん、英語、日本語も流暢で、やさしく案内してくれます。
安心して旅ができそう~♪

バスは高速道路を進み、伊芸サービスエリアで休憩時間。
このサービスエリアの向かい側にとってもきれいな海が☆☆

こちらは「金武湾」だそうです!
青い海とヤシの木が南国ムードを感じさせてくれます♪

バスの旅は、一般の車両よりもシートの位置が高いから海や風景を見渡せるのが魅力です!

その後も車窓から美しい海をいくつも堪能しながら・・

最初の目的地・辺戸岬(へどみさき)に到着しました。

ここは、沖縄本島の最北端です!

眼下には透き通った海が広がります☆

緑も豊かで美しい景色が見られました。
向かい側の山には、大きくて有名なヤンバルクイナの像も見えますよ。

再びバスに乗り、10分ほどでこのコースの目玉である「大石林山」に到着しました!

大石林山は、約2億年前の石灰岩が浸食されてできた世界最北端の熱帯カルスト地形です!

山内はいろんなルートで散策することができます。
マハエは、4つのコースの中から「美ら海展望台コース」にトライすることにしました!
同じコースに参加する方たちと一緒にしゅっぱーつ!

山道は、岩だけでなく緑も生い茂っていて、パワーをもらえそうです!

途中、いろんな名所があります。

大きな「悟空岩」

「石林の壁」
大石林山がある安須社(アシムイ)には40を超える御願所(拝所)があるそうです!

「生まれ変わりの岩」
3回くぐると新しく生まれ変わるという言い伝えがあるそうです。

マハエもくぐってみました。
素敵な女性になれるかな♪

そして、美ら海展望台ステージに到達しました!

素晴らしい眺めです~!
がんばって登ってよかった♪

散策時間は約40分。
心も体も元気になれたような気がします!

大石林山を満喫した後は、ランチタイム♪

こちらのコースのランチはなんと、JALプライベートリゾートオクマのビュッフェですよ~ヽ(^o^)ノ

チャンプルーや野菜の煮付けなどの沖縄料理から和食、洋食まで種類豊富です!
県産野菜が使われたメニューも豊富に揃っているのがうれしいです☆

天ぷらの実演調理コーナーも!
揚げたてが食べられるなんて、贅沢な気分を味わえますね~♪

いただきま~す!
大石林山でたくさん歩いた後だったので、モリモリ食べちゃいました(∩´∀`∩)

ホテルは花と緑があふれていて、景色もとっても素敵でした☆
ごちそうさまでした。

ホテルのおいしいビュッフェを堪能した後は、海洋博公園・沖縄美ら海水族館へやってきました~♪
ツアーには入館券がついています!
滞在時間はたっぷり2時間です!

まずは“サンゴ礁への旅”ゾーンへ。

入口近くにあるタッチプールで「イノーの生き物たち」とふれあいました♪
イノーとは、沖縄の方言でサンゴ礁にかこまれた浅瀬の海のことを指し、ヒトデやナマコなどが
すんでいるそうです。

マハエはヒトデさんにタッチしてみました!
初めてだったので少しドキドキしましたが、見るだけよりも楽しさが倍増しました♪

「サンゴの海」や「熱帯魚の海」なども鑑賞しました。

どれもとても美しく、うっとり・・
特にクラゲの群れは、思わず見とれるほどの美しさでした(∩´∀`∩)

続いて“黒潮への旅”ゾーンへ。

「サメ博士の部屋」にやってきました!
こちらは、全長16mもある、絶滅した古代ザメ「メガロドン」のアゴの復元模型です!
とっても大きくて、迫力満点!!

水槽には、たくさんのサメさんが泳いでいます。
こちらも迫力があります!!

この日は、ラッキーなことにサメの食事シーンを見ることができました♪
水槽の上方では、エサのお魚がスタンバイ。

サメさんたちは、エサのまわりをぐるぐる泳ぎますが、なかなか食べようとしません。
サメは意外にも少食だそうで、お腹がすいていない時はエサに興味を示さないのだそう。

そのうち1匹のサメさんがエサをパクッ!
華麗な食事シーンでした!

「黒潮の海」の大水槽前にやって来ましたよ~♪
今日もジンベエザメさんがすいすいと泳いでいます。
この姿を見ているだけも癒されます(´∀`)

2匹が一緒の姿も♪
マハエも一緒に泳ぎたい~!

去年の12月に仲間入りしたブラックマンタさんも見られました♪

マンタは普通、背中が黒くお腹の部分が白いのですが、ブラックマンタさんはお腹も黒いのです!
国内では初の展示だそうで、世界的にもめずらしい個体だそうです☆彡

館外の施設でもめいっぱい楽しみましたよ~♪

まずは「マナティー館」へ。

マハエが訪問した時は、エサを食べた直後で眠そうな様子でした。。

食事の後に眠くなるなんて、なんだか人間と似ていて、ほほえましくなりました(^-^)

「ウミガメ館」にも訪れました。

マハエが水槽をじっと見つめていたら・・

1匹のウミガメさんが・・
大接近してくれました~♪♪

記念ショットが撮れました~☆

滞在ラストに「オキちゃん劇場」へやって来ました。
マハエ、オキちゃん劇場のイルカショーが大好き♪

ショーを披露してくれるイルカさんたちが勢揃いして、まずはご挨拶。
水面から大きく身を乗り出して、一頭ずつ自己紹介。

一番体が大きい、オキゴンドウのゴンちゃんも^^

プールサイドの“ステージ”で歌を歌ってくれたり

沖縄のお祝い事には欠かせない踊り“カチャーシー”風に踊ったり

飼育員さんのおしりフリフリに合わせてしっぽをフリフリしたり(^▽^)

そして、お待ちかねのジャンプタイム!

代わる代わる、軽やかなジャンプを見せてくれます♪

こんなに高いジャンプも!

ゴンちゃんもがんばりました☆

そして、5頭そろってジャンプ!!

イルカさんたちの美しい姿に感動しました☆

最後はゴンちゃんがステージでご挨拶!

他のイルカさんたちもしっぽでバイバイしてくれました(^^)/~~~

今回もたくさん楽しませてもらいました♪
ありがとうございました。

ツアーのラストは「御菓子御殿 名護店」さんへ。

店内には、沖縄のお菓子をはじめ食品やグッズなどお土産がずらり。

紅いもタルトは、限定パッケージもありましたよ~!
「島ぜんぶでおーきな祭」バージョンでした☆

店内にはパーラーもありました♪

この日は天気がよく暑かったので、ソフトクリームをオーダーしました!
冷たくて甘くて、おいしい~☆

ショーケースにもスイーツがたくさん並んでいて・・
特に「紅いも生タルト」が気になり・・

食べちゃいました^^
どちらも「でーじまーさん」でした☆☆☆

ショッピングもスイーツも楽しみました♪

帰りは、車窓から美しい夕陽を眺めながら那覇へと向かいました。

とても充実した1日でした!
ありがとうございました。

日本のお客様にはもちろん、海外からのお客様にもぜひご乗車いただいて、
やんばるの魅力を満喫していただきたいです!

~関連リンク~
「Okinawa Hip-Hop Bus」公式サイト 

2015年7月7日

ヒルトン沖縄北谷リゾート一周年記念パーティーにお邪魔しました!

はいたい♪マハエです。

アメリカンな街並みで人気のエリア北谷(ちゃたん)にある、「ヒルトン沖縄北谷リゾート」が7/2でオープン一周年を迎え、マハエも取材に行ってきました~!



“アーバンリゾート”がコンセプトのヒルトンさん。
開放的なロビーにはリゾート感溢れるソファが配置され、視線の先には水のモニュメントが・・・涼しげな水の流れを見ているだけでリラックスできます。


スタッフさんの制服は沖縄の「エイサー」をモチーフにしているそう。笑顔と帽子がステキです。

 

■お部屋

さっそくお部屋を拝見。

ホテルは横に長いつくりでほとんどのお部屋がオーシャンビュー、青い海を一望できるんです!

346室全てが禁煙のお部屋です。
お部屋のインテリアはブルーを基調としていて、沖縄の青い海がイメージだそう。

珊瑚がモチーフになっているランプがとっても素敵で、マハエのお部屋にも欲しくなっちゃう☆
洗面台のタイルもブルーを基調としていて、まるで外国のリゾートホテルのようですね。





■レストラン

ホテル内には二つのレストランがあります。
こちらは本格イタリアンレストラン「CORRENTE」。
わぁ!本格的なピザ窯があります。熱々のピザが食べたーい!こちらのレストランにはソムリエもいらっしゃいましたよ~。


ビュッフェスタイルのレストラン「SURIYUN」では、海を眺めながら和琉洋食の幅広いお料理が頂けます。
チョコレートフォンデュや氷の上で混ぜ合わせるアイスクリームなど、デザートも豊富で女性や家族連れには嬉しいですね♪♪




料理長さんも一緒に写って下さいました。エプロンに紅型が施されていてステキですよ~!

■プール

続いてはプール。

2つの県内最大級のプールと屋内プールがあります。屋外プールはさらに大人用と子供用に分かれており、使い勝手がよさそう。







プールサイドはリゾートホテルでよく見られるイス“カバナ”もあり、気ままに過ごすことができます。バーカウンターもあって長時間楽しめそう。





■ジム

ホテル内にはジムもあり、長期滞在でも健康的に過ごせます。





■スパ

女性には外せないスパ。ホテルステイならではの楽しみ方ですよね。
スパルームも覗かせてもらいました。





こちらの「AMAMIスパ」では王朝時代から伝えられる沖縄ならではの天然素材を活かした伝統療法などのメニューが豊富です。プライベート空間を大切にしたスパルームで心からリラックス☆マハエも全身トリートメントしちゃおうかしら。





取材の後は、お待ちかね♪♪ 一周年記念のカクテルパーティーにお呼ばれしました!
海風が心地よいガーデンテラスでシャンパンをいただきます♪



ヒルトンさんの近くには、リゾートウェディングチャペル“セントレジェンダ沖縄”が今年10月にオープン予定☆
ますます人気のホテルになりそうです!

ヒルトン沖縄北谷リゾートさん、一周年おめでとうございます。今度はゆっくり泊まりに行きますね~♪

 

~関連リンク~
“ヒルトン沖縄北谷リゾート”

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール