Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年4月26日

「古宇利島マジックアワーRUN」の応援に行ってきました!

はいたい♪マハエです!
4月15日(土)に今帰仁村で開催された「古宇利島マジックアワーRUN」の応援に行ってきました!

ランナーの皆さんの多くが笑顔でゴールしていたのが印象的だった、会場の様子を報告します☆彡

古宇利島マジックアワーRUNは“ワルミ大橋・古宇利島大橋を走ろう”をテーマにした
ハーフマラソン(21.0975キロ)の大会です。
ゴール時間の前後が、夕日が最も美しいと言われる“マジックアワー”になると
言われているんです☆

スタート地点の今帰仁村総合運動公園です。
スタート前は、晴れと曇りを行ったり来たり・・
素敵なマジックアワーになるかどうか気になります。

公園内にマハエの仲間のスポーツチームがブースを出展していました!
ランニングが楽しくなるグッズや沖縄の観光に役立つ情報などを提供しています♪

マハエもブースでお手伝いしましたよ!

お立寄りいただいた方にポストカード、シール、缶バッジなどを配布しました。

グッズの中でも特にマハエがおすすめなのが、ボディペイントシール♪
楽しくRUNできそうですよね(≧▽≦)

時間が近づいたので、スタート地点に移動してきました!
今回の参加者は、3,092人にものぼったそうです!!

合図が鳴り、一斉にスタート!

マハエの仲間は、シーサーに扮して参戦^^

皆さん、完走めざしてちばりよ~(がんばれ~)!

スタートを見届けた後は、ブースに戻り引続きお手伝い。

ランナーの同行者の方々と沖縄のスポーツイベントの魅力についてゆんたく(お話し)したり、
近隣のスポットの案内をしたり、大勢の方々と交流ができて楽しかったです♪

イベントの時のお楽しみのひとつが、ご当地グルメ^^
あちらこちらからおいしそうな香りが漂い、何を食べようか迷います。。

魅力的なグルメが揃う中、以前取材をさせていただいた「La Vous」さんのブースを発見☆

ということで、こちらのジェラートをいただくことにしました!

今帰仁の名産・スイカと発売になったばかりというモリンガのフレーバーをダブルでv(^▽^)v
今帰仁村は、日本一早くスイカを出荷することで有名です!

ひと口食べると、スイカの果実を感じられるようなフレッシュな味がしました!
モリンガはお茶などに加工される植物なのですが、こちらは抹茶の味に似ていました。

どちらもでーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆

グルメを堪能した後は、ゴールでランナーの皆さんをお出迎え♪

スタートから1時間11分55秒、男性ランナーの方が先頭を切ってゴール☆
その早さにビックリ!

その後もゴールが続きました。

NAHAマラソンにも出場されていたあわもり君、笑顔でゴール☆

スポーツイベントでお見かけすることが多い、宮古まもる君^^
ミネラルウォーターを手にさわやかスマイルを見せてくれました♪

他にも、ディズニー映画に出てきそうなポリネシアンの男性に扮した方、
特撮ヒーローに扮した方などもいらっしゃいました^^

マハエの仲間のシーサー君もみごとゴール☆
楽しいRUNだった様子がうかがえました(≧▽≦)

完走メダルは、やちむん製でした!

今帰仁村にゆかりのある源為朝、村出身の古代の女性・今帰仁ウカミのキャラクターが
古宇利大橋の上を走っている様子が刻印されています。
かわいいな~♪

大会中は曇り空で、残念ながらマジックアワーを拝むことはできなかったのですが、
ランナーの皆さんの笑顔のゴールがたくさん見れた、素敵な大会でした。
次回は、マジックアワーが見られることを期待します!

 

~関連リンク~
イベント情報/第7回古宇利島マジックアワーRUN in 今帰仁村 

スポット情報/古宇利大橋

マハエの沖縄ダイアリー/世界大会 準グランプリ受賞!沖縄の恵みがぎゅっと詰まったジェラート『La Vous (ラ・ボウス) 』

スポーツアイランド沖縄

2017年3月3日

【サンゴ礁ウィーク開催中】しらほサンゴ村でお勉強&白保の方々とほっこり交流♪

はいたい♪マハエです!
3月5日の「サンゴの日」を記念して現在「サンゴ礁ウィーク」が開催されています!

マハエは「サンゴ礁ウィーク」イベント会場のひとつである石垣島の「しらほサンゴ村」さんを訪れ、
イベントに参加してきました~☆彡

その時の様子と同じくしらほサンゴ村さんで開催されている「白保日曜市」の様子を報告します!

島の南東の白保地区にある「しらほサンゴ村」さん。
南ぬ島石垣空港からほど近くにあります。

「サンゴ礁ウィーク」とは“サンゴ礁は、みんなの大切な宝物!”ということを
もう一度思い起こすウィーク(週)にしようと毎年開催されています。
しらほサンゴ村さんのイベントは「クイズラリーinしらほサンゴ村」です!

クイズラリーに参加する前に、まずはサンゴについてお勉強しました。
白保の海には世界最大級といわれるアオサンゴの大群落が存在しています。

これは、世界的に貴重な財産なのです☆

しらほサンゴ村さんは、WWFジャパンさんがWWFサンゴ礁保護研究センターとして設立された施設で、
サンゴの生態や現状などを知ることができます。

映像で見ることができたり

サンゴも育てられていたり

楽しみながら学ぶことができます!

昨年夏に発生した、サンゴの白化現象についてまとめられた特設パネルもありました。
白化現象のニュースを知った時、とても胸が痛みました。
現在は、徐々に回復されているとのことで、少し安心しています。

他に、白保地区の昔からの生活の様子を知ることができるパネルや展示もありました。

大きなサバニも!!
初めて知ることもたくさんあって、とても興味深かったです♪

お勉強した後は、クイズラリーに挑戦です!
施設内に3ヵ所に設置されたクイズ全問に正解すると、素敵なプレゼントがもらえるそうです~☆
全問正解目指して、がんばるぞー\(^O^)/

サンゴは植物?動物?
先ほど展示パネルで勉強したことが、出題されていました!

3つの問題の答えをシートに書きこみ、受付の方へ提出しました。
結果は・・?

みごと全問正解でした☆☆☆
やったー!
プレゼントは、WWFジャパンさんのシンボルマーク・パンダのイラストの缶バッジと
さまざまな動物のイラストが織り込まれたハンドタオル でした。
うれしいな♪♪

また「EARTH HOUR(アースアワー)」の日付が近づいているということで、東京のWWFジャパンさんから
パン次郎くんが遊びに来ていました!
記念に一緒にパシャリ☆
充実した時間を過ごせました♪

しらほサンゴ村さんでは、毎週日曜日に「白保日曜市」が開催されています!
こちらにも訪れましたよ~♪

白保地区に在住する方々が育てた野菜や手作り品がズラリと揃います!

アーサは、白保海岸で採れる海藻の代表格だそうです!

こちらは、白保で作られているお米たち。

「黒紫舞」というお米を材料に使ったシフォンケーキもありました(≧▽≦)
小麦粉から作られるシフォンケーキよりももちもちしていて、おいしかったです☆☆☆

八重山名物の「あんまぁーのアンダーミシュ」だ!
“あんまぁー”は「お母さん」、“アンダーミシュ”は「油みそ」のことです。

このアンダーミシュはとても人気があり、毎週購入される地元の方もいるそうです!
ひとくちサイズのごはんと一緒に試食させていただきましたが、甘辛い味が後を引きます!
もっと食べたい・・ということで、お土産用に1つ購入しました^^

笑顔が素敵なお店のお姉さんとのゆんたく(おしゃべり)も楽しい♪

実は、このアンダーミシュのことは知っていました!
以前チムが取材に訪れた「やいま石垣さんばしマーケット」に白保日曜市さんが出展されていて、
その時にこのアンダーミシュも販売されていたんです。

その時のブログはこちら
< [チムのお出かけ]初開催☆やいま石垣さんばしマーケットへ!> 

お姉さんもチムのことを覚えていてくれました!

現在「やいま石垣さんばしマーケット」には出展されていないそうですが、その時のことがきっかけで
縁ができ、とてもうれしかったです♪

こちらは「Shiraho 家 Cafe」さん。
お店でも提供されている、自家製のお茶やシロップが揃います!
沖縄県を代表するテキスタイルデザイナー・MIMURIデザインのパッケージやかわいい☆
MIMURIさんは、この白保地区のご出身なんだそうです!

シロップは、レモンとハイビスカスの2種類。色もあざやかです♪

この「トロピカルレモンレモン」を使った温かいレモネードをいただきました。
果実の味がしっかりと効いていました!

果肉だけでなく、皮の部分もまるごとシロップにしているのだそう!
なので、レモンの味が濃く感じられたんですね♪

ごちそうさまでした。

その他にもいろいろなお店がありました!

貝細工を手作りされているお母さん。

インテリアに使いたくなるような、かわいらしい貝たち♪
マハエが訪れた時は、ほとんどが売れてしまっていた後だったそうです。

開催時間は毎週10:00~13:00ですが、人気の品は閉店時間を待たずに売り切れることも
あるそうなので、早めに訪問した方がいいですね!

白保日曜市名物にもなっている「カナッパおむすび」。
月桃の葉で包まれたおにぎりです。
こちらに使用されている月桃は、白保の海を守るグリーンベルトの役目を果たしているそうです!

カナッパおむすびを手作りされているお母さんともパチリ☆

どこからともなくおいしそうな香りが・・香りにつられて進んでいくと、石垣牛のメニューを
提供されているお店もありました!

石垣島に来たからには石垣牛を食べようと石垣牛のステーキをオーダー!
部位はイチボとロースだそうです。

お肉はやわらかく、脂の味もやさしい。
でーじまーさん(とってもおいしい)でした☆☆☆

沖縄のおやつの定番・サーターアンダギーも♪

オリジナルパッケージでお土産にも喜ばれそうです♪

試食もさせていただきました^^
ごちそうさまでした!

名物やおいしいものにたくさんめぐり会えたこともうれしかったですが、地元の方々と交流できたことが
もっとうれしかったです♪

しらほサンゴ村さんは、お子様にもサンゴについてわかりやすく学べる施設です。
ファミリーで訪れるのも楽しいと思いました!
素敵な場所をまた1つ発見しました☆

 

~関連リンク~
サンゴ礁ウィーク(お知らせ)

2017年1月31日

自然も歴史も食も!美だって手に入っちゃう。久米島の魅力をご紹介します♪




はいたい♪マハエです!久米島に行ってきました~。
久米島は沖縄本島から飛行機で約30分で行くことができます。(夏季には東京からの直行便も運行しています)


飛び立ったと思ったらすぐに着陸!久米島空港に降り立ちました~。

まずは見どころの観光スポットをご紹介します。
■ミーフガー


岩と岩が重なりあうダイナミックな景観に圧倒されます。
地元では子宝にめぐまれると言われるご利益スポットとして有名です。

■畳石


国指定天然記念物の奇岩郡。
安山岩質の溶岩がゆっくり冷えて岩石になる時に割れ目ができることでこの形になったと考えられています。
世界的にもめずらしいと言われているそうです。

■比屋定バンタ(ひやじょうばんた)


「バンタ」とは絶壁のこと。展望台からは海が一望できます。
この時はあいにく曇っていましたが、それでも海の色が青くてキレイでした~!
下にはクルマエビの養殖場も見えました。

■宇江城城跡 (うえぐすくじょうあと)





久米島で最も高い310mの宇江城岳に築かれた山城形式のグスク。
久米島の風景を一望できます。

■具志川城跡(ぐしかわじょうあと)


三方を海に囲まれた眺めのいいグスク跡です。久米島は大交易時代の要所だったこともあり、解明されていないものも含めるとグスク跡は10カ所以上もあるといわれているそうです。
ここから見える海も絶景ですよ☆

お腹が空いたのでおそばを食べに趣ある古民家の「やん小~(やんぐゎ~)」さんへ。


島味噌もやしそばを注文。このもやしは惣慶もやしという島内で作られているもやしを使っています。
島の外には出回らないので久米島でしか食べられないもやしなんだとか。
やさしい味でとーってもおいしかったです。

この時はあいにく天候が悪く行くことができなかったんですが、久米島といえば「ハテの浜」が有名。
久米島から船で15分ほどで行ける砂浜だけの島です。


こんど久米島に行く時は、絶対に訪れてみたいです!

久米島では海洋深層水を利用した産業が盛んです。
海洋深層水は海の深いところにある水で約2000年の年月をかけて地球全体を循環しているそう。久米島では水深612mからくみ上げています。

海洋深層水は表層水に比べて細菌などが少なく海藻や植物プランクトンに必要な栄養分が多いこと、一年中約9℃と冷たいことなどが特徴です。


海ぶどうやクルマエビの養殖にも活用されていたり、最近では温度差を利用した発電も行われていて、世界から注目されています。

マハエは海洋深層水がどう活かされているのか、工場見学で海ぶどうとクルマエビが養殖されているところを見せていただきました~。

■海ぶどう養殖


海ぶどうの養殖場にはたくさんの水槽が!こうやって人の手で大切に育てられているんですね。
育った海ブドウは粒が大きく、揃っていてまさに粒ぞろい。とっても美味しかったです~♪

■クルマエビ養殖


海洋深層水で生まれた稚エビは海のすぐそばの養成池に移され育てられます。エサ代には毎日約80万円も!?かかるのだそうです。
さらに状態をチェックするため毎日養成池に潜って様子を確かめているとのこと!


手塩にかけて育てられたクルマエビはとーっても美味しく、お刺身でいただくのがまた格別なおいしさでした。

そして食だけでなく美容にも活用されている海洋深層水。
沖縄の素材と海洋深層水を組み合わせた化粧品もありました。マハエも試してみましたよ♪



世界で初めて海洋深層水100%を利用した温浴施設バーデハウス久米島もあります。
水着着用のプールゾーン、 海を眺めながらの屋外ジャグジー! 水着のいらないスパゾーンもあって癒されます~。


水着はレンタル(有料)もあるので手ぶらでいっても入りやすいです。
マハエはここで旅の疲れをリフレッシュしました☆

自然も歴史ある遺跡も食も美容も、盛だくさんで楽しめる久米島の魅力、いかがでしたか。
みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。



~関連リンク~
久米島町
クルマエビ(久米総合開発株式会社)
海ぶどう(久米海洋深層水開発株式会社)
化粧品(株式会社ポイントピュール)

2016年11月11日

新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【5】瀬底島プチドライブ旅♪

はいたい♪マハエです!
「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」で瀬底島のドライブを楽しみました~!

「ちゅらまーいHa:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、ルートをたどりながら、
ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、 新しい旅の楽しみ方です☆彡

これまで、屋我地島、本部町、古宇利島、伊江島と、いろいろな島や町を「ちゅらまーいHa:mo」で
楽しませていただきましたが、瀬底島ではどんな旅ができるでしょうか♪

伊江島の旅に続き、ミス沖縄・コバルトブルーの奥濱安奈さんと一緒の“Ha:mo女子旅”です(*´▽`*)

前回の伊江島の「ちゅらまーいHa:mo」の旅の様子はこちらからご覧ください
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【4】伊江島の自然にふれるほっこり女子旅♪>

操作方法やコースについてレクチャーを受ける安奈さん。
スタッフさんはやさしく、丁寧に教えてくれます♪

複数で申し込むと、インカムと受信機で最大5人で会話を楽しみながら走行ができます!

今回も安奈さんとゆんたく(おしゃべり)しながらのドライブ楽しみだな~♪

タブレット端末のナビも装備され、安心!

瀬底大橋に向けて、出発です!

【瀬底大橋】

瀬底大橋は、ゆるやかなアーチ状になっています。

橋にさしかかると、坂を上っていくのですが・・

Ha:moは視界が広く感じられるので、空に向かっているような気分になりました~\(^o^)/

安奈さんは「まるで空を飛ぶ飛行機のパイロットになった様な気持ち♪」と
歓喜の声をあげていました(^▽^)

下りの際には、橋の下に広がる青い海も見えました♪
美しい海が見えながら橋を渡るのは爽快な気分です☆彡

橋を渡り瀬底島に入ると、まずは本部港が見渡せるポイントへ向かいます。
視線の先の海に期待度がグッとあがります♪

【本部港ビュー】

こちらのポイントへは、細道を通り抜けて行きます。

乗用車だったら通るのがためらわれるほど細い道です。
そんな道もHa:moならスイスイ♪
軽やかに走れます~。

この道を抜けると、広~い海がお目見え☆

安奈さんもこの美しい風景に感激されていました☆彡

瀬底島に来たことはあったそうなのですが、このポイントは知らなかったそう。
Ha:moのおかげでめぐり会えた~♪と、とっても喜んでいました!
一緒に旅ができてよかった~(≧▽≦)

再びHa:moを走らせ、次のポイントへ向かいます♪

【瀬底土帝君】

5分ほど走り、「瀬底土帝君(せそことていくん)」へやってきました。

近くのスペースにHa:moを駐車し、林の中へ50mほど進むと到着します。
土帝君とは中国古来の土地関係の神様の一種で、一般的には土地神様と呼ばれています。

瀬底土帝君は、沖縄各地に祀られている土帝君の中でも最大の規模で保たれているそうです。

歴史の深さを感じさせてくれるたたずまいに安奈さんも感慨深い様子でした。
木々のあいだから光が差し、神聖なパワーをいただけたような気がしました!

Ha:moを停めていたスペースにあざやかに花を咲かせたトックリキワタの木を発見☆

ビビットなピンクが青空によく似合います♪

今回も、Ha:moで安奈さんとの女子旅を満喫しました!

帰りも瀬底大橋をHa:moでビューンと走り抜けます!

車の窓を開けるように、キャンバスドアの上部を開けて、心地よい風を受けながら走っていると、
伊江島の城山(タッチュー)が見えました!
城山だけでなく伊江島が全体的に見えましたよ~♪

瀬底島の新しい魅力をいくつも発見!
Ha:moだからたどり着けることができた場所、見られた風景がたくさんありました。

瀬底島を楽しんだ後は、本部町をめぐり、山川酒造さんに訪れたり、そのすぐそばにある
琉球松の観賞を楽しんだり、町営市場を訪れ、お店の人との交流やお買い物などを
楽しむこともできますよ。

モデルコースはこちらです!
【本部町発2時間プラン/本部の生活を感じようコース】 

Ha:moは、新しい旅の楽しさや可能性を教えてくれました☆彡
またHa:moでいろんなところを旅したいな♪

 

~関連リンク~
ちゅらまーいHa:mo公式サイト

2016年10月31日

新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり【4】伊江島の自然にふれるほっこり女子旅♪

はいたい♪マハエです!
伊江島で「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」の旅を体験しました~!

「ちゅらまーいHa:mo」とは、1人乗り用の超小型電気自動車に乗って、ルートをたどりながら、
ディープな観光と風を感じるドライブを楽しめる、 新しい旅の楽しみ方です☆彡

これまで屋我地島、本部町、古宇利島で「ちゅらまーいHa:mo」の1人旅を楽しませていただいたのですが、
今回は、ミス沖縄・スカイブルーの奥濱安奈さんと一緒の “Ha:mo女子旅”でした\(^o^)/

本部港からフェリーに乗ること約30分で伊江島に到着。

参加コースは【伊江島発4時間プラン/伊江島満喫周遊ルート】です!
Ha:mo女子旅は初めてなので楽しみ~♪

前回の古宇利島の「ちゅらまーいHa:mo」の旅の様子はこちらからご覧ください
<新しい旅のかたち☆ちゅらまーいHa:moでやんばるめぐり③古宇利島の絶景を満喫する旅♪> 

伊江島発のコースは、屋我地島(名護市発)のコースと同じく限定特典がありました♪

まずは、コースを予約すると利用日までにメールマガジンが届きます!
マガジンは、コース中のスポットの解説やルート内にある寄り道スポットの案内、
お得価格でグルメを体験できるクーポンなど情報が満載☆

そして、当日に、立寄りスポットのチェックイン記録ができるスマートフォンの貸出し、

走行中の様子を撮影してくれるアクションカムの装備があります!
旅行終了後に動画を送っていただけるんです♪

先日、今回の動画が届きました!

安奈さん、とっても楽しそうにドライブしています~♪
Ha:moから一緒にいろんな景色を見たな~なんて、楽しかった旅がよみがえってきます☆

思い出がよりリアルにシェアできて、うれしいですよね!

今回もとても楽しかった、ちゅらまーいHa:moでの旅の様子をレポートします!

さぁ、出発です☆彡

タブレット端末のナビゲートをチェックしながら進行~!

専用のインカムと受信機の貸出しもあるので、同行者とトークしながら走行ができるんですよ♪
最大5人で会話ができるそうです!

この日は、安奈さんとおしゃべりを楽しみながらのドライブでした(^◇^)

【アーニー・パイル記念碑】

拠点の伊江島観光協会(伊江島港前)を出発し、Ha:moを走らせること約5分。
アーニー・パイル記念碑に到着しました。

アーニー・パイルさんは、戦時中に名をはせたジャーナリストで、伊江村で亡くなられたそうなのですが、
その功績をたたえた記念碑がありました。

沖縄の歴史について、また1つ知ることができました。

次のスポットへとHa:moを走らせます。
緑の中を走り抜けるのが心地いい♪

道路を走りながら海も見れました!

【GIビーチ】

島の南西にあるGIビーチへやって来ました!
透きとおった海と白い砂浜が美しい☆

のんびり散策されている方もいました。

次のスポット「ニャティヤ洞」までは、Ha:moで約5分ほどの距離なのですが、
途中に見つけたお花がとても可憐で、少しだけ停車して眺めることに。
風に揺れるお花がかわいい(*´▽`*)
なにげない自然の風景を見つけられるのもHa:moならではです♪

【ニャティヤ洞】

駐車場にHa:moを停め洞窟に向かうと、途中この眺めが♪

美しい海が広がっていました~☆

景色を堪能した後、階段を下り洞窟へ。

荘厳な岩に圧倒されます。
戦時中に防空壕として村民の多くの命を救ってくれた場所だそうです。

洞窟の中へ。

洞窟からも海が見えます♪
このコントラストが本当に素敵でした。
差し込んでくる光にパワーを感じました。。

細い山道を登って、次のスポットへ。
コンパクトなHa:moだからラクラク走行できちゃいます~(^^)b

広い草原の横切る時は、自然と一体になったような感覚になります!

伊江島は、牛舎が多いのも特徴の1つ。
走行中あちこちで牛さんと遭遇します♪
Ha:moを少し停車させて見つめていたら、牛さんと目が合っちゃいました(*´▽`*)

島ののどかな空気を感じます。

【伊江島灯台】

島の西側に伊江島灯台があります。
米軍基地の中にあるため近づくことができませんが、風景を楽しめます♪

周辺も自然豊かでとっても眺めがいいところです☆

そして、とっても楽しみにしていたあのスポットへ♪

【伊江島補助飛行場】

伊江島補助飛行場の滑走路を走行することができるんです~!

まっすぐにのびる滑走路に到着した瞬間、ワクワク♪

スタート~\(^o^)/
爽快です~☆彡

滑走路を走れるなんて、感動です!
道路に薄く見えるラインに、これはどのような役目を果たしていたのかな・・と思いをはせつつ、
走行を楽しみました♪

現在、米軍の管理下にあるので、米軍の活動をさまたげないという条件で通行ができますよ。

滑走路を走り抜けたら道なりに進み、島の北海岸にある湧出(わじー)へ。

【湧出(ワジー)展望台】

まずは、断崖の上部にある湧出展望台にやって来ました!

駐車スペースに停めたHa:moは、自然の中にとっても溶け込んでいます♪

展望台からは広大な海が見渡せます!

安奈さんもこの景色に大興奮!

見晴らしを堪能した後は、湧出の海へと続く道路を下りて向かいます。

この道路の入り口、実は、気づきにくい場所にあるのですが、タブレット端末のナビゲーションが
しっかり誘導してくれるから、安心です♪

道幅がかなり細く、自動車では走行するのがむずかしそうな道路でした。
そんなところもHa:moは、ラクラク走れます♪

島をディープに探検するのにHa:moはピッタリだと思いました!

【湧出(ワジー)】

水が湧き出ることから「湧出(わじー)」と言われています。
島のだいじな水源地です!

岩のあいだから水が湧き出てくるのを見ることができました!
岩に打ちつける波の迫力にビックリ!!
先ほど展望台から見た海とはまたちがう表情です。

絶景に感動しながら、次のスポットへ向かいました。

向かう途中、安奈さんが「城山(タッチュー)が見えますよ!」とインカムを通じて教えてくれました。
景色をシェアしながら走るのは、本当に楽しく、発見も多いです☆彡

【リリーフィールド公園】

毎年「ゆり祭り」が開催されることで有名なリリーフィールド公園。
ピークシーズンには約100万輪のゆりが咲き誇り、訪れる人を楽しませてくれます。

以前、ゆり祭りに訪れた時の1枚です。
この風景を見ながらHa:moで走れたら、最高だろうな~☆彡
今度は、ゆりの開花シーズンに合わせて訪れたいな♪

公園の目の前には海が広がります!
こちらも見ごたえがありました!

その後、ハイビスカス園、オホバ海岸、伊江ビーチを経て、島のシンボル・城山(タッチュー)へ!

【オホバ海岸】

【伊江ビーチ】

【城山(伊江島タッチュー)】

城山(タッチュー)にやって来ました。
伊江島に来たら、城山を見ずには帰れません!

安奈さんもうれしそうです^ ^

城山を間近で見れたことに大満足し、ゴール地点である伊江島観光協会へと向かいました。

伊江島をたっぷり満喫しました!
今回もHa:moだからこそ体験できたことがたくさんありました!
またHa:moで島旅ができるといいな♪

 

~関連リンク~
ちゅらまーいHa:mo公式サイト
伊江村公式サイト
伊江島観光協会公式サイト

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール