Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月24日

南大東島の旅!おすすめスポットめぐり☆

はいたい♪マハエです!
先週の名物料理に続き、南大東島の観光スポット・体験をご紹介します☆彡

南大東島は、1900年に八丈島から開拓者が上陸するまでは無人島だった島です!

その後沖縄からの移住者が増え、現在では沖縄と八丈島が入り混じった文化が根づいています。
地形も沖縄本島とは違って周囲を断崖絶壁に囲まれているため砂浜のビーチはなく、気候は沖縄なのに本島では見られない風景や独特の文化のある島です。

南大東島は、沖縄本島から船または飛行機で行くことができます。

飛行機だと那覇空港から一時間ほどで到着!

空港でレンタカーを借り(事前予約)、最初に海軍棒プールへ!約5分ほどで到着しました。

ビーチがないこの島ではこちらで泳いだり、遊べるように人工的にくり抜いた、プールと呼ばれる場所が2カ所あります。

大きくくり抜かれていて、中をのぞくとお魚がいっぱい!
周りの海は荒れていたのですが、プールの中なら安心して泳げそうでした。

次は車で20分ほどのところにある、大東神社へ。

背の高い木の間をぬけていくと、鳥居が見えてきました。

鳥居のそばには土俵がありました。
沖縄には本土とは少し違う沖縄角力という相撲がありますが、南大東では本土と同じ相撲と沖縄角力どちらも行われているとのことで、優勝者が掲示されていました。

沖縄本島にも神社はありますが、どこか少し違った雰囲気を味わうことができました。

そこからまた車で15分ほど移動して、鍾乳洞「星野洞」へやってきました!

入り口は小さいのですが、スロープを降りていくと地下に広大な鍾乳洞が!

南大東はサンゴでできている島なので、島の地下全体が鍾乳洞になっているとのこと!
星野洞では地下40mと、とても深い鍾乳洞を見ることができます。

中は階段が整備されていて歩きやすく、奥までスムーズに行くことができました!
ライトアップされた鍾乳石は迫力満点!!

鍾乳石は上から伸びている石は1cm伸びるのに100年、下から伸びている石は1cm伸びるのになんと400年かかるとのこと!

赤土に含まれている鉄分が酸化して出た茶色と、サンゴ礁の成分でできている白い石が交互になっているシマシマ模様の鍾乳石もありました(@_@)

上をよく見るとストロー状に細く伸びる鍾乳石も発見。とても珍しい鍾乳石だそうです。

地下にこんな世界が広がっているとは、地上のさとうきび畑からは想像もつきませんでした!

真っ白な鍾乳石を見ていると、この島はホントにサンゴでできているんだな~と感じました。
長い年月を経てできたこの景色は、圧巻です!!

希少な鍾乳石をいくつも見ることができました。

星野洞を出て車を走らせていると、お地蔵様を見つけました。

お地蔵さまは沖縄本島では見かけることがほとんどないので、こういう景色にも八丈島の文化を感じます。

日が沈む前に、夕日の広場という場所へ。

真っ直ぐな水平線と、どこまでも続く空のグラデーションがとてもキレイでした。

こちらから見える景色はごつごつとした絶壁でしたが、5・6月にはひまわり畑となるそうです!
今の季節がちょうど見ごろかもしれないですね^^

この日の宿は、集落の近くにあるコテージ「KIRAKU」。

ハイビスカスの葉に囲まれた敷地に入ると、可愛らしいコテージが並んでいて優しい色合いの配色に突然、別世界にきたようなワクワク感!

部屋の中もドーム型の天井にロフトがついていてレンガ色が素敵な雰囲気♪
ふかふかのベッドでゆっくり過ごすことができました☆

二日目は朝日を見に、日の丸山展望台へ!
薄暗い空から朝日が射してきました。

南大東の特徴なのですが、展望台にのぼっても海が見えません。
島の周囲が石灰岩がせりあがってできた島なので、集落部分は盆地のようになっており、高い所にのぼっても海が見えないそうです。

なので朝日は、せりあがった部分に広がっている緑地からのぼってきます。

海で囲まれた島とは思えない風景ですね~!

朝日を観賞した後は空港近くの「ピットイン新城」で月桃工芸体験をさせてもらいました!
島に自生している月桃の茎を使用しているんですよ!

月桃は本島では「ムーチーに使われる葉」のイメージが強いのですが、南大東では昔からサトウキビの収穫に茎を使用していたそうです。

月桃は丈夫で香りも良く、色々なものが作れるとのことで今回は花瓶を包む筒を作りました!
土台を作ってもらったところからスタート♪

これが月桃の茎の部分です。本島でよく見るものとは違う種類だそうで、大きいもので4mになるとのこと!

この茎を割いて伸ばして乾燥させたものがこちら↓

これに水を吹きかけると柔らかく、しなるようになるので濡らしながら編んでいきます。

20cm程度編んだら出来上がり!

濡れた茎から月桃の良い香りが広がって編みながら香りに癒されていました♪

教えていただいた作家さんに作品を見せてもらいました!
茎自体はとても固いのですが、こんなに可愛い小物やバッグが作れることにびっくりでした!!

花が咲くと良い香りを放つ月桃、色々な使い道があるんですね~☆

【番外編~お土産~】
南大東には島産のお土産もたくさんあります!

マハエは島名物のサトウキビから作ったラム酒「コルコル」を使用した、ラム酒ケーキを食べました!
しみこんだコルコルが濃厚で大人の味ですが、しっとりしたスポンジが柔らかく、ふわっと広がるラム酒の風味がとても美味しかったです^^

沖縄らしさもあり、でもちょっと本土の文化も混ざっている南大東島。

のんびりと現実逃避のできそうな穏やかな島でした。
家族でも、カップルでも、1人旅にもおすすめです~☆

 

【関連リンク】

南大東島のおすすめ観光スポット

南大東島のおすすめグルメスポット

南大東島の宿泊情報

南大東島のイベント

南大東島 貴重な動植物の宝庫「うふあがり島」の自然を満喫コース

2019年5月17日

沖縄本島の東に浮かぶ絶海の孤島「南大東島・北大東島」で名物料理を満喫♪

はいたい♪マハエです!
今回マハエは大東諸島にやってきました☆彡

大東諸島は沖縄本島の東、約340km先にあり
有人島の「南大東島」「北大東島」と無人島の「沖大東島」からなる絶海の孤島です!

有人島の南大東島・北大東島は断崖絶壁に囲まれ船の接岸は不可能のため
フェーリーからクレーンで上陸する珍しい光景や体験ができますよ(≧▽≦)

マハエが最初に到着した南大東島では「大東そば」が有名です☆彡
大東そばが食べられる「富士食堂」にうかがいました(*´▽`*)

メニューは「大東そば」や「ソーキそば」、「大東そばすしセット」、「バイキング大東そば」など色々あります♪
 
左が「大東すしそばセット」、右が「バイキング大東そば」です!

「バイキング大東そば」は大東そばにプラス数種類あるおかずが食べ放題(≧▽≦)

マハエは一番人気メニューの「大東そばすしセット」を注文しました☆

大東そばの麺は南大東島の海水を使って練り上げられており、コシが強く
モチモチとした太いちぢれ麺なので食べ応え満点♪

セットの大東寿司は、しょうゆベースのタレにサワラやマグロを漬け込んだ寿司で
ルーツは八丈島から南大東島へ来た開拓者が作ったとされています!!

次に海鮮料理が味わえる「いちごいちえ」にやってきました♪
ここでは深海魚のナワキリを使用した「ナワキリの塩焼き」や

大東そばの麺とヒラミ貝を使った「ヒラミそば」

そして「さしみの盛合せ」と「魚のフギ炒め」も頂きましたよ(*´▽`*)
 
さしみの盛合せにもナワキリがありました!脂がのっていて、とても美味しかったです♪

続いて、南大東島から北に約13km先にある北大東島に向かうため飛行機に乗り込み出発です☆彡

なんとフライト時間は約8分!あっという間に到着しました\(^▽^)/
離陸から着陸まで含めても約15分と日本一短い航空路線なんですよ!!

到着した北大東島では「レストランはまゆう」で「ソーキじゃが麺」を頂きました♪

北大東島の名産物であるじゃがいもを麺に練りこんだ「じゃが麺」を使用しています!
麺はモチモチしていて、いつもの沖縄そばとは違った食感が楽しめましたよ♪

  
南大東島と北大東島それぞれの島で違った料理や沖縄そばが味わえました!

皆さまも南大東島、北大東島に来た際は美味しいものめぐりなどはいかがでしょうか☆彡

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/南大東島

沖縄まるわかり/北大東島

 

富士食堂

ガーデンハウスいちごいちえ

レストランはまゆう

2019年4月12日

島のいいものいっぱい!伊江島でグルメとショッピングを満喫♪

はいたい♪マハエです!
伊江島の旅では、ご当地グルメとおみやげショッピングも楽しみました~♪

おみやげをさがしに伊江港ターミナルにある「伊江島物産センター」にやってきました!

店内には、伊江島産の食材を活用したものをメインにおみやげがズラリと並んでいます(≧▽≦)

「伊江の華」という泡盛を発見しました☆

実は、伊江島には泡盛の酒蔵所がなく、この「伊江の華」は、那覇市首里にある瑞穂酒造が製造されています。
2014年の伊江島ゆり祭りで咲いた花から分離させた酵母で作られているそうですよ!

マハエがパッケージになっている「伊江島シーサイドストーリー」もありました~(*´▽`*)

これまでは、沖縄本島の「沖縄シーサイドストーリー」、宮古島の「宮古島シーサイドストーリー」の2種でしたが、
新たに「伊江島シーサイドストーリー」と「石垣島シーサイドストーリー」が仲間入りしたんですよ♪♪

パッケージデザインが異なるので、それぞれの島に訪れた際はぜひチェックしてみてください^ ^

気になるグッズを発見☆

伊江島産のピーナッツ(落花生)で作られたイエピーマグネットでした♪
いろいろな表情があり、とてもキュート(≧▽≦)

伊江島のキャラクター・タッちゅんの手作りグッズもありました♪
かわいい(∩´∀`∩)

島で採れた新鮮な野菜のコーナーもありましたよ!

全部欲しい~!という気持ちをおさえ、厳選したおみやげがこちら\(^▽^)/
伊江島産の小麦から作られたサーターアンダギーやちんすこう、スナック菓子のケックン、伊江ソーダ、
ピーナッツ味の伊江島アイスクリーム、島らっきょうの浅漬け。

みんなに喜んでもらえるかな♪

ショッピングを楽しんだ後は、伊江島産のお肉をいただきました!

伊江島では、肉牛を育てられている農家さんもいらっしゃいます。

マハエは焼肉をいただきました♪
ヒレ、バラ、モモ、サーロインです!

赤身のうまみが広がり、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆
感謝の気持ちをこめていただきました。

今回たずねたのは「島の駅」というお店でした。
日によって営業時間が異なるようなので、事前に確認したうえでおたずねください。

伊江島物産センターでポスターを見た「ゆり祭り」が気になり、食事の後リリーフィールド公園へ向かいました!

会場の外ですが、発見♪

訪れたのは3月だったのですが、花を咲かせたゆりを見られてラッキーでした☆

ゆり祭りの頃には満開になるのかなとワクワクしました♪♪
今年も楽しみですね(≧▽≦)

伊江島のいいものにたくさんめぐり会えた旅でした♪
これからも島の旅を楽しみたいと思います!!

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/伊江島

伊江島物産センター

リリーフィールド公園

 

第24回伊江島ゆり祭り

【4/27~4/29・5/4・5/5】伊江島ゆり祭り日帰りバスツアー

【那覇発】専用クルーザーで行く!伊江島ゆり祭り日帰りツアー

沖縄のモデルコース/伊江島 絶景もビーチもグルメも! 伊江島を丸ごと楽しむコース

 

マハエの沖縄ダイアリー/【旬の県産食材】島らっきょう「沖縄一の産地」伊江島をたずねました!

マハエの沖縄ダイアリー/麦でつくられたおそばも発見☆伊江島で島そだちの小麦を味わう旅♪

マハエの沖縄ダイアリー/マハエの工場見学♪希少な製造方法の伊江島産ラム酒!

リトハク/伊江島の魅力は食にあり!地元のつくり手を訪ねる工場見学と魅惑のグルメに出会う旅

 

 

2019年4月5日

マハエの工場見学♪希少な製造方法の伊江島産ラム酒!

はいたい♪マハエです!
皆様、伊江島でラム酒が製造されているのはご存知でしょうか。

こちらがその「IeRum Santa Maria(イエラム・サンタマリア)」です。
伊江島で育てられたサトウキビから作られる生粋の伊江島産ラム酒で、透明な方は「クリスタル」というホワイトラム、
褐色の方はオーク樽で熟成させた「ゴールド」です。

このラム酒が作られている「伊江島蒸留所」では工場見学ができるんです!
というわけで、マハエは訪れてみました♪

はじめに、ラム酒ができるまでの過程を動画で見せていただきます。

その後、実際にタンクなどを見学させてもらえます。
工場長の浅香さんが案内してくれました。

大きな装備に目を見張ります!
この蒸留所は、もとはサトウキビのバイオマスエタノールテストプラントだったのだそうです。

世界で作られているラム酒のほとんどは、サトウキビから砂糖を作る際に砂糖にならなかった「廃糖蜜」が
使用されているのですが、イエラムは、サトウキビジュース(サトウキビの搾り汁)から作られるラム酒だそうです。
この製法が用いられているのは世界でも5%未満だそうなので、イエラムは希少なラム酒なんですよ!

蒸留の途中段階のラム酒を見せてもらいました。
刺激の強い香りにびっくり!!
アルコール度数が70度もあるそうです\(◎o◎)/

いくつもの工程を経て作られたラム酒は、最後に樽で熟成されます。

たくさんの樽が保管されています!

熟成されることでまろやかでおいしいラム酒が誕生するんですね☆彡

工場見学の後は、併設されている直売店ショッピング&試飲タイム♪

伊江島フェリーの新しい船「ぐすく」就航記念の特別ボトルが販売されていました!
一番左は、伊江島産のサトウキビのシロップ「イエラム・サンタマリア・ケーンシロップ」です。
パンケーキにかけたらおいしそう(∩´∀`∩)

蒸留所限定販売の「サンタマリア」を発見☆

「クリスタル」「ゴールド」はアルコール度数37度なのですが、限定サンタマリアはなんと63度だそうです!
こちらは、直売店とフェリー待合所にある伊江島物産センターだけでお買い求めいただけますよ。

サンタマリアをベースにしたリキュールもありました!

トートバッグ、Tシャツなどのオリジナルグッズも揃っていましたよ~^ ^

告白飲料!?「イエソーダ」も(*´▽`*)
こちらは伊江島にある断崖「湧出(わじー)」の湧き水で作られているんですよ。

「クリスタル」「ゴールド」とケーンシロップを試飲させていただきました♪

おいしい~☆☆☆
「クリスタル」と「ゴールド」、もとは同じなのに熟成方法が違うと味わいが異なります!

ケーンシロップは、やっぱりパンケーキにかけて食べたい!と思いました^ ^

浅香さん、今日はご案内いただき、ありがとうございました!
工場見学は事前予約制となっています。
伊江島へ訪れる機会がありましたら、ぜひ伊江島蒸留所にもお立寄りください♪

 

【関連リンク】

※伊江島蒸留所についての情報はこちらをご覧ください
リトハク/伊江島の魅力は食にあり!地元のつくり手を訪ねる工場見学と魅惑のグルメに出会う旅

沖縄まるわかり/伊江島

伊江島物産センター

マハエの沖縄ダイアリー/麦でつくられたおそばも発見☆伊江島で島そだちの小麦を味わう旅♪

 

 

2019年3月28日

宮古エリアに新空港「みやこ下地島空港」がオープン♪

みやこ下地島空港

はいたい♪マハエです!

3/30(土)に宮古エリアの下地島に新しい空港 『みやこ下地島空港』 がオープンするということで一足お先に内覧会に行ってきました。

下地島は宮古島の北西に位置する小さな離島。

すぐお隣にある伊良部島とは橋で繋がっており、伊良部島もまた宮古島と橋で繋がっています。

もともと下地島空港は、日本国内のパイロットを養成するための訓練飛行場として誕生した空港。

みやこ下地島空港

その場所に木のぬくもりとリゾート感あふれる新しいターミナルが誕生しました。

メインエントランスから入ってすぐ左手には、沖縄や宮古エリアの選りすぐりの品物を集めたお土産コーナーがあります。

 

以前 インスタグラム特集 で紹介して反響の大きかった「デザイン マッチ」さんのキーホルダーを発見☆

みやこ下地島空港

宮古島の伝統的な厄払いの神様 パーントゥ や ゴーヤ、ヤギなど沖縄ならではのユーニークで珍しいモチーフのキーホルダーはとてもキュート(*^^*)

空港のさんごのロゴマークもマッチさんのオーナー兼デザイナーさんの作品なんですよ。

こちらもとてもかわいくて素敵なので気になる方は、1枚目の写真をぜひチェックしてみてくださいね☆

 

その他にもアダンの葉で編まれた塩入のチャームやピアスも可愛らしいデザインのものがたくさん(´▽`*)

みやこ下地島空港

アダンとは、沖縄でお馴染みの街路樹でパイナップルに似た形をしています。

アダンの葉と言えば、かごが定番ですが、こんなおしゃれなデザインのものがあるととても手に取りやすいですね♪

 

宮古島市のイメージキャラクター『みーや』くんのイラストの入ったお茶を発見☆
「楽しまなく茶~」に「飲んでみなくっ茶~」とお茶目なネーミングでなごませてくれます( *´艸`)

みやこ下地島空港

沖縄の特産品のイラスト入りのお塩もとてもおしゃれなパッケージ。

思わず手に取ってしまいたくなる素敵なデザインのお土産がたくさんありました~♪

 

宮古島にある6つの 酒造所 のお酒が勢揃いした泡盛のコーナーも!

みやこ下地島空港

こちらは、開業記念で本数限定の「宮の華」さんの泡盛。

みやこ下地島空港

素敵なパッケージに限定というダブルの魅力で思わずマハエも欲しくなっちゃいました。

 

こちらは、宮古島産のハイビスカスが使われた泡盛のスパークリング。

みやこ下地島空港

少し分かりにくいですが、右のゴールドパッケージがアルコールで、左のシルバーパッケージがノンアルコール。

アルコール商品のみだと思い込んでいたので、アルコールが苦手な方には嬉しい朗報♪

 

お土産コーナーの奥には、軽食やスイーツが楽しめるイートインスペースもあります。

みやこ下地島空港

メニューには、宮古島名産の「カツオなまり節&海ぶどう」や 「宮古牛ハンバーグ&宮古みそ」、「うちなータコス」など珍しいメニューが並びます。

みやこ下地島空港

色とりどりのおしゃれなアイスもありました。

左からマンゴー、モヒート、17end(ワンセブンエンド)、モリンガ、ミックスフルーツとのこと。

みやこ下地島空港

17エンド とは、下島島空港の北端の外周路沿岸で海の透明度や青のグラデーションがとても美しい場所。

干潮時に現れる白い砂浜とブルーのコントラストは特に絶景で、海の透明度がさらに際立ちます☆

このアイスを食べながら17エンドを眺めてみたいなぁ~φ(^-^)

※17エンドは、2019年3月23日よりすべての車両通行が禁止となったのでお気をつけ下さい。

 

メインエントランスの右手は、チェックインカウンターエリア。

みやこ下地島空港

屋根が高くて木のぬくもりに包まれたとても開放的なスペースは、ここが空港ということを思わず忘れさせてしまいます。

 

続いて、保安検査場の奥のエリアへ。

検査所を抜けた先には、昔ながらの伝統的な古民家にある石造りの素敵なひんぷんがあります。

みやこ下地島空港

ひんぷんとは、門と母屋の間に設けられる目隠しと魔除けの役割をしてくれるとても大事なもの。

新しさの中にも沖縄の伝統的なアイテムがきちんと散りばめられていて、何だか嬉しくなります♪

 

ひんぷんの奥は、「coral port LOUNGE」といって食事や飲み物が楽しめるエリアになっています。

こちらは、国内・国際線共用の搭乗待合室となっているんですよ。

みやこ下地島空港

チョークアートの素敵なメニューは、舌だけでなく目をも楽しませてくれます♪

みやこ下地島空港

宮古テレビの番組からは、宮古島の視聴率男☆しんちゃんさんもいらっしゃっていて、記念にパチリ(^^)v

みやこ下地島空港

 

お食事は、宮古そばやなまり節そば、宮古マンゴーカレー、宮古牛の焼肉セット、なまり節のシーザーサラダなど定番の人気メニューに宮古の特産品を使ったものがたくさん。

みやこ下地島空港

お食事のいただける席は屋根付のテラスになっていて、中庭の緑やデイゴの木などを眺められます。

みやこ下地島空港

こちらのテラスからは、離発着する飛行機も眺められるのだとか。

みやこ下地島空港

ラウンジには、こんな素敵なソファー席も(*´▽`*)

みやこ下地島空港

宮古島の工芸品を眺めながらゆったりとした時間を過ごせそう♪

みやこ下地島空港

その他にもラウンジには、宮古上布や紅型、やちむん、琉球グラスなどの素敵な作品が展示されています。

みやこ下地島空港

屋外には、素敵な水上ラウンジもあります。

みやこ下地島空港

水辺に囲まれたソファー席で、宮古島の太陽の光や風を感じてゆったりリラックス~(*´▽`*)

みやこ下地島空港

出発するぎりぎりまでリゾート気分を満喫できます♪

国内線の出発エリアもゆったりしたソファーがあり、光あふれる素敵な空間が演出されています。

みやこ下地島空港

国内線は、3月30日就航予定の東京線(成田空港)に加え、7月3日には大阪線(関西国際空港)がジェットスターより就航予定。

国際線は、7月19日より香港線(HKG)が香港エクスプレスより就航予定となっています。

東京や大阪を出発して宮古島やその周辺の4つの島に行かれる方はぜひ  『みやこ下地島空港』 をご利用になってみてはいかがでしょうか~(*^-^*)

 

沖縄で人気&おすすめのお土産特集(ランキング)

沖縄の個性あふれる伝統行事

インスタグラム

宮古島と周辺離島をめぐる2泊3日のモデルコース

みやこ下地島空港/フライト情報(国内線)

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール