Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年11月24日

那覇から船で約2時間!渡名喜島で素敵な風景に出会う旅♪

はいたい♪マハエです!
ミス沖縄2017スカイブルーの嘉数晴花さん、コバルトブルーの町田満彩智さんと一緒に
渡名喜島の旅へ行ってきました!

赤瓦の屋根とフクギの並木が続く集落、ウミガメが泳ぐ姿、夜に行動するヤシガニ、
広大に見渡せる美しいサンセット、ほんのり照らす灯りにぬくもりを感じるフットライトなど・・
島でしか見られない風景にいくつも出会いました。

渡名喜島へは那覇泊港から久米商船さんが運行する船で向かいます。那覇を出発した船の中から旅のレポートをスタートします☆彡

船は2種類あるのですが、往路は所要時間が少し短めの「フェリー琉球」でした。
出発時にどの船になるかがわかります。

船内は明るく、清潔感がただよいます。
コンパクトですが、椅子席、のんびり横たわることもできる広間、
また、ラウンジ席もあり、移動中は思い思いの過ごし方ができます。

女子旅、楽しいな♪

嘉数さんと町田さんとゆんたくしていると、船が渡名喜島に到着しました!

今回の旅は、民宿「ふくぎ屋」のご主人・南風原さんにナビゲーターをしていただきました。港でお迎えいただき、まず民家が多く建つ集落へ向かいました。

フクギが想像以上に生い茂っていて、おどろきました!
渡名喜島はフクギが多いことから「フクギのフーちゃん」というキャラクターが活躍しているんですよ♪

フクギのトンネルの中にいるようで楽しい♪

嘉数さん、町田さんもフクギの中の散策を楽しまれていましたよ!

フクギ並木が続く中、ピンク色のハイビスカスを発見☆

淡いピンク色を見かけられるのはめずらしいので、みんな笑顔です♪

続いて、島の名所に案内していただきました。

【あがり浜~アンジェーラ浜】 渡名喜港(フェリーターミナル)から集落を抜けて反対側に「あがり浜」があります。
渡名喜島で唯一遊泳ができるビーチだそうです!

アマンジャキと呼ばれる海岸沿いの弓道を歩きながらお隣のアンジェーラ浜へ向かいます。

歩きながら見える海がとても美しいんです☆

あらためて沖縄の海の美しさに感動しました!

アンジェーラ浜に到着すると、南風原さんが「ここには小さなカニがたくさんいるんだよ」と
教えてくれました。
南風原さん、巣穴を見つけてすばやく掘り起こし・・

つかまえてくれました!
かわいいサイズのカニさんです^^

こちらが巣穴の入口です。

南風原さんにコツを教えていただき、嘉数さんもトライしてみましたが・・
なかなかむずかしく、つかまえることができず!

アンジェーラ浜では満潮時にウミガメが泳いでいるのも見えるそうです!
この日は残念ながら見ることができませんでしたが・・

アンジェーラ浜は遊泳が禁止されていますので、訪れる皆様はマナーをお守りください。

あがり浜、アンジェーラ浜で海の景色を堪能した後は、裏手の山を越えて反対の西側の海岸へ。

【ユブク浜~漁港(ウミガメ&サンセットスポット)】
こちらはユブク浜です。
「神の宿る岩」があると言われています。

こちらがその神の宿る岩だそうです!

この時、空が少し曇っていたのですが・・
神の宿る岩周辺だけに光が差し、水面がキラキラ輝いていました☆

太陽が神様を照らしてくれたのでしょうか(*´▽`*)

ユブク浜から道なりに移動し、ウミガメが見える穴場スポットとして
漁港に案内していただきました!
いました~!!

息つぎのタイミングで顔をあげます。
つぶらな瞳がとってもかわいい(*´▽`*)

南風原さんに、サンセットがとてもきれいに見えるスポットを教えていただき、
日没の時間まで少し待ちます・・

もうすぐ日が沈みそうというタイミングでスタンバイ!

漁港の近くに長い防波堤があるのですが、そちらから空と海が広く見渡せるんです!

嘉数さん、町田さんも空の美しさにウットリ・・

マハエもウットリ(*´▽`*)

素敵なサンセットタイムを満喫できました♪

サンセットを見届け集落に戻ると、フットライトが灯り始めていました☆
まわりをほんのりと照らしていて素敵・・。

夕食をいただき、あたりが暗くなった後は、ナイトツアーへ!

【ヤシガニ探しナイトツアー】
「夜になるとヤシガニが見られるよ」と、南風原さんがナイトツアーへ案内してくれました!

車で山道を上っていきます。

慎重に車を走らせていると・・

いました!!
車を停め、南風原さんが慎重に近づきます。

南風原さん、つかまえて見せてくれました!
こちらは小さいサイズかつヤシガニに慣れた南風原さんなので、つかまえられるそうです。

マハエも近づいてみました!
ヤシガニさんが足をのばしてきました!

キャ〜!!

その後、大きなヤシガニさんも発見☆
迫力です!!
間近で見られる機会はなかなかないので、テンションがあがりました\(^▽^)/

ヤシガニさんは基本的にやさしい性質なのですが、むやみに近づくと
はさみを向けてくる可能性があります。
必ずガイドの方を伴って指示に従い、ツアーにご参加ください。

集落に戻ると、フットライトの灯りがさらに際立っていました☆☆☆

【村道1号線のフットライト】
フェリーターミナル近くの村役場からあがり浜まで続く村道1号線は
夜になるとフットライトが灯り、あたりをほんのりと照らしてくれます。

嘉数さん、町田さんは、ドレスに着替えてフットライトの中をお散歩♪

まるで妖精のようです(*´▽`*)

フクギをやさしく照らすフットライトにぬくもりを感じました。

この風景は渡名喜島でしか見られないのではないかと思います!

旅の1日目はここで終了となりました。

【集落のまちまーい】
2日目は、南風原さんが集落のまちまーいに案内してくださいました。

島のフクギの歴史や史跡について教えていただきました。
島唯一の島豆腐屋さんを見ることもできましたよ♪

島で最古、樹齢230年のフクギがありました〜!

葉はとてもツヤがあり、貫禄のある幹にたくましさを感じました!

集落の民家の多くは、赤瓦の屋根の家屋です。
島の美しい景観と伝統的な建造物を守るため、赤瓦の屋根を継承されているそうです!

渡名喜島は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているんですよ。

集落を歩きながらマハエが不思議に思ったのが、どの民家も道路から少し低い位置に
建っていることでした。
これは、台風などの暴風対策なのだそうです!

渡名喜島の集落は山と山にはさまれた位置にある為、昔から風の通り道になることが多く、
暴風が吹くと家屋への被災が大きかったのだそう。

そこで、道路から低い位置に家屋を置くことで少しでも風の影響を避けようと、
このような建て方をするようになったのだそうです!

自然と共存していく為の工夫だったんですね☆

島の暮らし、歴史などを楽しくお勉強できました♪

まちまーいの終了後、那覇へ向かう船に乗る為フェリーターミナルへ。

【那覇フェリーターミナル売店】
船を待っているあいだお土産ショッピングタイムを楽しみます♪
ターミナルの売店は、船の出発時間に合わせて時間限定でオープンするんです!

島で採れた野菜や穀物などを使用した食品、お菓子がズラリ^^
どれもおいしそう!そしてパッケージもキュートです♪

渡名喜島で作られる農産物はすべて無農薬なんですよ!
こちらもうれしいポイントです☆

出発前に南風原さんと記念撮影♪
島のあちこちに案内していただき、また、島についてたくさん教えていただき、
ありがとうございました!

2日間の滞在中、素朴で素敵な島の風景にいくつも出会えました。
また訪れたいと思います!

 

~関連リンク~

おきなわ物語/渡名喜島

リトハク/渡名喜島

 

2017年9月22日

島の海のような青が美しい☆憧れの石垣焼を手作り体験♪

はいたい♪マハエです!
石垣島にある「石垣焼窯元」さんで作品作りに挑戦しました!

昨年石垣焼を取材させていただいたのですが、その美しさにマハエは一目ぼれ(*´▽`*)
当主の金子晴彦さんにもたくさんのお話を聞かせていただきました。
昨年の様子はこちらのブログから
<石垣島へ行ってきました【2】美しい石垣焼とスぺシャルなランチを堪能♪>

工房に訪れた際に手作り体験教室があると知り、自分のオリジナル作品を
作ってみたいという気持ちが募り、再度訪れました!

ギャラリーで作品を堪能した後、お隣にある工房へ。
マハエはお皿作りに挑戦します!

今回は、平田先生に指導をしていただきました。
初めにすべての工程を実践しながら教えていただけます。

素敵な作品ができあがるよう、先生の一言一言に聞き入ります。

基礎には粘土を使用します。

 

 

 

 

まず上の粘土を半分ほどに切り、手で平らにします。

 

 

 

 

 

 

次にのばし棒を使い、薄くします。

 

 

 

 

 

 

のばし終えたら、型を当て外枠にそって切り抜きます。

 

 

 

 

 

 

ここで作品のおおまかな形が作られます。

 

 

 

 

 

 

ふちを指でつまみ、外側全体を起こすように形づけます。

 

 

 

切り抜き型は、先生のお手本の楕円形の他に円、四角、マンタの形のものもあります!

基本の形作りが終わったら、お皿の中をデザインします♪
えんぴつやスタンプなどを使って模様を描いたり・・

あまった粘土で好きな形をつくりポイントを置くこともできます!

先生のお手本が完成しました!
ハートのポイントがかわいい(*´▽`*)

お皿の凹んだ部分にはガラスが多く入るので色の出方が変わるそうです!

マハエも作品作りにとりかかります\(^0^)/
一部が直線になっている円形の型を選びました!

先生に教えてもらったやり方を思い出しながら形を作っていきます。
先生がそばにいてくれるので、わからなくなったら質問できますよ。

棒を使いのばしていきます。
この工程は少し力を要します。
よいしょ、よいしょ・・

のばし終えたら型にそって切り抜き、ふちを起こして・・
基本のお皿が完成!

イメージしていたデザインを描いていきます!

発色をイメージしながら、あまった粘土でポイントつくり・・
デザインが完了しました!!

マハエが作るのはここまで。
この後は工房の作家さんが焼き上げてくれて完成となります。

今回教えてくださった平田先生と記念にパチリ☆
楽しい体験ができました♪
ありがとうございました!

数か月後・・
作品が届きました!!
素敵なお皿に仕上がっていました~☆☆☆

マハエの大切な花笠をデザインしました♪

島の美しい海のような青とキラキラしたガラスの粒子が美しい☆彡
自分で石垣焼を作れたなんて感激です!

マハエの宝物がまたひとつ増えました♪

皆さんも石垣島に訪れた際にぜひ挑戦して、作品と思い出を作ってみませんか♪

 

※工房の状況により作品の到着までには6ヵ月ほどを要する場合もあります。

 

~関連リンク~
おきなわ物語/石垣焼窯元

2017年9月11日

Okinawa Hip-Hop Busで沖縄本島北部&中部の人気スポットをめぐりました!

はいたい♪マハエです。
自動音声ガイド付き観光バス「City sightseeing Okinawa Hip-Hop Bus」に乗って北部、中部へ行ってきました。
今回マハエは4種類あるコースのうち、古宇利島・ワルミ大橋・沖縄美ら海水族館・ブセナ海中展望塔・美浜アメリカンビレッジをめぐるコースに参加です♪

那覇から出発して、高速道路に乗り最初の目的地の「古宇利島」へ向かいます☆彡


今回のツアーでお世話になるバスは天井が高く全体的に広々としており、長時間乗っていても疲れにくい快適な空間です。
フリーWi-Fiも完備されているのでツアーに参加しながらSNS投稿もできちゃいます。

そして、なんといってもHip-HopBusのポイントは、この自動音声ガイドで沖縄の文化、歴史、神話などを知ることができるところです。
日本語だけでなく英語・北京語・広東語・韓国語・タイ語・ロシア語・スペイン語に対応しているので、外国の方が参加されてもお楽しみいただけます!
(コースにより対応言語が異なります)

音声ガイドを楽しんでいると、古宇利大橋が見えてきました。


古宇利大橋は全長約2kmで日本全国の離島へ架けられた橋の中で、2番目の長さを誇る橋です。
ちなみに1番は同じ沖縄の橋で2015年に開通した、宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋なんですよ。
音声ガイドからは古宇利島にまつわる神話も流れるので、ぜひ聞いてみてくださいね♪

車窓からはとても美しい海と橋、空の青さを堪能できますよ♪

美しい風景に見とれているとあっというまに古宇利島に到着しました。

晴天に恵まれ、よりいっそう美しい海を眺めることができました☆彡

橋を渡った先にある「古宇利島ふれあい広場」には自然ガイドの案内板があり、古宇利島のMAPや島周辺に生息している天然記念物「ジュゴン」の生態についても記載されています。

ビーチは白い砂浜と遠浅の海が美しく、たくさんの観光客の方々が日光浴や海水浴を楽しんでいました!

マハエも美しい景色を堪能♪



古宇利大橋から見える美しい海は本当に魅力的でした♪

古宇利島を出てバスに乗り、今度は「ワルミ大橋」を渡っていきます。

アーチ橋としては日本国内で5番目の長さで300m以上あります。
車窓から羽地内海を見下ろしてみると、思ったより高さがありビックリ!!
なぜこんなに高いのかというと2,000トン級の船舶を通すためだそうです。
一見の価値ありですよ♪

ワルミ大橋を抜け、しばらくバスに乗っていると、沖縄美ら海水族館がある海洋博公園に到着しました。
海洋博公園は、1975年に開催された「沖縄国際海洋博覧会」の跡地にできた公園です。
園内施設には今からマハエが訪れる「沖縄美ら海水族館」や「熱帯ドリームセンター」、遊泳無料の「エメラルドビーチ」等があります。

沖縄美ら海水族館に向け歩いていると道中ではシーサーや素敵な噴水がお出迎え♪



沖縄美ら海水族館の入り口フロアへ降りると、伊江島が見えるスポットが出現! 真ん中にそびえ立つ山は「伊江島タッチュー」と呼ばれています。


ついに「沖縄美ら海水族館」に到着しました!!
Hip-HopBusツアーには入館券もついていて、今回のコースだと3時間の滞在が可能です♪

水族館に入るとタッチプールがあり、ヒトデなどの浅瀬に棲息している生き物と触れ合うことができます。
マハエもヒトデにタッチましたが、ヒトデは意外と固くてビックリしました!!


タッチプールを抜けると、「サンゴの海」という水槽があり、約70種800群体の造礁サンゴと魚達がお出迎え♪
水槽自体に屋根がないため、晴天の今日は太陽の光が降り注ぎ、とても神秘的でした。



これにはネズミフグも思わずニッコリ^^

次に色とりどりの熱帯魚が泳ぐ水槽へ
マハエが来た時に給餌タイム(13:00)が始まり、餌に向かって熱帯魚達が集まってきて一気に水槽がカラフルに!!
給餌タイム前にはアナウンスが入るので、先のエリアへ進まれて見ていない方も戻ってくるのをオススメしたいくらい必見ですよ♪


いよいよメインの大水槽!!と行きたいところですが、その前に「サメ博士の部屋」に寄ってみました。
展示スペース中央では、サメやエイの皮の標本が展示されており、直接鮫肌の感触を触って確かめることもできます。


絶滅した古代ザメ・メガロドンのアゴの復元模型は模型とは思えないくらい迫力満点!!

迫力あるサメたちに終始圧倒されたマハエなのでした。

そしていよいよメインの大水槽「黒潮の海」へ。


オスのジンベエザメの「ジンタ」は全長「8.7M」で、ジンベエザメの”世界最長飼育記録22年”という大記録を持っています。
ちなみに21,000点もいる沖縄美ら海水族館の生き物の中で、名前がついているのは唯一ジンタだけです。



水槽の中をすいすいと泳ぐジンタの姿に癒されました♪

さらに奥へと進むと深海の可愛くて奇妙な生物たちが個水槽でお出迎えしてくれます。
紫外線を反射して光るサンゴやここ最近ぬいぐるみが発売されるなどして注目を集めている「オオグソクムシ」君。
ちなみに水槽自体の水圧は深海の水圧ではなく、通常の水圧なんだそう!
深海魚は水圧が高い所でしか生息できないイメージですが、沖縄美ら海水族館では圧力水槽で徐々に通常の水圧に慣れさせることで、飼育を可能にしています。




楽しいと時間はあっという間に過ぎちゃいます。
沖縄美ら海水族館を後にし、今度は「ウミガメ館」へやってきました♪
マハエがカメラを向けていると一匹のウミガメが「さぁ、私を撮りなさい!!」と言わんばかりに近寄ってきたのが印象的でした。



ウミガメ館を抜けると伊江島が見える浜辺が出現!!南国の楽園らしい風景です♪


沖縄美ら海水族館を充分に楽しんだマハエは次のスポット「ブセナ海中公園」へ。

ブセナ海中公園には、サンゴ礁と熱帯魚をボートに乗って観賞できる「グラス底ボート」と
海の中にある展望フロアから海中を眺められる「海中展望塔」があります。
今回マハエは「海中展望塔」へ向かいました。

天気が良かったので、駐車場から歩いて移動しましたが、無料シャトルバスで移動することもできますよ。

桟橋の先に海中展望塔があります!


透明度の高い海なので、浅橋から海を覗くと元気に泳ぐお魚さんたちの姿を楽しめます♪

展望フロアの入り口に到着しました。
沖縄美ら海水族館と同じくツアーには海中展望塔の入場料金も含まれています♪


らせん階段を下りて水深5mの世界へ♪

展望フロアは360度、24面の窓から海底に広がるサンゴ礁の海と亜熱帯の色あざやかなお魚さんたちを覗くことができます!
海の中に自分が潜っているかのように感じる不思議な空間です。

イソギンチャクとそれに寄り添うカクレクマノミも発見♪ 癒やされます。



色とりどりお魚さんたちときれいな海を堪能した後は、しばらくバスに乗り、最終目的地の「美浜アメリカンビレッジ」へ向かいます。

国道58号線から大きな観覧車が見える一帯が美浜アメリカンビレッジで、ショッピングやグルメを楽しめるお店やアミューズメント施設などが揃うスポットです。

FreeWi-Fiも完備されていました。

アメリカンスタイルのお店が多いので外国の雰囲気を感じることができます♪


海岸から見るサンセットはとても美しく神秘的でした。

最後は地上高60mの観覧車「SKYMAX60」に初チャレンジです!



観覧車の上から見るサンセットもまた格別です♪

頂上からは北谷のまちなみや美しい海を一望できます。


夜になり観覧車がライトアップされると昼とは全く別の顔を覗かせてくれます。

ツアーはここから那覇に戻り終了です。
今回参加したコース以外にもさまざまなコースがあります。
友人や外国からのお客様のおもてなしに、ぜひ「Okinawa Hip Hop Bus1 DAY BUS TOUR」で思い出に残るバスツアー体験はいかがでしょうか♪

~関連リンク~
Okinawa Hip-Hop Bus 公式サイト

2017年6月30日

瀬長島に新スポット誕生☆彡ISLAND MAGIC SENAGAJIMA by WBF

はいたい♪マハエです。
瀬長島に6月にグランドオープンした「ISLAND MAGIC SENAGAJIMA by WBF」さんの
見学に行ってきました!

ISLAND MAGIC SENAGAJIMA by WBFさんは、アメリカンスタイルの本格BBQが
楽しめるスポットです!
機材や食材は事前に予約できるので、手ぶらで行くこともできるんです\(^0^)/

それでは行ってみましょう♪

白を基調としたおしゃれな造りになっています。
リゾート感溢れる雰囲気にワクワク♪

思わず写真を撮りたくなっちゃいますよね☆彡

マンガのレンタルもありますよ!
思い思いにゆっくり楽しめますね♪

空を見上げると、飛行機が飛び立っていく様子が見られるのも瀬長島の醍醐味!

BBQと合わせてキャンピングトレーラーを個室休憩スペースとして利用できる
「エアストリームサイト」を見させていただきました!

BBQゾーンはこちら。

グリルの横にはゆったりしたソファーやテーブルが完備されています!

気になるBBQのメニューですが、アメリカンスモークステーキ、シュラスコポーク、
ビア缶チキンの3つが楽しめます☆
おいしそう~!

ランチタイムとディナータイムがあり、夜になると景色はこんな感じに変身☆彡

施設内の中央には「Fire Pit Area」があります。

お天気や予約状況によりますが、キャンプファイヤも楽しめるそうです!

休憩スペースを見てみましょう♪
「エアストリーム」というアメリカのキャンピングトレーラーが改装されお部屋になっています!

全室エアコン完備なので快適☆彡1台につき4名まで利用可能だそうです。
インテリアは3タイプあり、さまざまなシーンで楽しめそうです♪

タイプ1

カラフルなファブリックが楽しい♪
なかよしグループや小さなお子様がいるファミリーにピッタリ!

タイプ2

シックで落ち着いた雰囲気です。
ゆっくり過ごすのにおすすめだと思いました。

タイプ3

天蓋付きカウチソファにテンションが上がりました(≧▽≦)
女子会などにいかがでしょうか♪

沖縄に楽しいアウトドアメニューがまたひとつ増えて、マハエはうれしいです!!

近くにはニューヨークスタイルのドーナツが食べられる「JUNE DONUTS」さんもオープン☆彡

カラフルなドーナツに心躍ります♪♪

こんなふうにテイクアウトもできちゃいます!

マハエのおすすめは、お店の屋上でのイートイン♪
海や飛行機を眺めながらのんびり過ごせますよ。

ドーナツは外側がカリッと、中はもちもちしていて、とってもおいしかったです☆☆☆
ごちそうさまでした。

沖縄にお越しの際は、新しい過ごし方、新しいスイーツを体験してみませんか♪

 

~関連リンク~
おきなわ物語/ISLAND MAGIC SENAGAJIMA by WBF

2017年4月26日

「古宇利島マジックアワーRUN」の応援に行ってきました!

はいたい♪マハエです!
4月15日(土)に今帰仁村で開催された「古宇利島マジックアワーRUN」の応援に行ってきました!

ランナーの皆さんの多くが笑顔でゴールしていたのが印象的だった、会場の様子を報告します☆彡

古宇利島マジックアワーRUNは“ワルミ大橋・古宇利島大橋を走ろう”をテーマにした
ハーフマラソン(21.0975キロ)の大会です。
ゴール時間の前後が、夕日が最も美しいと言われる“マジックアワー”になると
言われているんです☆

スタート地点の今帰仁村総合運動公園です。
スタート前は、晴れと曇りを行ったり来たり・・
素敵なマジックアワーになるかどうか気になります。

公園内にマハエの仲間のスポーツチームがブースを出展していました!
ランニングが楽しくなるグッズや沖縄の観光に役立つ情報などを提供しています♪

マハエもブースでお手伝いしましたよ!

お立寄りいただいた方にポストカード、シール、缶バッジなどを配布しました。

グッズの中でも特にマハエがおすすめなのが、ボディペイントシール♪
楽しくRUNできそうですよね(≧▽≦)

時間が近づいたので、スタート地点に移動してきました!
今回の参加者は、3,092人にものぼったそうです!!

合図が鳴り、一斉にスタート!

マハエの仲間は、シーサーに扮して参戦^^

皆さん、完走めざしてちばりよ~(がんばれ~)!

スタートを見届けた後は、ブースに戻り引続きお手伝い。

ランナーの同行者の方々と沖縄のスポーツイベントの魅力についてゆんたく(お話し)したり、
近隣のスポットの案内をしたり、大勢の方々と交流ができて楽しかったです♪

イベントの時のお楽しみのひとつが、ご当地グルメ^^
あちらこちらからおいしそうな香りが漂い、何を食べようか迷います。。

魅力的なグルメが揃う中、以前取材をさせていただいた「La Vous」さんのブースを発見☆

ということで、こちらのジェラートをいただくことにしました!

今帰仁の名産・スイカと発売になったばかりというモリンガのフレーバーをダブルでv(^▽^)v
今帰仁村は、日本一早くスイカを出荷することで有名です!

ひと口食べると、スイカの果実を感じられるようなフレッシュな味がしました!
モリンガはお茶などに加工される植物なのですが、こちらは抹茶の味に似ていました。

どちらもでーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆

グルメを堪能した後は、ゴールでランナーの皆さんをお出迎え♪

スタートから1時間11分55秒、男性ランナーの方が先頭を切ってゴール☆
その早さにビックリ!

その後もゴールが続きました。

NAHAマラソンにも出場されていたあわもり君、笑顔でゴール☆

スポーツイベントでお見かけすることが多い、宮古まもる君^^
ミネラルウォーターを手にさわやかスマイルを見せてくれました♪

他にも、ディズニー映画に出てきそうなポリネシアンの男性に扮した方、
特撮ヒーローに扮した方などもいらっしゃいました^^

マハエの仲間のシーサー君もみごとゴール☆
楽しいRUNだった様子がうかがえました(≧▽≦)

完走メダルは、やちむん製でした!

今帰仁村にゆかりのある源為朝、村出身の古代の女性・今帰仁ウカミのキャラクターが
古宇利大橋の上を走っている様子が刻印されています。
かわいいな~♪

大会中は曇り空で、残念ながらマジックアワーを拝むことはできなかったのですが、
ランナーの皆さんの笑顔のゴールがたくさん見れた、素敵な大会でした。
次回は、マジックアワーが見られることを期待します!

 

~関連リンク~
イベント情報/第7回古宇利島マジックアワーRUN in 今帰仁村 

スポット情報/古宇利大橋

マハエの沖縄ダイアリー/世界大会 準グランプリ受賞!沖縄の恵みがぎゅっと詰まったジェラート『La Vous (ラ・ボウス) 』

スポーツアイランド沖縄

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール