Home > マハエの沖縄ダイアリー

2019年5月30日

本部町に新スポット誕生☆彡オキナワ ハナサキマルシェ

はいたい♪マハエです!
3月に「オキナワ ハナサキマルシェ」がオープンしました☆彡

海を目の前にグルメ、ショッピング、アクティビティが楽しめる、おしゃれな市場です!

沖縄美ら海水族館より車で約5分の好立地にありますよ(≧▽≦)

フードコートをのぞいてみたところ・・
伊江島で小麦グルメを堪能した「いーじまとぅんが」の2号店がありました~!

伊江島のお店にはない、本部店のオリジナルメニューがいくつもあるんですよ☆彡

オリジナルメニューの中から「い~じま小麦ピザ」をオーダーしました!

生地がサクサクしています♪
トッピングのタコスミートやチーズとマッチしていて、いっぺーまーさん☆☆☆

そして、もうひとつ気になるメニューもオーダー^ ^

い~じまタコライスセットです!

伊江島のタッチュー(城山)をイメージしたタコライスなんですよ(≧▽≦)
見て楽しい、食べておいしい一品でした☆☆☆

伊江島のお店でお世話になった渡真利店長が、厨房で腕をふるっていらっしゃいました!
(写真は伊江島店で撮影したものです。)
うれしい再会ができ、感激しました(∩´∀`∩)

お腹が満たされた後は・・スイーツ♪

同じくフードコートにある「Yanbaru Gelato(やんばるジェラート)」へ向かいました!
やんばるでは初出店だそうです~☆彡

店長の米盛さんは、「2017年ジェラート世界大会自由部門」でみごと準グランプリに輝いたんですよ☆☆
全国最年少のジェラートマエストロでもあります!

宜野湾市にある1号店の「La Vous(ラ・ボウス)」で以前取材をさせていただいたことがあり、
こちらでもうれしい再会ができました(*´▽`*)

ジェラートを見てみましょう♪
カラフルで心躍ります♪♪
沖縄産の果実が使用されているフレーバーが多数あるんですよ!

マハエの希望のマンゴーと米盛さんのおすすめフレーバーの組合せでオーダーしました!

「マンゴー」と「大地の香り」、そして「パイン・リンゴ・セロリ」を1スクープ♪
「大地の香り」は、今帰仁村や名護市で育てられたビーツのジェラート。
米盛さんが準グランプリを受賞された作品です☆

「パイン・リンゴ・セロリ」は、米盛さんのジェラート作りの師匠である柴野大造さんの作品です。
「ジェラート ワールド ツアー グランドファイナル」で一般部門で1位、総合で4位に輝いた作品なんですよ☆

東村で育てられたパインと糸満市で育てられたミントが原料だそうです!

いただきます~♪ 「大地の香り」はビーツそのものを食べているような、果実の甘みをダイレクトに感じます!
「パイン・リンゴ・セロリ」は、さわやかな甘みが口の中に広がります~(*´▽`*)

米盛さんは、新しい果実の仕入れが決まった時は、生産されている農家さんのもとへ必ず足を運ぶようにしているそう。
農家さんと直接交流することで、果実の知識や情報を得られ、ジェラート作りに活かされているそうです。

ピザ、タコライス、ジェラート・・と、おいしいものをたくさんいただきましたが、もうひとつ気になるお店が^ ^

「ZATER&CHI-CHI」でタピオカミルクティーをいただきました♪

もちもちした食感のタピオカとほんのり甘いミルクティーがベストマッチ☆
ゴクゴク飲んでしまいそう^ ^

自家製のタピオカは、波照間島産の黒糖を使って煮つめられているそうです。
こちらでも県産の食材が活用されていました!

そして・・パンケーキもいただいちゃいました♪ほんのりと甘い、ふわふわの生地がたまりません(≧∀≦)

東京・代官山で行列ができるパンケーキのお店を営まれていたオーナーさんが沖縄に初出店されたそうで、
そちらのレシピで作られているんですよ!

ペロリとたいらげちゃいました(∩´∀`∩)

またまたおいしい出会いがあり、幸せな気分♪
ごちそうさまでした!

その後は お散歩がてらお店をチェック☆

気になるお店を発見しました!

「hysy(ヒスイ)」は雑貨のセレクトショップで、県内外の逸品が揃います!

あれもこれも欲しくなってしまう品ぞろえ♪

デコレーション用の「ジャム」もありました☆

ホテルのお部屋などでデコ体験が楽しめますよ♪

手作り体験教室も充実していました!
紅型和紙のうちわ作りやスプーン作りなど楽しい体験ができそうです♪

こちらのシーサー作りは新しいメニュー☆土台には琉球ガラスを砕いて作る軽石が使用されているそうで、hysyだけのオリジナルなんです!
蓄光するので、暗いところに置くと光るんですよ☆

hysyには、英会話が可能な台湾人スタッフさんが2名いらっしゃるので、外国からのお客様にも対応が可能とのこと!
旅の思い出に作品作りに挑戦してみてはいかがでしょうか♪

グルメ、ショッピング、アクティビティを満喫できる新しいスポットが誕生しました☆
皆様もぜひお立寄りください!

 

【関連リンク】

オキナワ ハナサキマルシェ

アラマハイナ コンドホテル

游食処いーじまとぅんが

La Vous(ラ・ボウス) 

マハエの沖縄ダイアリー/麦でつくられたおそばも発見☆伊江島で島そだちの小麦を味わう旅♪

マハエの沖縄ダイアリー/世界大会 準グランプリ受賞!沖縄の恵みがぎゅっと詰まったジェラート『La Vous (ラ・ボウス) 』

おきなわギフト旅

 

 

 

2019年5月10日

【5月12日はアセローラの日】ご当地おやつランキング1位獲得☆アセローラフレッシュへ!

はいたい♪マハエです!
5月12日は「アセローラの日」です☆

アセローラの初出荷時期が、5月12日頃であることから1999年に制定されました。

マハエは、アセローラの拠点産地である本部町で生産や加工を手がけていらっしゃる
「アセローラフレッシュ」をたずねました!
オリジナルのスムージー「アセローラフローズン」は、2015年の「ニッポン全国ご当地おやつランキング」で
みごと1位に輝いたんですよ~☆☆☆

アセローラフレッシュの会長を務めていらっしゃる、並里哲子さんにお話をうかがいました。

アセローラは、毎年5~8月に収穫期を迎えます。
約35年前にアセローラフレッシュの創業者であり、哲子さんの旦那様でもある康文さん(故人)が、
故郷の本部町をアセローラの一大産地にすることを目標に栽培し始めたのが、沖縄での生産のはじまりでした。

アセローラは、24~25℃の気温を保てないと育てるのがむずかしいそうです。
その点では、沖縄は栽培地としてぴったりの気候だったのです!

日本で栽培されるアセローラは、ほぼ沖縄産のものなんですよ。

こちらは、アセローラの木です。
赤い実をつけたらあざやかだろうなぁ♪

アセローラは傷みが早く果実としての出荷だけでは限りがあるため、加工品もさかんに生産されています!

4月に発売になったばかりの「アセローラうどん」!
アセローラの果皮が練り込まれており、ほのかに香りがするのが特徴だそうです!

5月12日に発売になる、アセローラのマスタードを見せていただきました☆彡
沖縄で活躍されているフレンチレストランのシェフ・島袋司さんがプロデュースされたそうです!

特別に味見をさせていただきました(≧▽≦)
アセローラのさわやかな酸味とスパイスが調和されていて、いっぺーまーさん☆☆☆

グリルしたお肉の調味料としていただいてみたいなと思いました♪

同日にはマスタードの他に、バージョンアップされたジャムも発売になるそうです!

果実も見せていただきました(*´▽`*)
収穫時期前だったため、冷凍保存されたものです。

じっくりと解凍した実を1粒パクリ!
酸味が効いています~(≧▽≦)

アセローラ1粒には、レモンの約4.8個分のビタミンCが含まれているそうです!!
栄養価が高く、積極的にいただきたいフルーツですね☆

アセローラフローズンもいただきました♪

太陽を浴びながらフローズンをいただけるなんて、とても幸せ(∩´∀`∩)
ごちそうさまでした!

哲子さん、アセローラについてたくさん教えていただき、ありがとうございました!これからもたくさんアセローラをいただきますね!!

最後に、これから開催されるイベントについて教えていただきました☆彡

5月12日にアセローラフレッシュにて、記念日をお祝いしたセレモニーがおこなわれます!
収穫高の表彰式や本部町の親子ペアを招いての収穫体験、苗木の無料配布を予定されているそうです。

また町内にある「もとぶかりゆし市場」では、5月12日から1週間「アセローラフェア」が予定されています!

アセローラフレッシュでは、5月12日だけに限らず夏季にアセローラの収穫体験を実施されているそうですよ。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

【関連リンク】

沖縄食材図鑑

おいしいをめぐる旅/沖縄でしたい10の食体験・41市町村地元グルメを体験するおいしい食べ歩き

おいしいをめぐる旅/おきなわ食のカレンダー

 

アセローラフレッシュ(外部リンク)

もとぶかりゆし市場(外部リンク)

 

 

2019年4月12日

島のいいものいっぱい!伊江島でグルメとショッピングを満喫♪

はいたい♪マハエです!
伊江島の旅では、ご当地グルメとおみやげショッピングも楽しみました~♪

おみやげをさがしに伊江港ターミナルにある「伊江島物産センター」にやってきました!

店内には、伊江島産の食材を活用したものをメインにおみやげがズラリと並んでいます(≧▽≦)

「伊江の華」という泡盛を発見しました☆

実は、伊江島には泡盛の酒蔵所がなく、この「伊江の華」は、那覇市首里にある瑞穂酒造が製造されています。
2014年の伊江島ゆり祭りで咲いた花から分離させた酵母で作られているそうですよ!

マハエがパッケージになっている「伊江島シーサイドストーリー」もありました~(*´▽`*)

これまでは、沖縄本島の「沖縄シーサイドストーリー」、宮古島の「宮古島シーサイドストーリー」の2種でしたが、
新たに「伊江島シーサイドストーリー」と「石垣島シーサイドストーリー」が仲間入りしたんですよ♪♪

パッケージデザインが異なるので、それぞれの島に訪れた際はぜひチェックしてみてください^ ^

気になるグッズを発見☆

伊江島産のピーナッツ(落花生)で作られたイエピーマグネットでした♪
いろいろな表情があり、とてもキュート(≧▽≦)

伊江島のキャラクター・タッちゅんの手作りグッズもありました♪
かわいい(∩´∀`∩)

島で採れた新鮮な野菜のコーナーもありましたよ!

全部欲しい~!という気持ちをおさえ、厳選したおみやげがこちら\(^▽^)/
伊江島産の小麦から作られたサーターアンダギーやちんすこう、スナック菓子のケックン、伊江ソーダ、
ピーナッツ味の伊江島アイスクリーム、島らっきょうの浅漬け。

みんなに喜んでもらえるかな♪

ショッピングを楽しんだ後は、伊江島産のお肉をいただきました!

伊江島では、肉牛を育てられている農家さんもいらっしゃいます。

マハエは焼肉をいただきました♪
ヒレ、バラ、モモ、サーロインです!

赤身のうまみが広がり、いっぺーまーさん(とてもおいしい)☆☆☆
感謝の気持ちをこめていただきました。

今回たずねたのは「島の駅」というお店でした。
日によって営業時間が異なるようなので、事前に確認したうえでおたずねください。

伊江島物産センターでポスターを見た「ゆり祭り」が気になり、食事の後リリーフィールド公園へ向かいました!

会場の外ですが、発見♪

訪れたのは3月だったのですが、花を咲かせたゆりを見られてラッキーでした☆

ゆり祭りの頃には満開になるのかなとワクワクしました♪♪
今年も楽しみですね(≧▽≦)

伊江島のいいものにたくさんめぐり会えた旅でした♪
これからも島の旅を楽しみたいと思います!!

 

【関連リンク】

沖縄まるわかり/伊江島

伊江島物産センター

リリーフィールド公園

 

第24回伊江島ゆり祭り

【4/27~4/29・5/4・5/5】伊江島ゆり祭り日帰りバスツアー

【那覇発】専用クルーザーで行く!伊江島ゆり祭り日帰りツアー

沖縄のモデルコース/伊江島 絶景もビーチもグルメも! 伊江島を丸ごと楽しむコース

 

マハエの沖縄ダイアリー/【旬の県産食材】島らっきょう「沖縄一の産地」伊江島をたずねました!

マハエの沖縄ダイアリー/麦でつくられたおそばも発見☆伊江島で島そだちの小麦を味わう旅♪

マハエの沖縄ダイアリー/マハエの工場見学♪希少な製造方法の伊江島産ラム酒!

リトハク/伊江島の魅力は食にあり!地元のつくり手を訪ねる工場見学と魅惑のグルメに出会う旅

 

 

2019年4月5日

マハエの工場見学♪希少な製造方法の伊江島産ラム酒!

はいたい♪マハエです!
皆様、伊江島でラム酒が製造されているのはご存知でしょうか。

こちらがその「IeRum Santa Maria(イエラム・サンタマリア)」です。
伊江島で育てられたサトウキビから作られる生粋の伊江島産ラム酒で、透明な方は「クリスタル」というホワイトラム、
褐色の方はオーク樽で熟成させた「ゴールド」です。

このラム酒が作られている「伊江島蒸留所」では工場見学ができるんです!
というわけで、マハエは訪れてみました♪

はじめに、ラム酒ができるまでの過程を動画で見せていただきます。

その後、実際にタンクなどを見学させてもらえます。
工場長の浅香さんが案内してくれました。

大きな装備に目を見張ります!
この蒸留所は、もとはサトウキビのバイオマスエタノールテストプラントだったのだそうです。

世界で作られているラム酒のほとんどは、サトウキビから砂糖を作る際に砂糖にならなかった「廃糖蜜」が
使用されているのですが、イエラムは、サトウキビジュース(サトウキビの搾り汁)から作られるラム酒だそうです。
この製法が用いられているのは世界でも5%未満だそうなので、イエラムは希少なラム酒なんですよ!

蒸留の途中段階のラム酒を見せてもらいました。
刺激の強い香りにびっくり!!
アルコール度数が70度もあるそうです\(◎o◎)/

いくつもの工程を経て作られたラム酒は、最後に樽で熟成されます。

たくさんの樽が保管されています!

熟成されることでまろやかでおいしいラム酒が誕生するんですね☆彡

工場見学の後は、併設されている直売店ショッピング&試飲タイム♪

伊江島フェリーの新しい船「ぐすく」就航記念の特別ボトルが販売されていました!
一番左は、伊江島産のサトウキビのシロップ「イエラム・サンタマリア・ケーンシロップ」です。
パンケーキにかけたらおいしそう(∩´∀`∩)

蒸留所限定販売の「サンタマリア」を発見☆

「クリスタル」「ゴールド」はアルコール度数37度なのですが、限定サンタマリアはなんと63度だそうです!
こちらは、直売店とフェリー待合所にある伊江島物産センターだけでお買い求めいただけますよ。

サンタマリアをベースにしたリキュールもありました!

トートバッグ、Tシャツなどのオリジナルグッズも揃っていましたよ~^ ^

告白飲料!?「イエソーダ」も(*´▽`*)
こちらは伊江島にある断崖「湧出(わじー)」の湧き水で作られているんですよ。

「クリスタル」「ゴールド」とケーンシロップを試飲させていただきました♪

おいしい~☆☆☆
「クリスタル」と「ゴールド」、もとは同じなのに熟成方法が違うと味わいが異なります!

ケーンシロップは、やっぱりパンケーキにかけて食べたい!と思いました^ ^

浅香さん、今日はご案内いただき、ありがとうございました!
工場見学は事前予約制となっています。
伊江島へ訪れる機会がありましたら、ぜひ伊江島蒸留所にもお立寄りください♪

 

【関連リンク】

※伊江島蒸留所についての情報はこちらをご覧ください
リトハク/伊江島の魅力は食にあり!地元のつくり手を訪ねる工場見学と魅惑のグルメに出会う旅

沖縄まるわかり/伊江島

伊江島物産センター

マハエの沖縄ダイアリー/麦でつくられたおそばも発見☆伊江島で島そだちの小麦を味わう旅♪

 

 

2019年3月28日

宮古エリアに新空港「みやこ下地島空港」がオープン♪

みやこ下地島空港

はいたい♪マハエです!

3/30(土)に宮古エリアの下地島に新しい空港 『みやこ下地島空港』 がオープンするということで一足お先に内覧会に行ってきました。

下地島は宮古島の北西に位置する小さな離島。

すぐお隣にある伊良部島とは橋で繋がっており、伊良部島もまた宮古島と橋で繋がっています。

もともと下地島空港は、日本国内のパイロットを養成するための訓練飛行場として誕生した空港。

みやこ下地島空港

その場所に木のぬくもりとリゾート感あふれる新しいターミナルが誕生しました。

メインエントランスから入ってすぐ左手には、沖縄や宮古エリアの選りすぐりの品物を集めたお土産コーナーがあります。

 

以前 インスタグラム特集 で紹介して反響の大きかった「デザイン マッチ」さんのキーホルダーを発見☆

みやこ下地島空港

宮古島の伝統的な厄払いの神様 パーントゥ や ゴーヤ、ヤギなど沖縄ならではのユーニークで珍しいモチーフのキーホルダーはとてもキュート(*^^*)

空港のさんごのロゴマークもマッチさんのオーナー兼デザイナーさんの作品なんですよ。

こちらもとてもかわいくて素敵なので気になる方は、1枚目の写真をぜひチェックしてみてくださいね☆

 

その他にもアダンの葉で編まれた塩入のチャームやピアスも可愛らしいデザインのものがたくさん(´▽`*)

みやこ下地島空港

アダンとは、沖縄でお馴染みの街路樹でパイナップルに似た形をしています。

アダンの葉と言えば、かごが定番ですが、こんなおしゃれなデザインのものがあるととても手に取りやすいですね♪

 

宮古島市のイメージキャラクター『みーや』くんのイラストの入ったお茶を発見☆
「楽しまなく茶~」に「飲んでみなくっ茶~」とお茶目なネーミングでなごませてくれます( *´艸`)

みやこ下地島空港

沖縄の特産品のイラスト入りのお塩もとてもおしゃれなパッケージ。

思わず手に取ってしまいたくなる素敵なデザインのお土産がたくさんありました~♪

 

宮古島にある6つの 酒造所 のお酒が勢揃いした泡盛のコーナーも!

みやこ下地島空港

こちらは、開業記念で本数限定の「宮の華」さんの泡盛。

みやこ下地島空港

素敵なパッケージに限定というダブルの魅力で思わずマハエも欲しくなっちゃいました。

 

こちらは、宮古島産のハイビスカスが使われた泡盛のスパークリング。

みやこ下地島空港

少し分かりにくいですが、右のゴールドパッケージがアルコールで、左のシルバーパッケージがノンアルコール。

アルコール商品のみだと思い込んでいたので、アルコールが苦手な方には嬉しい朗報♪

 

お土産コーナーの奥には、軽食やスイーツが楽しめるイートインスペースもあります。

みやこ下地島空港

メニューには、宮古島名産の「カツオなまり節&海ぶどう」や 「宮古牛ハンバーグ&宮古みそ」、「うちなータコス」など珍しいメニューが並びます。

みやこ下地島空港

色とりどりのおしゃれなアイスもありました。

左からマンゴー、モヒート、17end(ワンセブンエンド)、モリンガ、ミックスフルーツとのこと。

みやこ下地島空港

17エンド とは、下島島空港の北端の外周路沿岸で海の透明度や青のグラデーションがとても美しい場所。

干潮時に現れる白い砂浜とブルーのコントラストは特に絶景で、海の透明度がさらに際立ちます☆

このアイスを食べながら17エンドを眺めてみたいなぁ~φ(^-^)

※17エンドは、2019年3月23日よりすべての車両通行が禁止となったのでお気をつけ下さい。

 

メインエントランスの右手は、チェックインカウンターエリア。

みやこ下地島空港

屋根が高くて木のぬくもりに包まれたとても開放的なスペースは、ここが空港ということを思わず忘れさせてしまいます。

 

続いて、保安検査場の奥のエリアへ。

検査所を抜けた先には、昔ながらの伝統的な古民家にある石造りの素敵なひんぷんがあります。

みやこ下地島空港

ひんぷんとは、門と母屋の間に設けられる目隠しと魔除けの役割をしてくれるとても大事なもの。

新しさの中にも沖縄の伝統的なアイテムがきちんと散りばめられていて、何だか嬉しくなります♪

 

ひんぷんの奥は、「coral port LOUNGE」といって食事や飲み物が楽しめるエリアになっています。

こちらは、国内・国際線共用の搭乗待合室となっているんですよ。

みやこ下地島空港

チョークアートの素敵なメニューは、舌だけでなく目をも楽しませてくれます♪

みやこ下地島空港

宮古テレビの番組からは、宮古島の視聴率男☆しんちゃんさんもいらっしゃっていて、記念にパチリ(^^)v

みやこ下地島空港

 

お食事は、宮古そばやなまり節そば、宮古マンゴーカレー、宮古牛の焼肉セット、なまり節のシーザーサラダなど定番の人気メニューに宮古の特産品を使ったものがたくさん。

みやこ下地島空港

お食事のいただける席は屋根付のテラスになっていて、中庭の緑やデイゴの木などを眺められます。

みやこ下地島空港

こちらのテラスからは、離発着する飛行機も眺められるのだとか。

みやこ下地島空港

ラウンジには、こんな素敵なソファー席も(*´▽`*)

みやこ下地島空港

宮古島の工芸品を眺めながらゆったりとした時間を過ごせそう♪

みやこ下地島空港

その他にもラウンジには、宮古上布や紅型、やちむん、琉球グラスなどの素敵な作品が展示されています。

みやこ下地島空港

屋外には、素敵な水上ラウンジもあります。

みやこ下地島空港

水辺に囲まれたソファー席で、宮古島の太陽の光や風を感じてゆったりリラックス~(*´▽`*)

みやこ下地島空港

出発するぎりぎりまでリゾート気分を満喫できます♪

国内線の出発エリアもゆったりしたソファーがあり、光あふれる素敵な空間が演出されています。

みやこ下地島空港

国内線は、3月30日就航予定の東京線(成田空港)に加え、7月3日には大阪線(関西国際空港)がジェットスターより就航予定。

国際線は、7月19日より香港線(HKG)が香港エクスプレスより就航予定となっています。

東京や大阪を出発して宮古島やその周辺の4つの島に行かれる方はぜひ  『みやこ下地島空港』 をご利用になってみてはいかがでしょうか~(*^-^*)

 

沖縄で人気&おすすめのお土産特集(ランキング)

沖縄の個性あふれる伝統行事

インスタグラム

宮古島と周辺離島をめぐる2泊3日のモデルコース

みやこ下地島空港/フライト情報(国内線)

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール