Home > マハエの沖縄ダイアリー

2017年9月22日

島の海のような青が美しい☆憧れの石垣焼を手作り体験♪

はいたい♪マハエです!
石垣島にある「石垣焼窯元」さんで作品作りに挑戦しました!

昨年石垣焼を取材させていただいたのですが、その美しさにマハエは一目ぼれ(*´▽`*)
当主の金子晴彦さんにもたくさんのお話を聞かせていただきました。
昨年の様子はこちらのブログから
<石垣島へ行ってきました【2】美しい石垣焼とスぺシャルなランチを堪能♪>

工房に訪れた際に手作り体験教室があると知り、自分のオリジナル作品を
作ってみたいという気持ちが募り、再度訪れました!

ギャラリーで作品を堪能した後、お隣にある工房へ。
マハエはお皿作りに挑戦します!

今回は、平田先生に指導をしていただきました。
初めにすべての工程を実践しながら教えていただけます。

素敵な作品ができあがるよう、先生の一言一言に聞き入ります。

基礎には粘土を使用します。

 

 

 

 

まず上の粘土を半分ほどに切り、手で平らにします。

 

 

 

 

 

 

次にのばし棒を使い、薄くします。

 

 

 

 

 

 

のばし終えたら、型を当て外枠にそって切り抜きます。

 

 

 

 

 

 

ここで作品のおおまかな形が作られます。

 

 

 

 

 

 

ふちを指でつまみ、外側全体を起こすように形づけます。

 

 

 

切り抜き型は、先生のお手本の楕円形の他に円、四角、マンタの形のものもあります!

基本の形作りが終わったら、お皿の中をデザインします♪
えんぴつやスタンプなどを使って模様を描いたり・・

あまった粘土で好きな形をつくりポイントを置くこともできます!

先生のお手本が完成しました!
ハートのポイントがかわいい(*´▽`*)

お皿の凹んだ部分にはガラスが多く入るので色の出方が変わるそうです!

マハエも作品作りにとりかかります\(^0^)/
一部が直線になっている円形の型を選びました!

先生に教えてもらったやり方を思い出しながら形を作っていきます。
先生がそばにいてくれるので、わからなくなったら質問できますよ。

棒を使いのばしていきます。
この工程は少し力を要します。
よいしょ、よいしょ・・

のばし終えたら型にそって切り抜き、ふちを起こして・・
基本のお皿が完成!

イメージしていたデザインを描いていきます!

発色をイメージしながら、あまった粘土でポイントつくり・・
デザインが完了しました!!

マハエが作るのはここまで。
この後は工房の作家さんが焼き上げてくれて完成となります。

今回教えてくださった平田先生と記念にパチリ☆
楽しい体験ができました♪
ありがとうございました!

数か月後・・
作品が届きました!!
素敵なお皿に仕上がっていました~☆☆☆

マハエの大切な花笠をデザインしました♪

島の美しい海のような青とキラキラしたガラスの粒子が美しい☆彡
自分で石垣焼を作れたなんて感激です!

マハエの宝物がまたひとつ増えました♪

皆さんも石垣島に訪れた際にぜひ挑戦して、作品と思い出を作ってみませんか♪

 

※工房の状況により作品の到着までには6ヵ月ほどを要する場合もあります。

 

~関連リンク~
おきなわ物語/石垣焼窯元

2017年8月30日

「海」と「卵」をモチーフに新しく誕生した遊具「命の卵」♪

命の卵1

はいたい♪マハエです!

2017年7月末に糸満市(沖縄本島南部)の平和祈念公園内に誕生した新しい遊具「命の卵」のオープニングセレモニーに行ってきました。

遊具は、命のはじまりや原点である「海」と「卵」をイメージしたデザインで、平和の象徴である命の繁栄が表現されています。

コンセプトは、「冒険を通じ、心と体が成長する遊び場」。
「海・深海・空・島・ユニバーサル」と楽しみ方の異なる5つのゾーンを冒険できちゃいます。

では、さっそくその5つのゾーンを紹介していきますよ~♪

 

まずは、「海ゾーン」。
こちらは、施設のランドマークとなる部分。丸いフォルムの遊具には、イルカやクジラ、カメなど海の動物が楽し気に泳ぐデザインがあしらわれています♪
命の卵2

ネットオーシャンという名のネットを使った遊具は、登ったり、降りたり、駆け巡ったりの遊びを楽しめます。
命の卵3(ネットオーシャン)

 

そして、海ゾーンの左手にあるのは「空ゾーン」。
空に続いているかのような螺旋状のスロープと階段や空を渡っているかのような橋があります(≧▽≦)。
命の卵(空ゾーン1)
遊具にいくつかある滑り台の中でも一番長いロングレールスライダーやループ状の滑り台などが人気です☆
命の卵7(空ゾーン)

 

続いて、海ゾーンの右手にある「ユニバーサルゾーン」。
こちらは、スロープや車いす用階段があり、より多くの子供たちが楽しめるゾーンとなっています。
命の卵4(ユニバーサルゾーン)

スロープの先はこんな風になっていて、車いすでも入りやすそう(^^)
命の卵4-2(ユニバーサルゾーン)

 

こちらは、「深海ゾーン」。
命の卵5(深海ゾーン)

イソギンチャクを連想させるデザインが特徴的で、実は遊具の下の方にもネットが張り巡らされています。
土管のような部分から出入りできて、かくれんぼや秘密基地気分も味わえそう♪
命の卵6(深海ゾーン)

 

最後は、「島ゾーン」。
トランポリンの上部にはクジラの形をしたルーフがついています。
また周辺には、ゴムチップマットがあしらわれていて、歩いていると弾力のあるおもしろい感触を体験できます♪

その他にも、公園内にはいろいろな遊具があります。
その他の遊具1

その他の遊具2

その他の遊具3

その他の遊具4

オープニングセレモニーに招待された子供達もとても元気よく遊具を駆け巡っていて楽しそう♪

そんな子供達とそれを見守る大人達の笑顔が絶え間なく溢れる平和な世の中になるよう、こちらで平和について身近に触れたり、改めて学んだり、考える機会が増えてくれるといいなぁ~☆彡

「命の卵」で、お子様を連れてドキドキ、ワクワクたっぷりの冒険に出掛けたあとは、同じ公園内にある「平和祈念資料館」や「平和の礎」、「平和祈念堂」にもぜひ立ち寄ってみてくださいね\(^-^)/

(※遊具は、3~6歳の幼児には、大人の付き添いが必要です。)

【施設紹介】
■平和祈念公園(詳細)
■摩文仁の丘(詳細)
■平和の礎(詳細)
■平和祈念資料館(詳細)
■平和祈念堂(詳細)

【平和祈念公園で開催されるイベント】
■こどもまつり「こども琉球芸能奉納」(詳細)
■慰霊の日 平和の光の柱(詳細)
■摩文仁・火と鐘のまつり(詳細)

2017年8月21日

夏のビオスの丘で亜熱帯の自然や生き物とふれあいました♪

はいたい♪マハエです!
沖縄本島の中部、うるま市にある「ビオスの丘」さんへ行ってきました♪

ビオスの丘さんの広大な敷地には、ランをはじめ、木や草花など自然がいっぱい!

亜熱帯の植物を観賞しながら楽しめるジャングルクルーズ「湖水観賞舟(こすいかんしょうせん)」、
園内の森を走り、花や景色を堪能できる「巡車(みぐいぐるま)」、
島ヤギさんやミニ豚さんとふれあうなど、今回もさまざまな体験ができましたよ~\(^0^)/

最初に「湖水観賞舟」に乗船しました!
湖水観賞舟は、園内にある約1kmの湖を船頭さんのガイドを聞きながら進み、
湖畔に生息する植物や生き物について知り、学ぶことができます。

出発です!

緑に囲まれた湖を進んでいきます。

水牛さんがいました♪

2頭がのんびり過ごしています。
むしゃむしゃ・・草を夢中で食べていました^^

こちらは、アダンという植物です。
沖縄では街路樹でも見かけることがあるかと思います。
果実のかたちがパイナップルと似ていますね。
人間が食べるのには適していないですが、コウモリの大好物だと
船頭さんが教えてくれました!

他にも花々や植物が生い茂っていました!
トンボが飛んでいたり、アメンボが水面をすいすいと移動していたり、
生き物たちも見られました。

季節によって観られる植物がちがうので、いつ訪れても楽しいです♪

さらに進んでいくと、琉球舞踊のステージが見えてきました!

湖の中のステージで舞踊家さんが踊りを披露してくれています!
素敵☆

この時の演目は「四つ竹」でした。
美しい踊り姿にウットリ(*´▽`*)

湖水観賞舟の乗船時間は25分間ですが、見どころがいろいろあり、あっというまに感じました!

舟を下りた後、特別に舞踊家さんと会わせていただきました!
プロで活躍されている方なんですよ。
マハエが舟の中から観た時と着物の色がちがっていたので、尋ねたところ、
お客様に楽しんでいただけるようにと、1日に何度も着替えをしているとのことでした!

うとぅいむち(おもてなし)の心を感じました☆彡

お忙しい中お時間を作っていただき、ありがとうございました!

園内の中央にある「遊御庭(あしびうなー)」にやって来ました。
広々として、見ているだけでも気持ちがいいです!

大きな木のアスレチック遊具は、スタッフの方の手作りなんですよ。
台風で倒れてしまった木を再利用して作ったそうです!

「素焼き鉢釣り遊び」のコーナーもあります!
釣り竿で植木鉢を釣るゲームで、無料で体験できるんですよ。
マハエは以前チャレンジしたことがあるのですが、植木鉢を手元に引き寄せる時、
落とさないように・・とハラハラドキドキして楽しいです♪

釣った植木鉢は、お1人様につき紐1本分をお持ち帰りすることができます!

こちらの植木鉢は、植物を育てるのに使用したものを再利用されているんですよ。

広場を見渡すと、島ヤギさんを発見☆

こちらでは、動物たちとふれあうこともできるんです♪

広場にいるのは、まだ小さな子ヤギさんです(^▽^)

人懐っこくて、とってもかわいい!
こんなお茶目な表情も見せてくれました♪

リードを持ってお散歩も楽しめますよ。

また、エサやり体験もできます。
マハエもエサを購入し、チャレンジ!
柵の中にいた大人のヤギさんが、たくさん食べてくれました!
欲しい、欲しいとやって来てくれるので、とっても楽しいです\(^0^)/

島ヤギさんの隣の柵には、ミニ豚さんがのんびりと・・
眠そうな表情を見て、癒されました(´▽`)

広場の隣では「巡車(みぐいぐるま)」が発着しています。
こちらは、昨年始まった新しいメニューで、園内の森の中を走る巡車に乗りながら
植物などを観賞することができるんです☆彡

乗車体験させていただきました~!

運転手さんの楽しいガイドを聞きながら、出発~!

太陽がふりそそぎ、緑が輝く中を走ります!

ハイビスカスがたくさん咲いていました!

ビニールハウスが何棟もあります。

ヤギさんの小屋もありました♪

一棟のビニールハウスの中に車ごと入っていきます!!

さまざまな花や植物が育てられている花壇の中を走り抜けていきます~\(^∀^)/

走りながら美しい花々を次々に見られて、ハッピーな気分です♪

沖縄の三大県花のひとつ、サンダンカもありましたよ。

初めての体験に心躍りました♪♪

巡車が走るのは、巡車に乗車しないと入れないゾーンとなっています。

ゾーンの中には新しい広場もありました!
今後こちらの広場で何か催しをしたりなど企画も考案中だそうです!

また、季節によっては、ビニールハウスでいちご摘み体験などもできるそうですよ。
新しいお楽しみがどんどん増えていきそうです☆彡

今回もわくわくしながら自然とたくさんふれあうことができました!
他にも学んだり遊んだりできる体験メニュー、スポットが充実しています!
またすぐに遊びに来たいと思ったマハエでした♪

 

※紹介したメニューには入場料とは別途料金が必要なものがございますので、
サイトにてご確認ください。

 

~関連リンク~
おきなわ物語/ビオスの丘

2017年7月27日

【チムのお出かけ】おきなわワールドで「南の島の洞くつ探検」に参加してきました!

はいさい!チムだよ!

今回チムは、沖縄本島南部に位置する南城市にあるおきなわワールドにて、期間限定で開催されている「南の島の洞くつ探検」に参加してきたさー!

おきなわワールドは、沖縄の歴史・文化・自然がまるごと楽しめる、東京ドーム約4個分の広大な人気観光施設だよ!

今回は、そんな人気の観光スポットおきなわワールド内にある巨大鍾乳洞「玉泉洞」にて洞くつ探検!
7/15~9/30まで期間限定で開催されている探検ツアーで、通常は入ることのできない未公開エリアに入ることが出来るんだよ!今からとってもワクワクするさー♪

 

でも、探検の前に玉泉洞についてちょっとだけお勉強!

ここ、おきなわワールドにある玉泉洞は「東洋で最も美しい鍾乳洞」と呼ばれていて、鍾乳石の数はなんと100万本以上!!
この数は国内最多と言われ、全長は約5000メートルにもおよぶ国内最大級の鍾乳洞なんだって!
現在、観光に来られたお客様へ公開されているエリアは約890メートル。残りの4000メートル余りは研究用に保存された未公開エリアになってるらしいから興味深いよね!

 

さぁ!ちょっとだけ玉泉洞のことがわかったところで、いよいよ洞くつ探検のスタート♪

まずは、探検セットの確認から!洞くつ内は地下水でぬかるんでたり、雨水の影響で水深の深くなった場所もあるから濡れてもいいよな服装に着替えるよ。今回は、探検服一式セットをレンタル。つなぎ、軍手、ウォーターシューズ、タオルの4点セットでヘルメットは無料で貸してくれるよ。
※詳しくはおきなわワールドのHPを見てね!

 

 

 

 

 

 

 

貴重品ロッカー(有料)や着替え、シャワールームも完備!

 

チムも着替えて準備OKさー!洞くつの中は狭かったり頭上に鍾乳石があったりするんだって!このヘルメットを付けてれば安心して探検ができるね。

 

 

 

 

 

 

今回、一緒に洞くつを案内してくれるインストラクターの大城さん。出発の前に、コウモリやクロイワトカゲモドキ、エビなど洞くつ内で出会える生き物を紹介してくれたよ。チムも会えるといいな~♪

 

 

 

 

 

 

 


洞くつの入り口には色々な注意書きがあったよ。はやる気持ちをおさえて、マナーを守りゆっくり歩こうね!

いよいよ、洞くつの中へ!ドキドキわくわく♪でも、ちょっとだけ緊張してきたさー

 

 

 

 

 

 

 

途中までは一般開放されているエリアを進んでいくよ。洞くつの中は少しひんやりとしていて気持ちよかったさー

 

整備されている歩道を外れていよいよ未公開エリアへ!未公開エリアに入れるのはこの「南の島の洞くつ探検」でのみなんだよ。

 

 

 

 

 

 

この狭い洞くつに入っていくよ。照明の光はここまで!ここから先はヘルメットに装着された小型ライトで進んで行くよ♪

 

奥へ奥へと進んでいくと、見たこともない状態の鍾乳石を発見!
壁や天井からつららの様に垂れ下がっている鍾乳石はよく見るけれど、地面の下から盛り上がっている鍾乳石を見たのは初めてさー
天井から垂れたつらら状の鍾乳石から滴り落ちる石灰岩の成分が蓄積されてるんだって!
もうすぐ上と下が繋がりそう!
チムが「あとどのくらいしたら繋がるの?」って聞いたら、約30年後だって!!!
玉泉洞の鍾乳石の成長は3年で約1mm。成長が楽しみだな♪

 

地下水につかりながらまだまだ冒険は続くよ。

 

 

 

 

 

 

 

地下水の温度は約19度!冷たいけど、冒険の楽しさで寒さも気にならないよ♪でも、楽しさのあまりたくさんの鍾乳石にキョロキョロ目を奪われながら歩いていたら、つらら状の鍾乳石に何度も頭をぶつけちゃった!ヘルメットをかぶっててよかったさー

 

頭上にも、足元の地下水の水位にも注意しながら歩いていたら天井に広がる「ストロー」を発見!!

このキレイな白色の鍾乳石は、中心が空洞になっていて先っぽから地下水が染み出ているんだって!ストローに似ているということで、名前も「ストロー」って言うんだよ。

 


流れるような形状をした「フローストーン」と呼ばれる鍾乳石も発見!洞くつの奥で数百年以上もの時をかけてこのような形状になった珍しい鍾乳石。人の手に触れられることなく成長したので真っ白でとっても綺麗!
水際に接する鍾乳石が少し茶色く色づいているのは、雨水などによる影響で水が上がったときに付いたものだそう!雄大な時の流れと、自然の凄さを感じれたよ♪

神秘的な洞くつの風景に目を奪われていると、気づけば進路は上へ上へと!!

 

 

 

 

 

 

地上ゴールはもうすぐ!!

太陽の光が見えてきたよ!!

地上に到着!!スタートから約1時間半の大冒険。
達成感と同時に、あ!こんなところに出てくるんだ!!って驚きも地下冒険の醍醐味♪

 

洞くつ探検に出かける前までは、何気なく歩いていた道も「この真下には神秘的な鍾乳洞の空間が広がってるんだ!」って思うと、自分だけが知っている秘密のようで、なんだか誇らしい気持ちになちゃった☆

最後にチムも、頑張って冒険を達成しました!っていう記念に証明書をもらったよ♪
「玉泉洞の未公開エリアを探検したあなたが、鍾乳洞の素晴らしさと、洞くつ探検の楽しさを体験したことを証明します。」だって☆冒険した日付と名前が入っているんだよ。
冒険の思い出が形になって手もとに残るなんてチムもとっても嬉しいさー♪

今度はマハエちゃんも一緒に連れてきたいな^^

 

 
~関連リンク~

おきなわ物語/おきなわワールド

南の島の洞くつ探検(外部リンク)

2017年7月7日

沖縄の文化や歴史を楽しく学べる!沖縄県立博物館・美術館

はいたい♪マハエです。
那覇市の新都心(おもろまち)にある沖縄県立博物館・美術館へ行ってきました!

沖縄の歴史や文化、伝統工芸など様々な分野にわたる展示がされており、
沖縄のことを視覚的に学べるスポットです。

館内にある「ふれあい体験教室」や新しくオープンしたカフェにも立ち寄りましたので、
あわせてレポートします!

はじめに屋外展示を見学!

こちらは「高倉」という、穀物を貯蔵する倉庫です。
実際に使用されていたものを移築されたそうです!

高倉の奥に民家があります。

現存する民家を参考に再現されたそうです。

屋根にはシーサーが見えます(^▽^)家を守ってくれそうな、凛々しい顔つきです!

家の中も忠実に再現されていました!
いろいろなお部屋があり、楽しみながら見学しました♪

その奥には、17世紀頃の窯を再現した「湧田窯」があります。
今から約30年前に出土した窯の一部が用いられており、とても貴重な展示なのです。

ここまでは敷地内なのですが、実は敷地の外の歩道にも展示があるんですよ!

この中に旧大聖禅寺鐘が納められています。

こちらの鐘の模様には、日本本土にある鐘とは異なる「琉球風」と呼ばれる特徴があります。
間近で見てぜひ違いを確かめてみてください!

また歩道と敷地をへだてる壁も特徴的ですよね。
こちらは、城壁をイメージしてデザインされたそうです!

続いて博物館へ向かいます!

ロビーは、白が基調になっていて、明るく清潔感があります☆

博物館の入口は“ニライカナイの彼方から”というテーマになっています!
海の中をのぞいている気分♪

博物館にはタッチペン式の音声ガイダンスが準備されています!
日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語に対応していますよ。

海外からのお客様にもお楽しみいただけるので、うれしいな\(^0^)/

博物館は、中央の「総合展示」とその周りをかこむように「部門展示」のコーナーに
大きく分かれています。

「総合展示」から見ていきましょう。
“シマと自然のくらし”のコーナーを中心に、
1.海で結ばれた人々
2.貝塚のムラから琉球王国へ
3.王国の繁栄
4.薩摩の琉球支配と王国
5.王国の滅亡
6.沖縄の近代
7.戦後の沖縄
と、時代の流れにそって、数々の資料を見学することができます。

こちらは、琉球王国時代の役人の衣装を再現されたものです。
頭にかぶる「はちまち」の解説などが添えられているのですが、再現されたものを
目で見ながら読めるので、わかりやすく学ぶことができます!

こちらは「マーラン船」の模型です。
18世紀頃に中国との貿易や外交に使用されていました。
マーラン船で運ばれていたものについての解説もありますよ。

さとうきびの生産を再現したジオラマもありました!
17~19世紀なかば頃の様子だそうです。
生産方法がどのようにして移り変わったかなどが解説されています。

万国津梁の鐘も展示されていました。
実際の鐘の音の音声が、30分に1度聞くことができるんですよ♪

沖縄の歴史を学ぶことができる資料がつまっていました!

続いて「部門展示」に移動します。

部門展示は、下記の5つの部門に分かれています。
●自然史
●考古
●美術工芸
●歴史
●民俗

こちらは、民俗部門の展示の一部です。那覇ハーリーの爬龍船の模型。

かつての時代の食卓の様子。屋外展示の民家でも見ることができましたが、演出が加わることで
さらに実感が増しますね♪

「糸満女性とイユアチネー(魚商)」
今から少しさかのぼった時代、糸満市の女性は、バーキと呼ばれる平たいザルに
捕れたばかりの魚を入れ、行商をしていました。
こちらでは、売り歩く時のかけ声を聞くことができますよ♪

他の部門の展示も見ごたえたっぷり!
わくわくしながら見学しました♪

博物館を出て「ふれあい体験室」へやってきました!

さまざまな体験キットに遊ぶように触れながら、沖縄について学ぶことができます!

楽器やおもちゃがたくさん♪♪
三板(さんば)や四つ竹などもあり、実際に音を鳴らすことができますよ♪

約18,000年前に沖縄に生存していたといわれている港川人の骨の写真を
レントゲンのようにして見ることができます(≧▽≦)
楽しいな~♪

こちらのコーナーでは、島によって異なる言葉を体感することができます!
沖縄本島首里地区、石垣島、宮古島、奄美大島が揃っています。

絵本に書かれた番号を電話でかけると、受話器から言葉が流れてきます♪
それぞれの島の言葉の特徴があり、勉強になりました。

楽しみながら学んだ後は、館内2Fに5月にオープンした
「museum Café カメカメキッチン」さんでランチをすることに♪

光がたっぷり差し込む、居心地のいいスペースです。

マハエは“旬の島野菜をいただくカメカメパスタランチ”をいただくことにしました!

この日のパスタのラインナップはこちら♪
島野菜とイタリアンのコラボは、選ぶのも楽しい☆
さぁ、どれにしようかなヽ(^0^)丿

パスタランチをオーダーすると、サラダ、バケット、スープ、ドリンクを
ビュッフェ形式でいただけます♪

いただきまーす!
どれもやさしい味がします~(´▽`)

スープやサラダを堪能していると、パスタが運ばれてきました♪
“とうがんと牛肉ボロネーゼ”と“グルクンとアーサのレモンクリームソース”を
チョイスしました!!

どうしても両方食べたくて、1つは単品で追加しちゃいました^^

いただきまーす♪

とうがんの牛肉ボロネーゼ。
濃厚なボロネーゼとさっぱりしたシブイ(とうがん)の組合せが新鮮です☆彡

グルクンとアーサのレモンクリームソース。
クリーム系なのにレモンの酸味が加わることでさわやかになります☆彡

どちらもでーじまーさん(とってもおいしい)☆☆☆
グルメも大満足でした!

また、美術館では様々な企画展が開催されていますよ!

もうすぐスタートする予定のイベントはこちら↓

☆2017年7月15日スタート!
Learn&Play! teamLab Future Park‐チームラボ 学ぶ!未来の遊園地‐

☆2017年7月18日スタート!
水族館でも出会えない!海のビックリ生物展

また、1Fのミュージアムショップではステキなキャンペーンが開催されています!
キャンペーンの詳細はこちら↓
限定オリジナルグッズが当たる!!ートトリップキャンペーン開催中!!

博物館の展示は、新しい資料が随時追加されているそうなので、何度訪れても
お楽しみいただけると思います!

大人からお子様までお楽しみいただけるスポットなので、夏休み旅行や家族旅行の際に
訪れてみてはいかがでしょうか。

マハエもまた訪れたいと思っています♪

 

~関連リンク~
おきなわ物語/沖縄県立博物館・美術館

以前の記事  

マハエちゃんプロフィール