6月の沖縄旅行、旬のおすすめ!

6月

6

June

梅雨の沖縄を楽しむ♪

梅雨の雨に
行く手を阻まれがちな6月。
音楽や伝統工芸体験など
楽しめることはいろいろ。

外出が億劫になる雨の日は、室内での体験メニューや琉球音楽をじっくり楽しむのはいかがでしょうか。沖縄の伝統や文化にじっくり触れることで、海だけじゃないディープな沖縄を楽しむことができるはず!また、雨でも屋外で楽しみたい方には、ハーリーはもちろん、歌の日やロックの日に合わせて行われる音楽イベントや梅雨ならではの紫陽花を楽しめる場所もおすすめです。
6月の最後の週あたり前後だと梅雨も明けていることが多い沖縄。夏を先取りできる上に航空券も夏場のピークに比べて安く、混雑も避けられてお得です。梅雨が明ければ、本格的な夏の到来!空や海が彩度を増し、これぞ沖縄という風景が広がります。

6月の気候と服装WEATHER & CLOTHING

天気と気候

1年で一番降雨量が多くなる6月。気温もぐんと上がり、蒸し暑い日が続きます。糸満ハーレーが終わり、6月23日の慰霊の日を迎える頃には梅雨明けです。
  • 上旬

    平均26.0

    • 最高最高

      28.4

    • 最低最低

      24.1

    • 降水量降水量

      34.5mm

  • 中旬

    平均25.3

    • 最高最高

      27.3

    • 最低最低

      23.2

    • 降水量降水量

      356.0mm

  • 下旬

    平均28.6

    • 最高最高

      31.3

    • 最低最低

      26.7

    • 降水量降水量

      54.0mm

※平均気温・降水量は、那覇市の2017年の値です。( 参考:気象庁HP

服装

梅雨が明けたら、日よけが必要です。長袖、帽子、サングラスは必須です。

  • ①5月と同様湿度が高く蒸し暑いので通気性がよく、乾きやすいものを身につけましょう。
  • ②梅雨が明けたら気温がぐっと上昇します。室内は冷房が効きすぎている場所もあるので、屋外との温度差に気を付けましょう。

ポイントポイント

平均気温は更に上がり、蒸し暑い日が続く6月の沖縄。梅雨の間はスコールのような一時的な雨も多いので、傘やタオルなど雨対策は必須です。Tシャツなどの着替えを持ち歩くのもおすすめ。
後半には梅雨が明け、本格的な夏の到来です。日射しがどんどんきつくなるので、長袖や日焼け止め、帽子、サングラスなどで対策を。水分補給もお忘れなく!

Tシャツ

半袖ワンピース

6月の花と植物FLOWERS & PLANTS

サルスベリ

サルスベリ

枝先に密集して咲くフリルのような花が可愛らしいサルスベリ。白、ピンク、赤紫と3種類の花が咲きます。沖縄にはシマサルスベリという品種もあり、こちらは白のみ。サルスベリに比べて花は小さいですが樹木は大きく5mを超えるものもあります。


サガリバナ

サガリバナ

横方面に伸びた枝から40センチほどの長い花房を垂らし、夜に甘い芳香を放ちながら開花するサガリバナ。その姿は艶やかで、ひと晩で落ちてしまう儚さに多くの人が一目見るため八重山ではサガリバナツアーが開催されます。


ホウオウボク

ホウオウボク

デイゴ、オオゴチョウと並ぶ沖縄の三大マメ科の花木。盛花期には燃え上がるような赤い花が木全体を覆いつくすほどに咲き乱れます。花が終わるころには長さ50センチほどの巨大な鞘を垂らすインパクトのある姿をみることが出来ます。


あじさい

あじさい

沖縄であじさいが見頃になるのは梅雨の時期にあたる5月から6月。しっとりとした空気の中で咲く花ですが、沖縄は梅雨の間も度々太陽が顔をだすため、運が良ければ太陽の下で南国の花々と並んで元気に咲く姿をみることが出来ます。


6月のおすすめイベントへ