ご飯・麺類・セットメニュー ご飯・麺類・セットメニュー

沖縄そば

「そば」と言っても、そば粉を使わず小麦粉でつくられた麺を使い、カツオダシや豚ダシをベースに、砂糖醤油などで甘く似た豚肉とカマボコをのせたものが基本。三枚肉(豚バラ肉)やソーキ(スペアリブ)など具材の違いも楽しめます。中細麺の宮古そばや丸麺の八重山そばなど、地域によって特色があるのも魅力。もずくやアーサを使ったちょっと変わった沖縄そばも美味しいので、沖縄旅行のリピーターの方などはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

沖縄そば イメージ

ジューシー

沖縄そばのお店には必ずあるといっていいほど、そばとの相性抜群の沖縄風炊き込みご飯。具材は三枚肉、ヒジキ、ニンジン、シイタケなどが定番で、豚ダシと一緒に炊き込まれます。その名は「雑炊」が変化したものと言われており、まさに雑炊のような水分の多いやわらかなボロボロジューシーもあります。

ジューシー イメージ

タコライス

メキシコの郷土料理であるタコスを腹持ちのよい料理にアレンジしたもので、挽肉、チーズ、レタス、トマトを米飯の上にのせて食べる料理です。沖縄本島北部にある金武町が発祥とされます。近年では、薄焼き卵をのせた「オムタコ」やチーズフォンデュをかけたものなど、変わり種も登場し人気を集めています。

タコライス イメージ

Aランチ・Bランチ・Cランチ

アメリカ文化の色濃いコザ(沖縄市)で生まれた料理。カツレツやハンバーグ、ウィンナーにスパゲッティなど、洋食系のおかずが一枚のお皿に盛られています。A、B、Cの違いは、主におかずの種類や品数。Aランチが最も高価で、内容も充実。名前に「ランチ」とあるものの、基本的には一日中オーダー可能。イメージは、大人のお子様ランチといったところでしょうか。

Aランチ・Bランチ・Cランチ イメージ

ステーキ

米軍基地のある沖縄は戦後、輸入牛肉を安く手に入れることができたため、県外に比べて気軽に食べることができたこともあり、沖縄では馴染み深い料理。「お酒のシメにステーキ」という風習も一部の県民間ではあるようで話題になったこともあります。

ステーキ イメージ