世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


育む島 やんばる沖縄島北部

やんばる 大自然の魅力

沖縄島北部の国頭村、大宜味村、東村を含む「やんばる」地域は、世界的にも貴重な自然の宝庫。上から見るとまるでブロッコリーのようなモコモコとした形状をしている照葉樹林「イタジイ(スダジイ)」がやんばるの森のおよそ70%を占めており、森には巨大な木性シダ、ヒカゲヘゴなど多種多様な植物が茂っています。まるで恐竜時代へタイムスリップしたようなダイナミックな自然の息吹を体感できるのが大きな魅力。モンスーンや暖流の黒潮の影響を受けることで亜熱帯性の多雨林を形成し、温暖かつ湿潤な気候を維持しています。最高峰の与那覇岳においては年間平均3,000mmもの降雨量があり、その恵みが大地へと還元されています。

また、その豊かな緑に抱かれるように、ヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネといった希少生物が多数生息。生物多様性に富んだ自然は、まさに人類共通の“宝物”と呼ぶにふさわしい姿を成しています。

やんばるは、北緯27度付近に位置していますが、世界の同緯度地域をみるとそのほとんどが草原や乾燥帯となっていることから、やんばるの森はその存在自体が価値のある「奇跡の森」とも呼ばれています。長い年月を経て育まれた自然の恵みに触れ、その美しい景観を胸に焼き付けてください。


Page Top