世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


宿る島 西表島

西表島(Iriomotejima) 大自然の魅力

八重山諸島に属する西表島は、沖縄本島に次ぐ面積を誇り、島内のおよそ90%が亜熱帯の自然林で覆われています。地殻変動や海水面の上下動の影響で幾度か島と大陸が繋がった歴史があり、大陸及び南方の動植物が多く確認されています。長い時間をかけて島の固有種となったイリオモテヤマネコは、国指定特別天然記念物及び絶滅危惧種に指定されており、保護活動が行われています。

また、島の北部を流れる沖縄県最長の浦内川は、魚類の種多様性が日本一高い河川。源流から河口までの約19kmの水域になんと400種類以上の生息が確認されています。また、ヤエヤマヒルギからニッパヤシまで、日本国内で生育しているマングローブ植物7種すべてが分布しているのは西表島だけです。

島内では自然環境に配慮したエコツアーも盛んで、カヤックやトレッキング、キャニオニングなど、ダイレクトに島の自然を体感することが可能です。次代へと継ぎたい、宝石箱のように豊かな森、川、海、星空が織りなす圧倒的な自然の物語。他にはない生態系と神秘的な景色が宿った西表島には、忘れられない感動のシーンが数多く存在します。


Page Top