世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


還る島 奄美大島

奄美大島(Amamioshima) 大自然の魅力

奄美大島は太古の昔、大陸から孤絶してできた島。島に残された生物たちには天敵がいなかったため、現在もこの地で生命を繋いでいます。その代表格がアマミノクロウサギやルリカケス、オオトラツグミなどの固有種です。

島の北部はなだらかな地形なのに対し、中南部は土地の9割が山林を占める険しい地形。年間3000mm以上降る大量の雨により、亜熱帯性広葉樹林と熱帯系の樹林、シダ類が豊かな森を育んでいます。森にひとたび足を踏み入れると、そこはアドベンチャー映画の世界。奄美大島が北限のヒカゲヘゴやオキナワウラジロガシ、クワズイモなどが鬱蒼と生い茂り、希少な動物たちにすみかを提供しています。島の中央部にある金作原原生林や日本第2位の広さを誇るマングローブ原生林では、生物の多様性を体感することができるでしょう。

それだけではなく周辺の海もまた、貴重な生物の宝庫。温暖な黒潮の影響で、周辺の海には約220種類ものサンゴが生息し、魚たちのすみかとなっているほか、大小の入江が連なる海岸にはウミガメが産卵にやって来ます。奄美大島には山と海それぞれに多様な"生命"が息づいています。


Page Top