ここに注目!

昔ながらの集落が残る、原風景の島

定期船で石垣島離島ターミナルから約15分、石垣島からも気軽に行くことができる竹富島。木造赤瓦の民家とサンゴの石垣、白いサンゴ砂を敷き詰めた白色の道が印象的な集落は、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定される竹富島の代表的な風景です。遠浅で波の穏やかな海に囲まれ、誰もが思い描く沖縄の代表的な風景がつまった竹富島。昔ながらの町並み、海を赤く染めながら沈む夕日、静寂の夜空に輝く星々。沖縄民謡の中でも広く知られる「安里屋ユンタ」が生まれたこの島は、訪れる人々を悠久の時の流れに誘う、素敵な島です。

ここに注目!

赤瓦の集落
ハイビスカスやブーゲンビレアに彩られたサンゴの石垣と、その向こうに見える伝統的な赤瓦の屋根。昔ながらの姿を守り続けている竹富島の町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。白いサンゴの砂の道をゆっくり散策したり、島のガイドさんの弾く唄三線を聴きながら、水牛車に揺られてみたり。今も昔も変わることのない特別な時間が流れる集落が、訪れる人々を魅了します。
種子取祭
種子取祭(タネドリ、またはタナドゥイ)は、毎年旧暦の10月の甲申の日から甲午までの10日間、祓い清めた土地に種子を蒔き始め、無事に育つことを神に祈願する、竹富島最大のお祭りです。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。祭りの7日目と8日目の2日間は、舞踊や狂言などの奉納芸能が数多く披露され、島外から訪れた方も鑑賞することができます。旅の日程が種子取祭と重なる方は、ぜひ竹富島の伝統芸能を体験してみてください。
夕日と夜の町並み・星空
集落から少し離れた島の西側に、八重山諸島有数の景観スポット「西桟橋」があります。エメラルドグリーンに輝く海の上にまっすぐ伸びた桟橋の先端に立つと、まるで海の上に立っているかのような絶景。また、青い海と空を茜色に染めながら水平線に沈んでいく夕陽が映る光の筋は、まるで海の上にもう一本の桟橋をかけたような光景。日が沈み、あたりを夕闇が包むころ、頭上には降り注ぐような星空が広がります。夜の集落に灯る明かりは、昼間とは違った静かな南国の夜を演出します。

竹富町観光協会

住  所: 沖縄県石垣市美崎町1-5
電話番号: 0980-82-5445