沖縄での旅をより安心してお楽しみいただくために

沖縄はは気候も生態系も県外とは異なります。海にはクラゲなどの危険生物が生息していたり、沖縄の陽射しの強さなど、事前に知っておくべき注意点があります。
安全に海を楽しむために、海で遊ぶ前に注意事項を確認しましょう。

熱中症・日焼け予防

沖縄の陽射しはとても強く、地元の人は水着で海には入らないほど。日焼けによる炎症や熱中症を引き起こしやすいため、十分な注意が必要です。
こまめに水分・塩分補給をおこない、パラソルや日傘、日焼け避けの羽織りものを用意すると良いでしょう。また、お子様や特に日焼けが気になる方はラッシュガードなどを着用することをおすすめします。
熱中症・日焼け予防 お子様にはラッシュガード着用がおすすめ!

遊泳場所について

遊泳場所については、比較的潮流の変化の少ない場所や危険生物の発生率の低い場所などを中心に開放しています。「遊泳禁止区域」に定められている場所は、危険生物の遭遇の他、急な潮流や海水の変化によって命の危険にさらされる可能性がございます。海水浴やシュノーケリングなどをされる場合には、必ず「遊泳可能域」に限定し、監視員やライフセーバーなどの指示にしたがってください。

※遊泳禁止区域で海難事故などに遭遇された場合には自己責任となりますのでご注意ください。

遊泳場所について

珊瑚礁(リーフ)について

沖縄には日本でも数少ない、貴重な珊瑚が生息しています。近年では生きた珊瑚が非常に少なく、生態系を守るためにも、また安全に海水浴やマリンスポーツを楽しむためにも、以下のことにご注意ください。

干潮時には泳がない

干潮時に極端に遠浅になるようなビーチでは、波打ち際以外の海に入ることはやめましょう。無理に浅い所で泳ぐと、珊瑚で身体を傷つけたりるだけでなく、貴重な珊瑚を折ってしまうことになります。

魚の餌付けをしない

餌付けは魚の生態系に影響を与える可能性があります。特に市販されているパン、食肉加工品、菓子類には多くの添加物が含まれており、魚に悪影響を与え、自然の生態系を崩す事になりかねません。

沖に出過ぎない

沖縄の海では浅いリーフが続き、その先で急激に深く落ち込んでいる場所(リーフエッジ)が多くあります。 リーフの外は波も強く、時間によっては潮流が早くなり事故が多発しやすくなりますので、シュノーケリングやダイビングなどでは特に気をつけましょう。

危険な潮流について

遊泳禁止区域では、危険な潮の流れがあり、海難事故につながる場合がございます。特に危険な潮流の特徴とその回避法・注意点などをご紹介します。

離岸流

岸から沖合に向かって強く流れる潮流で、幅が10~30メートル、早さは秒速2メートルになることもあり、水泳選手でも逆らって泳ぐことは難しいと言われています。落ち着いて救助を待つか、泳ぎと体力に自身のある人は岸と平行に泳ぐことで逃れることができます。

リーフカレント

離岸流の一種で、珊瑚礁(リーフ)の外側へ流れる早く危険な流れ。沖に向かって強く引っ張られます。 もし沖へ流された場合には、離岸流同様、海岸と平行に泳ぐことで、カレントの流れから逃れることができます。

ダウンカレント

離岸流の一種で、海底に引き込まれる潮の流れ。リーフカレント同様、リーフの外側で発生し、洗濯機の中のようにぐるぐると渦を巻くように海底に流れます。特にダイビング・シュノーケリングをされる方は現地ガイドやショップの方に安全なポイントか確認してから潜りましょう。

シュノーケリングの安全対策

シュノーケリングを行う際、安全対策は必須です。初めてシュノーケリングを行う人はもちろん、シュノーケリング経験のある人も、油断は禁物です。楽しい思い出をつくるために、正しい知識を身につけ、しっかりと準備をしましょう。
ここに気をつけて!
シュノーケリングの安全対策

ライフジャケット、ウェットスーツは必ず着用する

シュノーケリングの安全対策

バディシステム(2人1組)で行動し、一人での行動は避ける

シュノーケリングの安全対策

おぼれそうになったり具合が悪くなった場合は、声を出して助けを求める

シュノーケリングの安全対策

シュノーケリングの基本知識をあらかじめしっかり学んでおく

海に潜む危険生物

有料ビーチや市町村が管理しているビーチには、ハブクラゲ侵入防止ネットが設置されています。しかし、海中には危険生物がたくさんいます。その珍しい容姿にひかれて、むやみに近づいたり触ったりすると危険です。中でもハブクラゲは6月から10月にかけて被害が多く、注意が必要です。
ハブクラゲ

ハブクラゲ

かさが半透明のため水中で見えにくく刺されてはじめて気付く場合が多い。6月~9月にかけて多く発生し、特に波の静かな砂浜や、入り江、人工ビーチなどで被害が多い。刺されると激痛を生じ、みみずばれのような跡になるのが特徴。
カツオノエボシ

カツオノエボシ

青白い浮き袋をもち、そこから青く長い触手が伸びている。刺されると電気が走ったような強い痛みを感じるため、「デンキクラゲ」とも呼ばれる。
ウンバチイソギンチャク

ウンバチイソギンチャク

おわん型で褐色の海藻のような姿で周りのサンゴ礁にとけこんでいるので見分けるのが難しい。強力な毒をもっており、シュノーケリング中に触れて被害に遭うことも多い。
アンボイナ

アンボイナ

殻の大きさが10cmほどの大きな巻き貝で、赤茶色の網目模様がある。毒銛をもっており、潮干狩りで採取して刺されることが多い。神経毒なので刺されても痛みはほとんどないが、体がしびれて溺れる危険性がある。
ウミヘビの仲間

ウミヘビの仲間

ウミヘビはコブラの仲間で、強い神経毒をもっており、噛まれると体が麻痺して動けなくなる。ウミヘビから攻撃してくることはほとんどないので、いたずらしないようにする。
ヒョウモンダコの仲間

ヒョウモンダコの仲間

浅い海の岩礁や潮だまり、岩の下等に生息している。体長は10cmほどの小さなタコで、フグと同じ猛毒のテトロドトキシンをもっている。
オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼ

浅いサンゴ礁等にいることが多く、色や形が石や岩によく似ており踏みつけてしまうことがある。背びれに棘があり、ハブ毒の30倍以上と言われる猛毒をもつ。さされると激しい痛みやしびれがある。
ゴンズイ

ゴンズイ

浅い岩礁や砂地の浅い海に生息し、集団で行動する習性がある。背びれと胸びれに毒棘がある。釣れたゴンズイを釣針から外す時に被害に遭うことが多く、刺されると数日間激痛が続くこともある。
ミノカサゴの仲間

ミノカサゴの仲間

とても美しく、動きはゆっくりで、近づいてもあまり逃げない。驚くと、背びれをたてて威嚇する。背びれ、腹びれ、尻びれに毒があり、刺されると大変痛む。
ガンガゼ

ガンガゼ

浅いサンゴ礁や岩場などに生息し、20~30cmの長い棘をもち、刺さると激痛が続く。ガンガゼの棘は鋭く皮膚に突き刺さりやすい。さらにもろく折れやすい構造になっているため、刺さると除去は難しく、体内に残りやすくなっている。
オニヒトデ

オニヒトデ

珊瑚礁に生息し全身が棘で覆われている大型のヒトデで、大きさは30~40cmほど。色は灰色、オレンジ色、青色などさまざまある。刺されると猛烈な痛みがあり、ひどいときは数日続くこともある。
さらに詳しい内容を見る(沖縄県公式サイト)